Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

Look

戻ってきました!!

IMG_1160

Look 695が戻って参りました!
お騒がせしました。



え〜と、終わってみればつまらないことだったので、コトの顛末を簡単に振り返っておきます。

コトの発端は、塗装を守るべくコーティングをしようと思ったこと。
DSC02578

695の塗装表面がツラいちではなく、LOOK等のロゴ部分に凹凸がある状態だったこともあり、塗装が弱いんじゃないかなと不安に思い、本格的に乗り込む前にコーティングをしておこうと思い立った訳です。

作業に先んじて、ホイールを外したり、Garminのケイデンスセンサーを取り外したりして、なるべくまんべんなくコーティングが出来るようにしました。

ついでに、タイラップの跡が付くのが心配だから、表面保護シールを貼ろうと思って、ハンズで買って準備もしていました。

そこで発見してしまったのが、こちら。
IMG_0919
IMG_0918

はい、タイラップ跡です。
納車1週間後だったこともあって、結構ショックでした。
高い金を出したのに、いきなりこんな状態に・・という心境でした。
自分でやった結果ならまだしも、ショップにやってもらった結果ということもあり、なんだか複雑な心境。

自分だけでは心の整理もつかなかったので、とりあえずショップに行って相談することに。

ショップの担当さんからは、以下の反応がありました。
・どのフレームも同じようにタイラップを締めていること
・それで問題が起きたことは、これまでなかったこと
から、作業に非があったとは思わないが、このタイラップ跡によって納車の満足度が下がるのは不本意なので、付き合いのあるプロの塗装屋に頼んでみることも出来る。
しかし、納期は2〜3ヶ月かかることは覚悟して欲しい。

「仕方ないです」と言われると思っていたので、とても誠意のある対応でした。

その時の心境としては、納期がかかっても、キレイに直るのであれば是非そうしたいという思いが勝り、「お願いします」と695を置いてきました。

こんな跡は気にならない方も多いと思いますが、ワタクシはどうも気になってしまう性格なのです。。



しかし、日数が経過するにつれて段々と気持ちの整理がついてきました。
・跡がついている場所はバイクをひっくり返さないと見えないところ
・どうせいずれは傷もつく
・目立つ傷がついて、直してもらう時が来たら、一緒にタイラップ跡も直してもらえばいい
・また同じ場所にタイラップを締めれば、跡も見えなくなる

そして、それ以上にロードバイクのない生活が耐え難いものになってました。
なんせ、平日や休日にやることがない。。苦笑
すでにロードバイクが生活の一部になっているのを実感させられました。

バイクラックに何もかかっていない壁を毎朝見ると、切ない気分になっちゃいました。


 
というわけで、2週間で気持ちの整理がつき、695を引き取ってきた次第です。


うれしい誤算が一つ。
2週間経って、タイラップ跡がかなり分かりづらくなってました。
どうやら695 Japan Flagの塗装は柔らかいもののようで、跡も付きやすいが、戻りもしやすい模様。

IMG_0923
IMG_0926

同じように光を当てて撮ってみましたが、
パッと見ではほとんど分からなくなっています。 

光の角度によっては、凹みはまだ確認が出来ますが、ボーダー状に付いた跡はほぼ見えなくなりました。


細かいワタクシのわがままに、最後まで根気強く付き合ってくれたショップの担当さんには感謝です。
ちょいと遠いですが、このショップ、この担当さんに頼んで良かったと思いました。


何はともあれ、相棒が帰ってきました。

ロードバイクのある生活、素敵です。 

「姉さん、事件です。」

ドラマ「HOTEL」のナレーションの名文句も、だいぶ忘れさられていそうですが、、とにかく事件です。

なんと、納車されたばかりのLook 695Jが、数ヶ月手元から離れてしまうこととなってしまいました。。
泣くに泣けない状況です。。ハイ。

気持ちの整理というか、もう少し事態が進展してからブログにエントリーしようと思っていますが、ともかくロードバイク自体がなくなってしまいます。
あぁ、週末の楽しみが。

これまで2年以上もの間、週末になればロードバイクにまたがっていたので、逆に何をしていいか分からなくなっちゃいます。 苦笑

まぁ、tikitくんがいますので、Look 695Jが戻ってくるまでは、tikitでポタリングを楽しむことにします。
というか、それしか方法がない。。 

無駄に豪華な付属品たち。

バイクを購入すると、付属品も付いてきます。
まず保証書と説明書、そして、各部品のスペアパーツあたりがポンと渡されるものと思ってました。
少なくともTarmacではそうだっので。


Look 695も基本は同じですが、専用のカバン?に入って渡されます。
画像1


結構シッカリしたつくり。
片側には小さなポケットがたくさんあって、細々したスペアパーツが入ってます。
保証書をはじめ、各種説明書も専用の仕切りがあります。
画像1


もう半分はザックリと三等分くらいに仕切られていますが、スカスカです^^;
E-Postのエラストマーの交換パーツや、ISPを切るためのソーガイドが、ここに入ってました。


そして、ビックリしたのが、こちら。
画像1


バイクカバーのようです。
上からすっぽりと被せることが出来るようになってます。
渡された時は畳んであったので、キャンペーンのタオルかな!?と思っちゃいましたが…

傷付けたくないニーズが高いんでしょうかね。

傷付けたくないワタクシには、大変有難いカバーなので、クルマに積む時に活躍してもらいたいと思ってます。

今度は平坦路で試してみる〜Look 695Jの慣らし運転

Look 695Jの2度目のツーリングは、平坦路にしてみよう、ということで、家から東の方へ。

なんとなく、ディズニーリゾートを周回してみようかなと思いながら出発。

ひたすら都内を東へ、東へ。
スカイツリーまでやって来ました。

Tamacでも撮ったアングルで、記念撮影。
う〜ん、カッコいい。笑
DSC02550



休憩も兼ねてひとしきり鑑賞した後、さらに東へ。
江戸川を越えて南下すると、見たことのある景色が。
ディズニーリゾートに到着です。

7時過ぎくらいに到着しましたが、たくさんのクルマが吸い込まれていきました。
繁盛してますね。ワタクシは最近遊びに行ってないですが。
DSC02556



そして周回道路へ。
あんまり信号がなくて、快適です。
ただ、既にディズニーのシャトルバスとかが走り回ってました。もっと早い時間にくれば、もっと快適だったのではないかと。


一周だけして、荒川でも流してみますかと考えて、西に針路をとります。

江戸川競艇場あたりで道に迷いながら、荒サイに合流。
ひたすらペダルを漕ぎ続けます。
DSC02557
迷ったついでに写真を撮ってみる。この先は行き止まりでした。。



向かい風が強かったので、下ハンを持ちながら頑張ります。
下ハン維持も特段ツラくなかったです。

そして、この平地でLook 695の巡航能力が分かるかなと期待していたんですが、明確な違いは分からず…
やっぱり風が強い時は、進まないです。
まぁ、この辺が貧脚の限界でしょう。

ただ、それでもあの風の中を、時速30kmをずっと維持していたので、踏んだ力は余すところなく伝えてくれている結果なんではないでしょうか。
と、ポジティブに解釈。


そんなこんなで帰って来たわけですが、脚の疲労が、Tarmacよりも大きいかもしれません。
初乗りの後もそうだったんですが、太もも周辺の疲労を強めに感じます。
やはり、Tarmacよりもカタいフレームだから、疲労が溜まるんでしょうか。
まぁ、これは体調にも影響されると思うので、何回か乗ってから分かってくると思います。

DSC02561




Look 695 Jの初乗り!

LOOK 695の初乗りは、宮ヶ瀬湖を目的地に自走することにしました。
アップダウンが多いコースの方が、695の性能を感じたり、Tarmacとの比較をしたり
できるのではないかと思いまして。
あと、単純にこれまで行ったことがなかったというのもあります。

早起きして6時30分に出発です。
緊張の初乗りな訳ですが、意外とこういうタイミングでトラブルが起きたりするんだ
よなぁ、といらぬことを心配しながらソロソロと動き出しました。

当然都内は信号が多いわけで、ストップ&ゴーが必然的に増えるわけですが、その度
に感じたことが、『漕ぎ出しが軽い!』ことです。
車重は7.48kgなので、そこまで軽いわけではありません。
なのに、身体に感じる車重は驚くほど軽く感じます。
フレームを感じさせない、というんでしょうか。
ストップ&ゴーも気持ちよく感じてしまいます。

それと、スピードのノリがいい気がします。
実際に一定の速度まで到達する時間を計ってみたら、同じなのかもしれないんです
が、体感車重が軽いせいなのか、気持ちよく一定の速度まで上げることができます。

ただ、一定の速度までいったら、後はエンジンの問題なんでしょうね。
巡航速度がすごく上がったという実感はありませんでした。


最も変わったのが、視界。
目を落とすと、見慣れたGarminくんとともに、ヌードカーボンのLook純正ステムが現
れます。
もう少し視線を下にすれば、やはりヌードカーボンのLookの文字が!
カーボン柄に萌えるワタクシとしては、相当テンションが上がります。
やっぱり、純正ステム(ジャパンカラー)じゃなくてよかったかも!
DSC02559


なんだよ!一番変わったのが視界かよ!という突っ込みは甘んじて受け入れますが、
物欲にまみれるワタクシとしては、所有欲が高度に満たされるのはとてもテンション
の上がること。
この点について、Look 695は最適な解でありました。
Look 695を漕いでいるだけで、なんだか気分がよくなります。

フェラーリやランボルギーニなどに乗っているオーナーも同じ心境なのではないか
と、勝手に同じ立場に立ったりして。


カーボンステムの効果については、う〜ん、明確な違いは分かりませんでした。
強いて言えば、路面から手に伝わる衝撃が若干和らいだような気がするくらい。。
フレーム自体も変わっていますし、どちらの効果か分かりませんです。


さて、色々なことを感じながら多摩エリアに突入です。
アップダウンが大きくなります。

Look 695での登りはどうなのかと、少し緊張しながら登りを開始します。
やはり軽いです。
よく聞く表現に「ギアが1、2枚重くて済む」というのがありますが、まさにそのよ
うな感覚がありました。
当然エンジンが変わっているわけではないので、苦しいものは苦しいんですが、踏ん
だ分だけ進む感覚が強く、フレームに後押しをされている、あるいは応援をされてい
る気分がします。

Look 695のインプレとして、「フレームに後押しされている感じ」という表現を見か
けましたが、この感覚のことを指しているのかなと思いました。


宮ヶ瀬湖に到着するまでの登りでは、それなりの斜度が現れましたが、フレームの応
援を感じながら走ることができました。
Lookステム&ロゴ効果で、苦しい時もテンションが上げられたことも、寄与している
でしょうね。


そんなこんなで、宮ヶ瀬ダムに到着。
巨大構造物、素敵です。
初めてダムカードをゲットしました。
ちょっと集めたいかも。。
DSC02534

DSC02537


宮ヶ瀬湖をグルッとして、津久井方面を通って、家路につこうとすると、なんだか見
たことがある風景。
あれ、この橋みたことあるなぁ。
と思ったら、裏ヤビツに登る時にいつも休憩しているトイレがありました。
そこでようやく、小田急線伊勢原駅から裏ヤビツに登る際に通った道だと分かりまし
た。
全然意識しないで宮ヶ瀬湖に来たけど、ヤビツの麓でしたね。
いつも輪行で行っているルートに、自走してきたことで、道がつながったみたいでう
れしかったです。
DSC02543
いつもは左に曲がって、裏ヤビツに。今日は直進してみます。


少し下ってくると、クルマやオートバイクが吸い込まれていく場所が。
何かと思ったらパン屋さん。
どっかのテレビ番組で見たことがあるところです。
なんだか今日はうれしいことが続くなぁと、立ち寄って丹沢あんパンをお土産に買い
ました。
DSC02546


というわけで、トラブルもなく120kmの道のりを帰ってきました。
心配していたサドル高さを含めたポジションについても、膝が痛くなるとか身体に不
具合が出るようなこともなかったので、問題ないのではないかと。


ショップの店員さんが、セールストークの中で、
「695は執事のような感覚。ライダーのやりたいようにしますよ、という懐の深さが
ある。」
といったことをお話しされていましたが、なんとなく分かった気がしました。


身に余るバイクですが、大事に乗っていきたいと思います。
twitter
ギャラリー
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • タイヤコウカン。
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ