Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

レース

西都原エンデューロ完走!

エントリーしていて、参加できるかどうかは子供次第だった西都原エンデューロ。
ツマの寛大さにより、無事に参加できました。

レースは正に去年のこの大会以来の1年振り。

当日は、最強寒波が訪れるメチャクチャ寒い日になってしまい、宮崎でも氷点下の朝。
寒すぎて、到着しても車から降りられないくらい。苦笑

久しぶりなので、どう準備したらいいかイマイチ分からず、うだうだしつつ、試走を2週くらい。

目標は先頭集団でゴールすること。

スタートすると、結構なスピード。
1周5分半を切るくらい。
昨年のイメージでは、6分が目安かなと思っていたところ。

なので、付いていくだけで、結構脚を削られる。
どこまでいけるか、ちと不安になる。

集団のなかにいても、決して楽ではなく、ポジション取りのための細かい加減速や、カーブ毎のラインキープに相当脚と気を使う。

特にカーブでのラインキープが自分が意外と出来ていないことが分かった。
普通に走ってるつもりが、結構ラインがズレてしまう。ハンドルに力を込めてラインを補正するような感じ。
今後の課題だな。

悔いるのは補給。
スタート前にも多めに食べたけど、4時間半も走るから補給は必要。
ジェルをバックポケットに入れていたけど、集団で走りながら食べるのは難しいと感じていた。
一方で食べてからエネルギーになるまで時間も必要だし、早めの補給をした方がいいよなぁと、1時間回った辺りのバックストレートでジェルを取り出してみた。
でも、キャップを回して外すのに予想以上に手間取り、気付いたらトレインから取り残されるという自体。

元々、脚も余裕がなかったこともあり、追い付くのが難しくて、徐々に離されてしまう。

残念ながら、そこでレースは終了。

チギれると途端に寒波に襲われる。
これが寒いのなんの。

体力と気力が削られていくのが分かる。

ペースの合う数人と回したりするも、チームの人がピットインしたりで、長続きしない。

結局お独りタイムが長くなってきて、余計にツライ。

3時間超える頃には、ピットインして休みたい自分と、せめて完走しようという自分が常に闘ってる状態。

しかも、補給食もなく腹が無性に減ってきて、ハンガーノック寸前に。
全然ペダルに力が入らない。

ドンドンとペースが落ちていくなか、ゴール地点の時計ばかり気になる。

フラフラしながら、完走だけは果たした。

結果、172人中60位チョット。
37週で140.6kmでした。


寒くて、お腹減って辛かったけど、完走出来たことは収穫。
ここんとこ30分しか乗ってないので。

相変わらず、Corima & Attack/Forceの組み合わせは最高でした。


そして最後にプチトラブルが。
帰りに寄ったコンビニで、間違ってツーランを捨ててしまったのです。


まだ半分以上残っていたのに。。泣
同じのを買うのはシャクだから、Mag-on試してみようかな。

エントリーだけ。

トレーニングを続けるには、やっぱり目標が必要ですね。

コマ切れで乗れる時間は増えてきたところ、乗れるだけで嬉しかった時期は過ぎてしまい(ワガママだけど)、目標が欲しくなってきました。

そこで、ダメもとで相談。

結果、エントリーだけはさせてくれることになりました。
もちろん子育て優先で、DNSありきで。

それは、年明けの『西都原4時間耐久エンデューロ』です。

昨年2人チームで出場して、初めての表彰台に乗った想い出のレースです。

宮崎市にも近いし、野菜もたくさん持って帰ったし、ツマの覚えも良かったのも奏功しました。

これで、モチベーションも維持出来そう!

椿ヶ鼻ヒルクライムレース2015|参戦記

前週の英彦山に続いてのヒルクラレースになった、椿ヶ鼻。
大分は日田市にある釈迦岳を登るレースで、今回で2回目。

全長12km・平均斜度5.2%で、終盤に15%を超える劇坂が現れるタフなコースです。

+++  +++  +++  +++  +++  +++  +++

朝5時半にメンバーのGさんを迎えに行って、7時過ぎに駐車場に到着。

受付を済ませると、くじを引かされました。
クラス内でのスタート位置を決めるらしいです。
30番を引いて、3列目になりました。

公平でいいかもしれないですね。
スタートは全体で2つに分かれていて、わたくしのクラスは2番目のスタート。
その一番前に位置取るクラスなので、3列目からスタートできることになります。

その後、着替えたり、軽量化したりしてアップ開始。


今回はリアハブにセンサーを付けてきたので、ローラーでもスピードを測れます。
10分ちょっと回して、身体を温めます。
心拍は150くらいまであがりました。

スタート1時間くらい前に、アミノバイタルも2runも飲んで、ドーピングも完了。

開会式も終わって、スタート地点まで移動です。
ちょっとした距離と斜度があるので、ゆっくりと進みます。

ハイポトニックのVAAMを飲んでいるからか、先週に引き続きてトイレが近い。
それに緊張からか、常に尿意があるような気がしてなんだか気持ち悪い。
スタートしたら忘れちゃいましたが、、

スタートまで間があったので、参加するメンバーや知り合いと談笑。
地元の太鼓パフォーマンスによる演奏もありました。

急に「パンっ!!」と音がして、パンクされる方もいらっしゃいました。
立てかけてあるバイクで誰もさわっていないのに。
英彦山でもスタート直前で同じようにパンクされる方がいたんですが、原因は何なんでしょうね。
慌てて修理されていましたが、わたくしだったら全部預けているのでDNSになっちゃいそう。
いずれにしても、ご本人は大変だったと思います。

そんなこんなで、いよいよスタートです。

+++  +++  +++  +++  +++  +++  +++

今回の目標は、出し切ること。
英彦山が不完全燃焼だったので、前半から飛ばしてみることにします。

コース的に、最初のトンネルまでの坂を抜けると平坦区間が現れるので、
まずはトンネルまでは先頭集団に喰らいつくことにしました。

あとは可能な限り付いていって、ちぎれたら残りは気合いというイメージ。

昨年も最初の登り区間はスピードが上がったという話しだったので、付いていけるか不安になってました。
ただ、知り合いでわたくしよりも登坂力があるKさんが前列にいらしたので、ペースに迷ったら付いていこうと思っていました。

スタートの号砲が鳴りました。

まずはクリートキャッチを冷静に。
前を向いて、周りのスピードを確かめながらペダルを回し始めます。

グッとスピードが上がりますが、付いていけなくはありません。
気付くとKさんが前にいたので後ろに付かせて頂きました。

そのまま集団で進むとトンネルが見えてきました。
第一関門を突破した!と思いながらトンネルに突入です。

トンネルを抜けると平坦区間。
スピードが上がりますが、集団にいるので問題ありません。
時たま脚を休められたりします。

でもちょっとしたカーブや勾配の変化で離されたり、間に入られたりするので油断が出来ません。
途中で右からパスして何人か前方に合流する方もいて、10人目くらいに位置取っていたでしょうか。

段々集団に慣れてきたのか、チョット前に出てみようかと思う余裕も出てきました。
そこで、思い切ってトルクをかけてみて、3番手辺りまで順位を上げました。

後ろを振り返らなかったけど、何人か後ろに付いてきたっぽい。
ホントはそのままメイントレインに合流したかったけど、隙間がなかったのでしばらくそのまま先頭を走ってました。

空気抵抗的には、脚を使って損してるんでしょうけど、個人的にはこの時間が一番テンション上がった!
なんか、レースに参加してる!って実感がビシビシして、かなり気持ち良かったです。

そして、隙間を見つけてメイントレインに合流。
どこまで付いていけるかと思いながら、前の方の前輪にハスらないよう注意しながら付いていきます。

でも徐々にキツくなってきました。
これ以上付いていくと最後まで持たなそうだったので、ペースを守ることにしました。

サヨナラ、先頭集団。
楽しかったよ。

ここで残り5km手前だったかと思います。
後は孤独な単独行。

沿道に住民の方々がたくさんいらして、応援してくれます。
あったかいなぁ。

右に進路を取ると、段々と勾配がキツくなります。 
脚が終わっているのか、28Tまで投入しちゃいます。

残り距離の看板が出始めて、いよいよ終盤戦です。
そして遂に目の前に壁が現れました。
最後の激坂区間です。

この区間15%超えが1km弱続きます。
脚と心肺を削って登ってきた状態で挑むにはホントにキツくて、32Tが欲しくなりました。

そんなとき、仲間が応援のために陣取ってくれていました。
脚は終わってたはずだけど、不思議と力が出た。
先週に続いてありがたいです。

ホントは前を行く同じカテゴリーの方を抜きたかったけど届かず。

細い道から左折してゴールが目の前に。
もうスパートする脚も残ってなかったけど、ギアを上げてチョット加速。
そのままゴールへ。

+++  +++  +++  +++  +++  +++  +++

タイムは38分チョット。
クラスが珍しく5歳刻みになっていて、上位44%。
30代だと38%。
20代から40代まで年齢を拡大すると、上位33%になります。
同年代に強い人が多いようです。汗

拡大版だとリザルト的には英彦山と同じ水準。

だけど、満足度は今回の方が上。
途中まで先頭集団に残れたし、出力できるだけ出した感じ。

てことで、改善事項もハッキリしました。
ずっと高負荷の出力を維持できる持続力です。
先頭集団を見送らなくていいようにしたいですね。

+++  +++  +++  +++  +++  +++  +++

公民館に移動してカレーを頂く。

その後表彰式。
チームメンバーや知合いが1位、3位、5位とそうそうたる成績。
みんな強い!

そして下山。
登っている間は景色を楽しむ余裕がなかったけど、キレイな景色が広がっていました。

+++  +++  +++  +++  +++  +++  +++

こうして2週連続ヒルクライムレースが終了。

スタートする前は、なんで金を払って辛い思いをしなきゃならんのだとか、自分で走れば十分じゃないかとか思うんですが、やっぱりレースは最高の練習ですね。

次に向けての課題抽出とモチベーション向上ができます。

また来年も出られるといいな。


高千穂ヒルクライム回想【レース本番】

高千穂ヒルクライム当日。

チームメンバーと一緒に行くため、メンバー宅に4時に集合。
まだ夜明け前。
前日は7時前に夕食を済ませ、10時には寝たので眠気はありません。
体重も65kgまで落ちていて、自分史上最軽量の水準。
仕上がり的にはまずまずと言えるんのではないでしょうか。

会場に到着したのは、6時半前でしたでしょうか。
途中雨がパラついてきて、気持ちが暗くなりますが、なんとか本降りにならないまま天気は持ちました。

まずは受付を済ませます。


タイム計測用のチップをフロントフォークに付けるわけですが、
メンバーに「タイラップを巻けばいいんだよね!?」と聞いて、
「スポークを巻き込んでなければ大丈夫だよ」と言われ、じゃあ大丈夫!とカチカチと締めてみたら、見事にスポークを巻き込んでいるというオチ。。
何が大丈夫なんでしょうかね。。

受付でタイラップをもらって、無事に装着完了。
黒いゴムシートが付属していたので、フォークに傷が付く心配が少なくて心配りを感じました。


開会式まで時間があったので、いっちょまえにローラーでアップ。
レース会場でのローラーアップ、やってみたかったんですよねぇ。笑
ちょっとレース慣れしてるっぽい空気を出してみたかっただけで、どの程度回していいかは知らず、適当に心拍を上げて終了。


結構寒かったので、長袖を着込んでメンバーとだべりながら開会式を待ちます。
ブログネタ的にカメラを忍ばせていくか迷いましたが、真剣に登ってみるために不要なものは全てクルマに置いていきました。

リアライト、ツールケース、インナーウェア、帽子、アームカバーまで。
なるべく軽量化です。
というわけで、写真が全くありません。


開会式が終わると、カテゴリー別にパレードランが始まります。
8kmほどあるのですが、寒くて震えちゃうほどでした。

スタート地点手前で、一旦全員集合。
神話の里らしく、神主さんが安全祈願のお祓いをしてくれます。
ここでスタートの号砲が鳴らされますが、実際は正式なスタート地点に移動してからカテゴリー別にスタートです。








 続きを読む

高千穂ヒルクライム完走!【速報】

DSCF6905
天気も回復して、高千穂の素晴らしい景色を堪能できました


高千穂ヒルクライム大会、無事に完走しました!

結果は、205人中60位前半で、ギリギリ上位3割に入ったという感じ。
タイムは42分台半ばということで、試走時よりも4分半ほど短縮できました。

回想録は自分用の記録として、別途綴りたいと思います。

参加された皆さん、お疲れ様でした!! 
twitter
ギャラリー
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 転機は突然に。
  • 迎えの前に。
  • 出張先の朝。
  • 出張先の朝。
  • ノーライド。
  • 週末連チャン。
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ