Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

ロングライド魚沼

2013年を振り返る~イベントから

ついに2013年も最後になりました。

イベントから今年を振り返ってみたいと思います。
十大ニュースを挙げるほどネタがないので、、頭に思い浮かんだものから5つほど。



第1位
フレーム交換

やっぱり、これですね。
今後10年はトップに君臨するくらいのビッグなイベントでした。
Specialized Tarmac SL2 Elite Compact 2011からLook 695 Japan Flag 2013へ。

DSC02557

フレーム交換までの心の葛藤が思い出されます。
Japan Flagというモデルとの出会いに感謝です。
2014年モデルから、National Flag Collectionもなくなってしまったし、大切に末永く乗っていきたいと思います。
来年の、695Jと思い出作りが楽しみです。

Tarmac、ありがとう。
きちんと思い出を振り返ってない気がしますが、ロードバイクという素敵な趣味の扉を開いてくれた素敵な相棒でした。



第2位
ホイール交換

Ultegra WH-6700からMavic Ksyriumにしました。

DSC01091

自分としては初めての大型補強だったので、自分の脚に不釣合いであることと、投資額の高さに後ろめたさを感じつつも、ホイール変更は一番効果を実感できるとの巷の声に背中を押してもらいました。

唯一のオールラウンドホイールとして、これからも大事に使っていきます。



第3位
ハワイ島でのライド

生涯で最初で最後かもしれません。
ビッグアイランドで知られるハワイ島をロードバイクで走りました。

DSC02184

これまで一度も行ったことがなかったハワイ。
しかもハワイ島はトライアスリートには聖地たる場所とのこと。
これはロードバイクで走ってみたい!ということで、一緒に行った妻と義理の両親の全面協力のもと実現。

雄大すぎる自然を満喫しながら、国立公園も含めて走り回りました。
あぁ、気持ちよかった。

レンタルバイクが、CerveloのR3という高級車だったことにも驚きでした。



第4位
ペダル交換

Shimano PD-A600からTime Xpresso4にしました。
初めてのロード用ペダルになりました。

DSC01301


いきなり故障したりしましたが、絶妙な固定感にとても満足しています。
久しぶりにShimano PD-A600で走った時に、固定されすぎ感が強くて、膝に負担がかかるなぁと感じたことからすると、やはりTimeは膝にやさしいのではないかと。

フレームがLookなので、ペダルもLookにするのも素敵だと思うのですが、フランス連合ということでまとまってもらいましょう。
でも、OEMのMavicペダルには相当物欲を刺激されましたが。。笑




第5位
ロングライド魚沼への参加


第二の故郷である新潟県は魚沼市で開催されたイベントに参加できたのはうれしかったです。
片田舎である魚沼でもイベントが開催されるなんて、ロードバイクのすそ野の広がりを感じました。

DSC01822

とってもアットホームな雰囲気とは裏腹に、コース自体は山がちな魚沼らしく、結構ハードでした。
でも、夏の魚沼の素晴らしい景色を堪能しながら、走れて楽しかったです。
また来年も参加しようと思います。

これまでファンライド系のイベントしか参加していませんでしたが、来年はヒルクライム系にも挑戦してみようかなと思っております。



・・・
半分以上が物欲系でしたね。
機材のアップグレードは、やっぱり印象に残ります。
でも、ハワイ島ライドは一生モノの思い出です。

来年も素敵な思い出がつくれますように!

ロングライド魚沼〜番外編(動画をつくってみる)

先日参加した、ロングライド魚沼。

このスタイルで動画も撮っておりました。
DSC01769

基本的にダウンヒルを撮りまして、ヒルクライムは景色が良いところを狙って撮ったつもりです。
それを素人なりに、編集してみましたので、公開させていただきます。
 

LUMIXくんが、5年以上前の古参機種なので、画像が荒くて景色の素敵さが十分に伝わらないのは残念なのですが、雰囲気は感じていただけるのではないかと。

ロングライド魚沼走行記〜その2

最初のエイドステーションを出発して、次のエイドに向かいます。
最も標高の高い「星の家」です。 

天体望遠鏡があり、星空の観測が出来る施設であるほか、
冬は守門スキー場のレストランとして使用されています。
DSC01831


スキー場の頂上まで行く形になるわけですが、なかなかの峠でした。
DSC01827
リフトとTarmac。

登ってきた道が見通せます。
なかなかの蛇行具合ですね。
DSC01829


続いてのエイドステーションは、福島県側に進んで、魚沼市でも奥の方に位置する大白川地区に向かいます。
電車が好きな方は、只見線沿いに進むといえばお分かりになると思います。

山深い魚沼のなかでも、更に山深い景色の中を進んでいきます。
もうこの辺りでは相当脚が売り切れ気味で、エイドでたっぷり休憩することだけを考えてペダルを回し続けていました。

そして、3つ目のエイドに到着。
DSC01835

太陽も上がってきて、かなり気温も高くなっています。

ここまで来ると、川も渓谷の雰囲気です。
DSC01832

可愛らしい赤い橋もありました。
DSC01833

コースとしては、ここで折り返しで元の道を引き返します。
ここからはほぼ下り基調なので、完走を目指して、あまり追い詰めずに走るようにします。

風が向かい風だったので、トレインに加わって、いわゆる集団走行を経験しながら行きたかったのですが、視線の先にいた集団には徐々に離されてしまい、ひたすら一人で風を浴びながらの行程でした。

体力が売り切れ気味の身体を、田植えの終わった素晴らしい景色が癒してくれます。
そして、沿道の方々の応援が身に染みました。
DSC01839

そして、ようやく到着。
最後は、平均時速20kmほどでヘコヘコしながらのゴールでした。
いつもは心肺機能が先に売り切れるのですが、今回は脚の売り切れが早かったですね。
前半使い過ぎました。

BlogPaint

手に持っているのは、完走証です。
意外と厳しいコースだったので、この証明はうれしいです。
DSC01881


前回も書きましたが、沿道の応援のあったかさと、魚沼の素晴らしい新緑の景色が堪能できる、素敵なイベントでした。
まだ第2回ということですが、是非来年以降も続けていってもらえたらと思います。
魚沼のまちおこしの一助になるといいですね。

また参加したいです!! 

ロングライド魚沼走行記〜その1

ロングライド魚沼のルートは以下のとおりです。
3つの峠を超えつつ、細かいアップダウンの続くコースになっています。


前日受付だったので、弟の家に宿泊させてもらいました。
参加賞は、魚沼らしくコシヒカリでした。

実は、弟は寺の住職をやっております。
かく言うワタシも僧籍に入っていたりする訳ですが、弟家族と楽しく過ごせました。

DSC01810

寺からの眺め。小さい頃から見ていますが、変わらない景色です。
DSC01811


当日は、早朝6時集合。
参加者の名簿を頂きましたが、約200人の参加で、ほとんどの方が新潟県から、東京からは少数派でした。
寺から自走も考えましたが、集合場所の大湯温泉の方が関越のICに近いため、セレナで来てそのまま東京に帰ることにしました。
DSC01817


開会式があり、魚沼観光協会の会長さんや、小出警察署の交通課長が挨拶されてました。
朝からお疲れさまです。
大会規模の割に、運営サイドの方が多い気がしました。手作り感がありますが、組織的なしっかりした運営だったと感じました。
DSC01815
 
番号順に出発です。
ワタシは114だったので、先頭グループから遅れること小一時間後に出発。
DSC01820

このグループで走りはじめ、自分のペースに合わない部分もありながら、みんなで走るのも楽しいよねと思いながら、協調性を重視して一緒に走っていきます。

嬉しかったのは、沿道の住民の方々が応援してくれること。
小さい子やお年寄りが自治体から配られた旗を振って、所々で応援してくれるんです。
甥っ子も幼稚園で旗をもらってました。
そんな、アットホームなあったかいイベントでした。


協調性を重視していたのも、途中までになりました。
最初の峠に入った瞬間に、集団のペースが遅くなり、明らかに自分のペースと合わなくなり、我慢して登ると逆に疲れると思い、スルスルと一人旅に。
一斉に10人くらいを抜いたので、あれっ俺って早いのかも!?と自信過剰になる程でした。

その後も、自分のペースで淡々と登っていくと、先に出発した方々をどんどんと抜いていきます。
こんな経験をしたことがないので、勝手にテンションが上がって、それなりの斜度の峠にも関わらず、強度を保ったまま登りきりました。
ヒルクライムレースって、あんな雰囲気なんでしょうか。
出てみたくなっちゃいました。

最初のエイドステーションの手前、上原高原にこんなに素敵な場所がありました。
まるで北海道を思わせるような、広大な景色の中の一本道です。
DSC01823

魚沼自体には数えきれない程来ていますが、こんな場所があったなんて知りませんでした。
嬉しい発見にテンションも上がります。
DSC01822

参加して良かったなぁと思いながら、最初のエイドステーションに到着。
新緑が一面に見渡せます。
DSC01824
 
結構脚を使ってしまいましたが、この景色で癒されました。 

完走速報

速報する程のものではないかもですが、無事に完走しました。

いやはや、予想以上にハードでした。ロングライド魚沼。

距離120km
獲得標高1750m
というデータ以上に、3つの峠を登らされ、細かいアップダウンが続く脚にくるコースでした。

でも、それ以上に素晴らしい景色を堪能できて、沿道の応援があったかいイベントでした。
参加して良かったです^ ^


またエントリーしたいと思います!

画像1
魚沼で出会ったステキな景色。
twitter
ギャラリー
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • タイヤコウカン。
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ