Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

ハンドルバー

Edge1000jでギア表示〜Di2ワイヤレスユニットをスッキリ取付け

Edge 1000jの目玉機能の一つである、Di2との連携。
ギアやバッテリーの情報が見られるようになります。

 

ファームアップで510でも見られるようになったと思いきや、本国版だけという噂もあり、日本語版での対応は定かではありませんが、1000jでは確実に表示されます。

 

欲しい理由にも挙げたように、ギア情報は魅力を感じた機能ですし、Di2ユーザーの端くれとしては是非欲しいもの。
 

ただし、Di2と連携するためには追加投資が必要になります。
シマノから出ているワイヤレスユニット(SM-EWW01)です。




小さなパーツですが、これで\7,000くらいします。
高いですね。


まあ必要経費だろうと割り切ってポチろうと思ったわけですが、どこにも在庫がない。
アマゾン、楽天から博多のウエムラと、ネットから実店舗まで探したものの、どうやらメーカー在庫切れだそうで。


めちゃくちゃ売れているのか、単につくっていないのか分かりませんが、ないと言われると欲しくなるもの。
アンテナを高くしながら情報収集に努めていたところ、ついに手元にやってきました。

DSCF6338

 

購入したのは、東京のショップ。
普通に在庫していました。

さすが東京。モノの集積が違う。

奇しくも都会と地方の差を思い知らされました。


接続のためには、エレクトリックワイヤーも必要とのことだったので、併せて購入。


重量は合わせて7gほど。軽いですね。

DSCF6339
DSCF6340

これに、ワイヤレスユニット接続用のゴムバンドとシムが付属しています。
DSCF6341
 

取り付けにあたって疑問だったのが、その場所。

マニュアルではリアディレイラーからエレクトリックワイヤーを伸ばして、シートステーにつけるようになっていますし、そのためのシムも付属しています。

Wireless003
Cyclowiredさんよりお借りしました)

 

でも、個人的に見た目が気に入りません。
せっかくワイヤー内蔵なのに、ディレイラーからワイヤーが2本も伸びるのも気に入らないし、フレームが白いので黒いパーツとワイヤーでは余計に目立ってしまう。

なんとかすっきりさせる方法はないもんかと、先人の知恵をお借りしようとしても、そもそも情報が少ないうえ、マニュアル通りに設置されている模様。

在庫切れになるほど売れていたのではないのか。。

でも、海外ではいくつか参考になりそうな情報がありました。
センサーが反応しなくなることがあり、取付け位置とサイコンの距離のせいではないかと疑った方が、シマノのサポート(海外)に電話したら、『シートステーが第一だけど、ハンドルバーかシートチューブでもいいよ』という趣旨のことを言われたとの情報が。

ふ~むと。

日本のサポートだったら言わなそうだけど、これが本当ならジャンクションに共付けできるのではないかと考えました。

実現できたらスッキリするし、試してみる価値はありそうだなと判断し、エレクトリックワイヤーも一番短い150mmにしてみました。
(購入したショップには200mmを勧められました。)


ちなみに、ワイヤレスユニットを購入する際にショップの人にも取付け場所を聞いてみましたが、シートステーであって、ハンドルバーは聞いたことがないとのこと。

いつも皆さまの情報を参考にさせて頂いているばかりのワタクシですが、見た目にこだわるがために、人柱として情報を還元することが出来るチャンスがやってきた模様です。


というわけで、メンテオンチながら自分で作業してみます。
 

続きを読む

Cinelli RAM Biancaを使ってみて

今週末は雨続きでしたね。
これだけ降ると諦めもつきますけど。
大人しく家でローラーしてました。


ハンドルバーをCinelli RAMに変えてから、ある程度の距離を乗りました。

初めてのエアロハンドルについての所感を残しておこうと思います。


【見た目】
このためにCinelli RAMに変えたといっても過言ではありません。
白い塗装から、カーボン地が透けて見えるデザインは、Look695Jにピッタリです。
DSC03712
見る度にテンションが上がるほど、気に入ってます。笑


【重さ】
すいません、計るのを忘れてしまいましたが、カーボンだからといって、すごい軽いわけではありません。
公表値は、230g。
でも、以前使っていたDeda RHM02が295gだったので、65gほどの軽量化。
この結果、ハンドルを持ち上げた感覚が軽くなったのは確かです。
でも、この感覚はシフターを変えたことにも起因するでしょうからなんとも言えません。


【握り具合】
これは期待していた程ではなかったです、ワタクシの場合。
特に上ハンが平べったくなっていて、握りやすそうだと思っていたわけですが、普通の丸いハンドルの方が握り込みがしやすいです。
それに、ポジション出しの関係で、ハンドルをシャクっているので、親指を下から握り込むと手首が反り返るので、窮屈になっちゃいます。
BlogPaint
だから、親指は上部に添える状態になります。

それとバーテープがあった方が滑らなくてイイですね。
素手で触れるハンドル下部の感触がツルツルしているわけですが、汗をかくと気持ちよくはありません。


【エアロ効果】
残念ながら、全く分かりません。
そもそも、Cinelli RAMがエアロなのかすら分かりませんが、結構厚みがあるうえに、シャクっているので正面からの面積は普通の丸ハンドルと同程度です。
DSC03708



というわけで、ハッキリとした効果は見た目くらいしかないですが苦笑、それでイイんです。
それが一番の目的ですから。

一般的には何の役にも立たない所感で失礼しました。


ハンドル周りがしっくりこない。

ハンドルをCinelli RAM Biancaに変えたわけですが、なんかしっくりきません。

乗っていると、親指と人差し指の間が痛くなっちゃうんです。
なんか余計な体重がかかっている感じ。
どうも、ブラケットが遠い気がします。

コンポの載せ替えをショップにお願いしたわけですが、当然以前のポジションが再現されると思い込んでました。
サドル先端からブラッケット後端まで695mmなのが元の長さ。

計ってみました。
DSC03755

!!
710mmとなってますね。
1.5cmも長くなっていたら、そりゃ遠く感じるし、手にかかる自重も重くなるわと納得。


自分でやれよという論点もありますが、ショップとしてはきちんとポジションまで考えてやって頂きたいですよね。
そもそも、納期を事前に打ち合わせしていて、1週間以上前にショップに持ち込んだのに、納期日になっても連絡が来なく、シビレを切らしてこちらから問い合わせをしたら、「今始めたところで、間に合うか微妙です」なんて返事。
閉店間際にショップに行ったら、間に合わせてもらったものの、突貫作業の印象が否めず印象が悪かったわけです。
ポジションがきちんと出ていないのも、突貫作業が一因を占めているのは間違いなさそうなわけで、なんだか後味が悪いです。
スポーツバイクショップが殿様商売というか、成熟していない面だなぁと。


早速調整してみます。
作業から逃げてきたワタクシ、この作業も初めてです。

おそるおそるバーテープを外して、ブラケットのネジってどこにあるの?から始めながらポジションを変更してみます。
(バーテープは再利用するため、全部はとりません。)
DSC03760


従前の695mmになりました。
ブラケットを手前にしたことで、ケーブルのハンドルからの出方が長くなったはずなんですが、大丈夫なんでしょうかね。
よく分かりませんが、見た目的に変わらなそうなので、様子見ということで。
DSC03767


これで元のポジションになったはずなので、手も痛くならないかな。
 

ブツが届く。

風邪が治っていません。
こんなに天気がいいのに、バイクに乗れません。。泣

走っているサイクリストを見ると、いいなぁと恨み節が口をついて出ます。。
どうせ風邪をひくなら、先週末だったらよかったのに。


風邪のせいで気持ちが沈んでいますが、すさんだ気持ちを慰めるアイテムが届きました。
久しぶりに、大英帝国からの輸入品です。
DSC03035
かさばるので、箱は大きくて大げさになっちゃいますね。

ハンドルバーをポチっといってしまいました。

届きましたのは、CinelliのRam Bar Bianca。
ステム一体型がメジャーかと思いますが、ハンドルバーだけのもの。
DSC03040

最近ハンドルバーが気になっており、アンテナにひっかかったのは以下のモノたちでした。
・3T Tornova Team

・Zipp vuka sprint

・TIME Ergo Drive


・Bontrager Race XXX Lite Aero
 (→バイシクルセオさんによる紹介HP

どれも、ケーブル内蔵で、トップが平たくなっていて握りやすそうな形状のハンドルに惹かれてました。
ちなみに、重さは重視していません。
見た目重視です。笑

そんななか、中古で目に入ってきたのがCinelliのRAM Bar Bianca。
Cinelliといえば、Neo Morpheが有名ですが、ケーブルの通し方とトップの形状に、個人的に惹かれるポイントがありませんでした。
RAMは、お気に入りポイントが全て網羅されていたうえに、気に入ったのがデザイン。
白い塗装からカーボン地が見えるなんて、Look 695Jと一緒ではありませんか。

これは、合わせたら絶対に見栄えがするなぁと思い、高半に行きがてらサイクリーに行って実物を確かめに行ったんです。
デザインは思ったとおり。
カーボン地も、695Jと同じ編み込み上のもので同じ雰囲気。
それ以上に、実用面でもトップの握りやすさも素敵でした。
自分の手の大きさにはちょうどいい形状だったんです。

その場で買おうか大分迷いましたが、ケーブル穴にヤスリをかけて広げたような痕跡があったりと、少し躊躇するポイントがあり、もう少し考えてみようと退散してきました。

家に帰って情報収集するなかで、wiggleで当該中古品と2千円差で新品が売られているのを発見し、もう我慢が出来ない!とポチっとした次第です。


また散財してしまいましたが、695Jに合わせるのが楽しみです☆

DSC03042
曲がりはVarious Radius Concept(VRC)という、複数の弧が合わさったような形状です。コンパクトに感じます。

DSC03044
ケーブルは完全に内蔵され、ステム付近の下部から出てきます。


【備忘録:関税等】
日本郵便で届き、計¥800の支払いでした。
・課税標準:¥14,619
・関税:¥0
・消費税:¥560(4%)
・地方消費税:¥125(25%)
・通関料:¥200 
twitter
ギャラリー
  • 買ってよかったもの~beats Beats X~
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 転機は突然に。
  • 迎えの前に。
  • 出張先の朝。
  • 出張先の朝。
  • ノーライド。
  • 週末連チャン。
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ