Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

look

シート長の調整。

先日練習会に参加していた時、メンバーの方から、「シートが短く感じるよ」と言われた。

そういえば、去年の壱岐に参加する際に、クランク長を175mmに変更すると同時に、シート長を2.5mm短くした。
その後クランク長を172.5mmに戻した時に、シート長は変えなかった。

なので、以前のポジションよりも2.5mm短いシート長で乗っていたことになる。

それはそれで違和感はあまりなかったけど、戻した方がいいかしらと変えることに。

久しぶりにE-Postを引っこ抜く。

サドルが穴開きになったおかげで、長いネジ?が引っこ抜けるようになった。
今まで掃除できなかった場所もキレイにできた。

2.5mmのスペーサーをエラストマーの上部にかます。


E-Postの締め付けトルクは5nmだけど、トルクレンチがハマらないので、手トルクで締めて終了!

感覚が変わるかな?

LOOKがCORIMAを買収。


どうやら、LOOKがCORIMAを買収した模様です。


コリマの独立性は維持されるようなので、コリマのホイールは引き続き供給されるんでしょうね。

将来、LOOKのロゴを冠したホイールが出る可能性もあるのかなぁ。


コリマを手に入れた時は、同じフランスだからルックとの相性がいいよねぇ、と喜んでいたわけですが、同じグループになるなんて!

単なる偶然ですが、ユーザーとしては嬉しい!!


今後、ルックが供給するバイクには、マビックではなくコリマが標準で装備されるんでしょうか。

Look695 JPN が男前に!

いよいよ今週末は壱岐サイクルロードレース。
人生初のロードレースです。

チームメンバーも数名参加するので心強いですが、どうなることやら。

さて、そんな自分のロードバイク趣味史上におけるビックイベントにかこつけて、ギア周りを抜本的に見直してみました。

現在は、フロントがコンパクト50-34、リアが11-32という超乙女仕様。
Look695を愛車にしてからズットこの仕様でした。
ていうか、Tarmac時代も入るので、ロードバイクに乗り始めてから、ほぼこの仕様。

周りからは、リアギアでかっ!と驚かれたりしますが、これはこれでどんな峠にも登って行けるので不自由はせずに過ごしてきました。

一方でレースという状況を意識すると、不十分だろうと感じることが。
チームメンバーからも指摘されていたことですが、集団で高速巡航する時や、下ハン持って自分なりにスプリントするとギアが足りないんです。
これでは、せっかくのレースを満喫出来ないだろうと。

ということで、改革に着手。

まずは、フロントのチェーンリング。
これまではコンパクトを付けてましたが、

52-36のノーマルリングにしました。
インナーは39ではなく、36でちょうどいいのではないかと。

メーカーはPraxis Worksという、Lookの純正チェーンリングをつくっているところ。
ワタクシが695を買った時は別のメーカーでしたが、変わったんですね。
ていうか純正にすると、金額がメチャクチャ高くなるのは何故でしょうかね。

新しいメーカーであるPraxis Worksは以前のメーカーと比べて、強度や変速性能が向上しているようです。

Cyclowiredで紹介されてました。

見た目も黒々していて、違和感なしです。


そしてリアは、

12-25の11速です。
32Tと比べると思わず小っちゃ!と呟くサイズ感の違い。
しかも贅沢にもDura Ace。
初めてのDuraパーツ。


そして、32Tの卒業に併せて、リアディレイラーのロングケージにも別れを告げてショートケージに。

フロントをノーマルにしても、チェーンを一コマ取ったので、チェーンのバタつきもなくなりそう。
結構チェーンがバタついて気になる場面があったので。


というわけで、
Before: 50-34 / 11-32
After   : 52-36 / 12-25
となり、超乙女から一人前の男前に生まれ変わりました。

これで、壱岐に突入したいと思います!
(ちなみに、レース以外はリアを11-28で運用するつもりです。)



LookのE-Postをいじってみた。

Lookのシートポストを調整してみました。
見た目と高さを変えたいと思い立った次第です。

Lookといえば、E-Postです。
ISPではありますが、スペーサーを挿入することで、最大3cmまで高さを変更することが可能。

引っこ抜くと、こんな感じです。

なんだか無駄にパーツがあるような気がしますが、下にある2つの赤いパッドが、ねじを締めることによって圧迫されて広がることで、フレームに固定する作りになっています。
トルクレンチを持っていないので、適当な頃合いで締めちゃいましたが。。

一番上の赤いエラストマーは、異なる固さのものに変えることで乗り味を変えることが可能です。
黒が一番固くて、グレーが一番柔らかい、赤はその真ん中、だそうです。

このエラストマーの上に付属のスペーサーを追加して、フレームに差し込むことで、スペーサー分だけシートポストが高くなるという構造になっています。
3cm分のスペーサーを追加すると、エラストマーに記載されているSTOP Lineに到達しちゃう訳ですね。

逆に言えば、3cmのスペーサーが入っても、きちんと強度をもってフレームに差し込めるように、パッドとスペーサー分だけの長さを確保してるんでしょうね。

スペーサーは、これだけのものが付属してきます。
1cm×3、5mm×1、2.5mm×1、1.25mm×1の6種類です。
組み合わせれば、様々な高さに対応します。
素人には十分なバリエーションではないかと。

今回は、エラストマーを黒に変更し、スペーサーを追加して少しシートを高くしました。

エラストマーを黒にしたのは、単純に見た目の理由から。

デフォルトでは赤いエラストマーで、シートポストに赤いラインが入っているのが、Look車の印象として強いんですが、どうもシートポストのスッとした出で立ちを途中で分断しているような感じも受けるんですね。

せっかくシートポスト自体が黒のヌードカーボンなんだから、エラストマーの色も合わせたら、よりスタイリッシュななるんではないかと。

そして、ついでに高さも変えてみて、ベストなサドル高を確認してみたいと思った次第です。

変えた後の姿はこんな感じ。

ちなみに変える前はこんな。

どうでしょう、シートポストが高くなった気がするのはワタクシだけでしょうか。

写真の構図もちがいますが、シートポストとしての一体感が強くなったような。

黒の見た目の方が好みです。

スペーサーは、最初に1cmを入れてみたところ、さすがに高く感じたので、5mmにしてみました。

この状態で新年初ライドに行ってきた訳ですが、乗り心地に関しては、よく分かりませんでした… エラストマーを変えると全然違いますよ!とショップの店員さんは言ってましたが、鈍感なワタクシのケツでは…

あと、高さに関しては、ペダリングが少しやりにくく感じたので、スペーサーを2.5mmに変えてみました。

当面は、このセッティングでいきたいと思います!

このLookのE-Post、様々な評判があるようです。確かに高さの調整は激しく面倒。頻繁に調整したい方には向いてないでしょうね。

ワタクシのように、ほとんど変えない人には、ISPの美しさと、高さ調整の実用性のバランスをとったアイディア商品に思えました。

速報。〜納車準備完了のお知らせ!

ショップから連絡。

「納車準備が整いました!」


う〜ん、いい響き。
クルマの納車以上に、ウキウキしちゃいますね。

納車状況の写真を頂いたうち、ショップの店員さんが好きだという構図がこちら。
695ジャパン (24)-thumb-700x466-14406


確かに、カーボンならではの造形美です。
トップチューブのラインも美しいですが、シートポストとの結合部に段差を設けているのが素敵です。
単にデザインだけではなくて、走り上の理由もあるのかな!? 
twitter
ギャラリー
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 転機は突然に。
  • 迎えの前に。
  • 出張先の朝。
  • 出張先の朝。
  • ノーライド。
  • 週末連チャン。
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ