Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

ツールド国東

ツールド国東に初参加!

大分では歴史もあり、知名度もあるイベントの1つが、ツールド国東です。
神仏習合の文化が色濃く残る国東半島を走り抜けます。

2年前に初めてエントリーした時は、あいにくの雨でDNS。
昨年は子どもが産まれたばかりでエントリーせず。(当日ものすごい雨でしたが。。)
ようやく参加できました。

コースは、Aコース。
160km&2,500mアップの、登り成分の多いセンチュリーライドです。


しかも、制限時間が意外とキツくて、休憩込みで8時間。
休憩を除けば、アベ25kmくらいで走らないと厳しくなります。

+++++++++++++++

当日は夜明け前に起き出して、子どもを起こさないようにコッソリと出発。
ツマには感謝を伝えるラインをいれたものの、
『(子どもは)風邪だし、(あなたは)家でジッとしていられない人だから、ちょうど良かった』
との返事。
んっ?なんかトゲを感じるぞ。
子どもが風邪気味で、ツマが疲れているのは分かっているものの、せっかくのイベントですからね。
それには返事をせずに、なるべく早く帰ろうと心に誓う。

+++++++++++++++

出発して、別大国道を走っている時のこと、ふと前回乗った時に、"Di2の充電が少ない"警告がEdge1000に表示されたことを思い出して、思考停止する。

さすがに、160km、しかも山岳コースを走るのにギアチェンジ出来なくなるのは辛すぎるだろう!と思い、急ぎ家に充電コードを取りに帰る。

時間には余裕を持って出たけど、これでギリギリ。
モバイルバッテリーで充電しながら行けないかと思ったけど、端子が合わずに無理。
じゃあ、会場でスタートまで電源を借りようと思って出発すると、クルマの出力端子が目に入る。

iPhone充電出来るんだから、Di2も出来るんでは!?と期待して繋げてみると、、
充電出来とる!!

というわけで、Look695をスパーダに繋げながら会場に向かったのでした。

+++++++++++++++

スパーダからバイクを降ろして、会場で受付け。
参加賞はタオルと、防水スマホケース。
前はオリジナルリュクとかだったらしいけど、ショボくなったね。 


開会式があって、いよいよ出発。
二手に分かれる後半組。
出発直後に、右折した橋で集団がストップ。
詰まっているからかなぁと思ったら、なんとミスコースで、前から人が戻ってくる。
誘導がいるはずなのにねぇと思いつつ、正規のルートに復帰。

杵築市内は、沿道の応援も盛んで楽しい雰囲気。

天気もいいし、気持ちいいなぁと思っていると、早速登り区間がスタート。
海岸に出るまでは、ひたすら登り基調のはずなので、抑え気味で登る。
結構ダンシングでゴリゴリ登っている方とかいて、ペースが心配になったり。

キツくはないけど、アップダウンを繰り返すうちに、脚が確実に削られていく感じ。

段々と同じくらいの脚の人達とグループっぽくなって、一緒に走る時間が長くなる。
ほとんど会話はしなかったけど、集団走行は楽しい。

ただ、1人よりもチーム出るまでは参加した方が絶対楽しいことは間違いない。

いつまで続くのかと思うくらい登って、陽も高くなって暑くなってきた辺りで、ランチエイドに到着。
キレイな夕陽で有名な真玉海岸の、粟島神社です。

結構抜かしてきたと思ったけど、先に到着している方がそれなりにいるなぁと思いつつ、ランチを物色。
結構充実していて、嬉しい誤算。
ピザ、アメリカンドッグ、たこ焼き、フライドポテト、豚汁、地元の吉野の鶏めし等、沢山ありました。

コースで提供されるものが違うらしく、Aコースが確実に一番いいそうです。

まだ後半があるので、食べ過ぎないように気を付けて食べる。
しかし、真上からの陽が暑いこと。
天気が良過ぎるのもツライね。

+++++++++++++++

再スタートする頃には、ランチの行列が出来ていました。

早めに着いておいて良かったと思いながら、1人で出発。

後半はひたすら海岸沿いを南下していくのですが、なんせ風が強い。
しかも、それなりにアップダウンもある。

なかなかペースが合う人がいないまま、かなりの距離を走っていたら、いい感じのスピードの集団に抜かされる。
その中に、ランチ前に一緒に走っていた方を発見。
やっぱ同じペースですねぇと、心で呟きながら、ありがたく後ろに付かせてもらう。

そして最後の給水所で休憩。

そこから、また独り旅をしていたら、やっぱり集団に抜かれる。
だったら、給水所で集団がスタートするのを待っていた方が良かったかなと思いながら、やっぱりありがたく後ろに付かせてもらう。

あ、もちろん、先頭を牽くこともしましたよ。
けど、意識が統一されていないのか、先頭を回すっていう状況にはなかなかならなくて、自分から声かけた方がいいかなぁと思う場面もあったけど、レースでもないしなぁと、そのまま雰囲気に流されてみました。

大分空港を過ぎた後は、ライドリーダーのタスキをかけたチームを含む集団とご一緒に。

すごい強い方もいて、スピードにも乗れたので、時間的にかなり助けられました。

+++++++++++++++

そして順調に進んでゴール。

トラブルもなく、制限時間内に走りきりました。
休憩込みで、6時間半くらい。

100kmを超える距離を走ったのが、年明けの西都原エンデューロ以来という状況なので、よく走れた方だと思う。

ゴール後は流れ解散なので、イマイチ終わった感に乏しいよなぁと感じつつも、ゴール地点で写真を撮って退散。 

おかげで、子どものお風呂に間に合いました。 

来年はおそらく出られないだろうから、いい経験が出来ました。
妻子に感謝!


Edge1000jとツールド国東リベンジ(Bコース+α)

楽しみにしていたツールド国東のDNSが悔しかったので、お独りでリベンジに行ってきました。

Aコースは来年申し込むので、Bコースを体験してみることにしました。
前日Edge1000jにルートラボからコースを落としておきます。

ていうか、GPXに変換したファイルを1000jのNew Filesフォルダに入れるだけでコースが見れるんだから、500と比べるとかなり楽ですね。

ツールド国東のスタート地点である杵築市の体育館まで車でアクセス。
1000jを起動すると、ちゃんとコースが入ってますね。 
あとはこのコースをスタートさせれば、コーストレーニングが開始されて、自分の位置がオンコースかどうかを確認できます。
コースから外れたらアラームオンがなって警告してくれます。(結構けたたましいい音でビックリ。)

ちなみに、オフコースになった場合は、コースに戻るようなナビは出ないうえ、自分の位置もオフコース地点で固まってしまいました。
「コース」→「ツールド国東Bコース」で始めたのでコーストレーニング機能になっていたわけですが、「検索」→「保存済み」→「コース」→「ツールド国東Bコース」と選択すればナビ機能になったんだろうか。
今度試してみよう。

ただ、Edge1000jがなければお独りリベンジは面倒だったことは確実。
コース沿いの案内板は一つを除いてキレイに撤去されていたので、いちいちiPhoneを取り出さないといけなくなったでしょう。


さて出発です。
天気が良く、気温もちょうど良くてサイクリンブ日和。
なんで当日だけ雨が降るんでしょうねぇ。

出発してすぐはパレードランとして杵築の中心地を走ったはず。

ここから少しの場所に、唯一残っていた案内板がありました。
当日はみんなをキッチリ案内していたことでしょう。
AとBの使い回しなのね

Bコースは大きく2つの峠があります。
最初の峠がイキナリ始まるので、せっせと登っていきます。

ステキな景色に助けられながら、バイクを進めます。
右下に見える道から、グルッと巻くように橋の上に出てきた場所でパシャり。


そうこうしていると、どうやら1つめのTopに到着した模様。
国東半島のトンネルは入口に絵が描かれているのが多い気がします。


下ってさらに北上します。
そこは田園風景が非常にキレイな太田地区。
谷沿いにずっと田んぼが広がっていて、そこを並行して道路が走っているので本当に気持ちがいいです。
夏に来ると田んぼの緑がまぶしいほどです。


この地区は、道沿いに交通安全標識の看板が定期的に設けられているんですが、その標語が非常にユニーク。
方言を使ったヒネリの効いたものばかりで、ついつい読んでしまいます。

太田地区からの登りが2つ目の峠。
420m近くまで登ります。

最高地点は国東半島の頂上に該当する場所になると思います。
国東半島は中心にそびえる両子山(ふたごやま)と、その頂上から伸びる尾根で形成されており、尾根伝いに道路が放射線状に整備されています。

このため頂上部に来ると、写真のように半島に各地に降りれるようになっています。
Bコースは半島を南北に縦断するので、このまま国見方面に突っ切ります。


海岸部まで一気に降りると、伊美港という港があります。
ここから大分県で最も大きな有人離島である姫島へのフェリーが出ています。
行きたいと思いつつまだ行けていませんが、キツネ祭り等の奇祭でも有名です。

コースから外れて見学に行くと、ちょうどフェリーが出航するところでした。


コースに復帰して海岸沿いを進むと、道の駅くにみに到着。
ちょうどいいので、トイレ休憩としました。


さらに進んだ場所に、オススメの喫茶店があります。
「ことり」さんです。
姫島出身の若いマスターが独学で入れてくれるコーヒーはとても美味しいですよ。
手作りカヌレもコーヒーのお供に最適。
海の家を改築したお店も雰囲気があってステキです。


海岸沿いは途中からサイクリングロードとしても整備されていて、走りやすいです。
かなり風が強くて、前半の登り区間よりキツイんじゃないかと思うくらいでしたが、海を見ながらのツーリングはいいもんです。


サイクリングロード専用の橋もあります。


さらに南下すると大分空港に到着。


ここまで来て、登り成分が足りなかったので、Aコースの一部をかじってみることにしました。
Aコースはオレンジロードと呼ばれる道をグルッと回って、西に進んでいたので、この周回部分をなぞってみることに。
この区間はEdge1000jに入れていないので、合っているか分かりませんが。。苦笑

途中道路の両脇に地名表示の看板が設置されていました。
この道路が境界なんでしょうけど、結構珍しい気がします。


いい感じに登って、このトンネルを越えると下り基調。


脚も満足したので、コースに戻ってゴールを目指します。
平坦路でこれといった景色もないので、淡々とペダルをこぎ続けます。

右手に杵築城が現れるともうすぐゴール。


もうゴールゲートはないですが、ゴールしました。
当日ここをくぐった人の達成感を思うと、うらやましい。

でも、お独りでツールド国東を疑似体験できたので、DNSで生じた心の澱はさっぱりなくなりました。




 

ツールド国東→無念のDNS

楽しみにしていたツールド国東、残念ながらDNSにしちゃいました。
今でもその判断が良かったのか迷ってますが、来年にリベンジします^ ^

朝5時に起きてそそくさとと準備。
まだ雨も降っていないどころか、薄日が差している。
これはイケるかなと希望を持ちつつ、LOOKをクルマに詰め込んで出発。

別大国道には自走での参加と思わしきサイクリストが。
頑張りましょう、と心で声をかけます。

6時30分頃に駐車場に到着。
既に結構なクルマが来てます。

でも上空はどんより。雲行きが怪しい…

受付をすべくスタート地点の体育館に移動。
緑はキレイだけど、やっぱり空はグレー。今にも降りそう…


無事に受付を済ませます。
小さいけど売店がありました。
アームカバー、グローブ等もあって忘れても買えますね。
あと、ツールド国東オリジナルのバックパックが結構使い勝手が良さそうでした。

スタート地点でパシャり。
結局正式にくぐることはありませんでしたが。泣


スタートまでまだ時間があったので、一旦クルマに戻って朝ゴハン。
そうこうしているうちに早くも雨が!
小降りならまだしも、結構降ってきた…


雨雲の予報とずっとにらめっこしてましたが、夕方までずっと雨雲がかかっている…
スタートギリギリになっても変わらない…
雨の中を6〜7時間も走るのはなかなかしんどそう。
スベって落車するリスクもあるし。
と、出ない理由ばかり頭に浮かんでしまい、クルマの中でDNSを決断。

一応、泥除けも付けたし、雨用アウターも持参したんだけどなぁ。
予想以上の振り方に気持ちが萎えてしまいました。。


せめてもと、元気にスタートされる猛者の皆さんをお見送り。


出走された皆さんが、国東半島を満喫されたことを祈念しております!











明日はツールド国東!ですが…

大分のビックイベントの一つである、ツールド国東。

いよいよ明日開催です。

去年の夏に大分に来たので、初めての参加になります。
もちろんAコースにエントリーしました。
いやぁ、楽しみですね。

で、でも、なんと天気が微妙…

困りました。
雨のなか160km走るのって、結構ツラそうですしねぇ。

日焼け対策で、こんなのも買ったのに…

ギリギリで、天気が好転するのを祈ろう。
twitter
ギャラリー
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • タイヤコウカン。
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ