Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

調整

西都原に向けてホイールチェンジ。

週末の西都原のために決戦ホイールに交換しました。
コリマを履けると思うとテンションが上がるワタクシ。

やっぱりカッコいいですわぁ。

+++  +++  +++  +++  +++  +++  +++

ついでに、ブレーキレバーを調整。
下ハンを持つとブレーキが遠くて、人差し指を一生懸命伸ばしてようやく届く感じ。

ブレーキをかけないような場面ならば割り切りも出来ますが、西都原だと下りや平坦区間で下ハンを持ちながらブレーキコントロールすることも考えられます。
であれば、無理なくブレーキにてが届くようにしておかないといけない。

シマノはSTIのネジを回すだけでレバーの位置調整ができることをネットで知りました。
ブラケットをめくってツノ部分にあるネジを回して調整すると。
簡単なんですね。

ツノのシルバー部分がブラケットのツライチよりも前に出てます。
この分だけレバーが手前に来るということです。

というわけで、人差し指が自然とレバーにかかる位置まで調整できました。

+++  +++  +++  +++  +++  +++  +++

続いてDi2のジャンクションの位置を調整。
これまでタイラップでレックマウントのType19にぶら下げてましたが、なんとなく専用のパーツで付けてみることにしました。

さすが専用品。
収まりがピタっと無駄がなくてキレイです。

+++  +++  +++  +++  +++  +++  +++

こんなメンテナンスの機会にバイクと向き合うと、気が付いていなかった傷に出会って凹みますね。苦笑
今回もハンドルバーに擦り傷を発見して、何時付いたんだと撫で回しました。
水平部分のライダー側ってどんなシチュエーションで傷つくんだろうか。。謎。

あと、Rec-MountのType19を外してみて見つけたステムの塗装傷とか。。

以前に比べたらかなり耐性がついたけど、やっぱり気になります。。苦笑
 

人気温泉地めぐりで、クリート位置の重要さを再認識。

先週、新潟に帰っていたために漕げませんでした。
ということで2週間振りの実走。

ここんところ大分も寒かったですが、今週末は天気も良くて暖かくなってグッドタイミング!

今日は人気の温泉地巡りというテーマにして、湯平から長湯にアクセスすることにしました。
朝は少し寒くて、服装選びに迷います。
ロングスリーブのインナーの上に半袖のジャージ、その上からウインブレを羽織って行きました。

まず目指したのは湯平。
石畳の通りで有名なイイ感じの温泉地です。
ツールド湯平はこの石畳から出発するそうです。

写真を撮っていたら、この通り沿いでコーヒーショップを営んでいるマスターに声をかけてもらいました。
今度寄らせて頂きたいと思います!


10%前後の斜度が点在する結構ハードなコースを、せっせと登って行きます。
ウインブレが暑くなって、途中で脱いで体温調整。
この時期はウインブレが重宝しますね。

紅葉もキレイで癒されます。


あんまり調子が上がりませんでしたが、ユックリと長湯に到着。
ここは炭酸泉で有名です。
かなりデザイン性の高い建築物でした。
湯船に浸かっていきたかったですが、確実に湯冷めするのでまた次回。


そうそう、このライドでクリート位置がサドルポジションに与える影響を強く感じました。
先日チームメンバーにクリート位置をかかと側に移動させることをアドバイスされ、ふくらはぎが攣りやすくなることから解放されたわけですが、その後さらに自分でもう少しかかと側に移してみたんです。

するとなんだか、サドルポジションがしっくりきません。
今までお尻が乗っていた場所よりも前になってしまって、なんだか窮屈な感じに。
腰や首がいつもよりも痛くなっちゃいます。

結局、クリート位置を必要以上にかかと側に移動させ過ぎて、その分お尻が前に移動しちゃったんですね。

これまでクリート位置はペダリングに影響するもので、サドルポジションに影響するなんて考えてもいませんでしたけど、足の付け根からペダルまでの長さが変わるわけですから、当然サドルポジションにも関係しますよね。

長湯でクリート位置を調整し直す。
するとお尻がサドルの然るべき場所に落ち着いて、シックリきました。
おぉこれこれ!と思わずつぶやく。

基本的にポジション変化に鈍感なので、こんなにシビアに反応するなんて自分のお尻にビックリです。笑


ワタクシの場合、SIDIとiClicの組み合わせで、
内側メモリ:4
外側メモリ:4.5
が最適な位置のようです。
(少しガニ股気味にしてます。)

フロントハブとブレーキキャリパーのメンテ。

最近ダンシングするとまた音鳴りがしてきたこともあり、ハブのメンテをしてみました。
といっても、面倒だったのでフロントだけ。笑

前回メンテしたのが4ヶ月ほど前なので、意味があるのかは不明ですが。。 

一度やったので作業自体はスムーズに出来ました。
汚れを拭き取って、Mavic純正オイルを塗りぬり。
ハイ、終了と。
DSC04282


ホイールをフレームに戻した時、ブレーキに目が。
なんだか、ブレーキシューとリムとの間隔が左右で違う気がします。
リア側を見てみると、同じく間隔が違うようです。
両側ともブレーキの右側の間隔が広いんです。

ブレーキをかけてみると、なんと!ホイールが片側に振れてからストップします。
相当間隔に差があるためでしょうね。
すごくホイールに悪そうです。

こいつはすぐに直さねばとネットを徘徊。
アルテグラ6870のブレーキキャリパーの場合、サイドに隠れているボルトを締めることによって、向かって左側のブレーキシューがリム側に移動することが判明。
DSC04286


おかげで、両側から均等にブレーキシューが締め付けて、ピタッとホイールが止まるようになりました。
今まであんなに歪んだ形で止めていたのが怖いくらいです。

何はともあれ、気付いて良かった。


時間が割けない。ハンドル周りのその後も。

先週末は、晴れ間が広がりましたね。
そんな日は遠出をしたいところですが、仕事をはじめ、モロモロ忙しくてなかなか時間がとれませんでした。泣

なるしまに行って、ポイントを使い切ろうとGORE BIKEのソックスを買ってたり、目黒辺りをウロついて昔住んでいた社宅がまだあるのかを見に行ったりしてました。

そうそう、調整したハンドル周りはかなりシックリきました。
そこまで長距離を乗れていないですが、手の平にも違和感なく、いい具合です。

シャクったハンドルの、五本指を揃えて上ハンドルを握るスタイルも、手首の反りがそこまで窮屈に感じなくなり、むしろ腕の力がキチンと伝えられる気にさえなったので結果オーライではないかと。

ハンドルとブラケットの悩ましい関係。

土曜日は久しぶりに羽田空港に行ってきました。

自宅から程よい距離で非日常感を味わえます。
DSC03819

でも、ターミナル前の道路って自転車が通ると視線を集める気がします。
警察に咎められそうな雰囲気も勝手に感じたりして。
DSC03821
新旧の管制タワー揃い踏み。


それはそうと、最近ずっとハンドルとブラケットの関係に悩んでました。
Cinelli RAM Biancaの形状が独特なだけに一筋縄ではいかなくて、何度か調整してみました。


1回目:ブラケット位置をサドル先端から710mm→695mmに変更(先日のエントリーのとおり)


2回目:旧道ツーリングでの登りの際、上ハンドルを握った感覚がしっくりきませんでした。上ハンドルの平べったいスペースがしゃくれているため、親指を巻き込んで握ると、手首が反り返るような形になってしまい、角度がきつくて、せっかく上ハンを握っているのにリラックス出来ません。。

これでは、せっかくエアロハンドルを買った意味が半減だわいと、しゃくりを戻して平べったいスペースが地面と平行になるようにしてみました。(写真の青い線)
サドル先端からブラケット後端までは695mmです。
BlogPaint


3回目:この状態で羽田空港に行ったんですが、上ハンの具合は改善されたものの、やっぱり手に荷重がかかりすぎて手が痛くなっちゃいます。
あと、やっぱりハンドルを遠く感じます。距離は以前と同じはずなのに。
ハテ困ったと、ハンドルバーを変更する前の写真を見返してみると気が付いたことが。
BlogPaint

ゴチャゴチャした写真で恐縮ですが、以前のブラケット位置が異なっているんです。
STIの角の部分がステムよりも飛び出しています。

それと上の写真を比べると、STIの角がステムよりも下になってます。(写真の赤線)
つまり、原因は落差だった模様。

ワタクシ、自慢じゃないですが身体がかなりカタいです。
前かがみになって両手を床につけるなんて夢の話なくらいです。
というわけで、かっこいいエアロポジションをとるのが困難な身体です。

だから以前のポジションではSTIの角がステムよりも上に出ていたわけですね。

だったら、ブラケットをもっと上げてみようとしたら、途中までしかいかず、上ハンとツラいちにするのが出来ません。
どうやら途中から径が徐々に大きくなるようで、STIの取り付けリングがこれ以上いかないポイントがあります。

そうすると、ハンドル自体をしゃくるしかなくなります。
しゃくりつつ、サドル先端からの距離が695mmになるポジションをさぐって、固定。

こんな感じになりました。
BlogPaint


STIの角がステムよりも出っ張って、ハンドル変更前の状態に近付きました。
その代わり、上ハンがしゃくれています。

そうそう、Cinelli RAM Biancaですが、前から見るとハの字型にサイドに向かって下がった形状をしています。
なので、通常のハンドルよりもしゃくれを大きくしないといけない事情もありそうです。
DSC03708



この状態で近所を走ってみました。
なんだかしっくりくる感じ。
手も痛くなりません。

どうやら、このハンドルとブラケットの関係が、ちょうどいいようです。
上ハンを持つ時は、親指を巻き込んで握らずに、4本指だけで握れば問題ありません。
ちょうど裏側にある凹みに指が引っかかりますし。


紆余曲折のハンドル周りの調整、一段落しそうです。 
twitter
ギャラリー
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • 宮崎の聖地へ。
  • 宮崎の聖地へ。
  • 雨のち荒平山。
  • 新しい相棒来たる!
  • 新しい相棒来たる!
  • 2週連続のチーム練。
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ