Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

イベント

Rapha Caravan in Miyazaki

初めてRaphaのイベントに参加してきました。

福岡にポップアップショップがオープンするのに合わせて、MCC(Mobile Cycle Club)が九州中を巡りながら、各地でライドイベントを開催していました。

大分でもやってたんだけど、家庭的に出られず、宮崎に帰るタイミングが合ったので、決裁をもらって参加できました。


なんだかんだ、Raphaの世界観はオシャレです。

モバイルなのに、エスプレッソマシーンがちゃんとあって、おもてなしのコーヒーまで。

参加のノベルティで、シャモアクリームまで頂いちゃいました。
このケースがスマホが入りそうで、地味に嬉しい。

Raphaカーは、バンクのど真ん中に。

新着の試着も出来ます。
あぁ、欲しい。


ミーティングしてから出発です。

コースは、堀切峠を越えて、日南海岸を南下し、先週行った椿山を越えて、日南市からグルっと帰ってくるもの。

海岸沿いのコースは、これまで知りませんでした。
こんなコースあったのね。

Raphaらしく、峠成分もしっかり。
地元ライダーも知らないと言う峠を登ったり。

宮崎の聖地に登ったり。
(2週連続になった。)

声をかけながら、みんなで登ったり。

高速でトレインを組んだり。
(九州チャレンジで全日本取った方がライドリーダーで、時おり引きずられました。汗)


純粋に楽しかった。
趣味としてのロードバイクについて、方向性を考えちゃうこともあったけど、走って楽しめればいいんだなと思えた。

〆もコーヒーで。
最後までオシャレ。

お土産にTシャツ買った。
Caravanでしか買えないと言われてつい。


参加できて良かった!

久しぶりの実走。

色々とタイミングが合わさり、2ヶ月振りの実走に行けました。

せっかくだから一緒に走りたいなと、仲間にお声がけしたら、ちょうど県選抜の予選会を兼ねて、九六位峠で記録会が行われるらしく、そちらに参加するとのこと。

飛び込みでもいいらしいので、混じってきちゃいました。

記録会とはいえ、自分の気分はツーリングの一部分で、気持ちの赴くまま早めに着いて一本登ってみる。

峠の入口で、さぁ!とフロントをインナーに落とそうとしたら、なんと無反応。

脇に停めて、何度もカチカチしてもウンともスンとも言わない。
リアは動くのに。

充電を確認してみたら、グリーンが点灯。
そしたら、ケーブルが外れてるのかもとジャンクション側を抜き差ししたら、一度だけ動いてインナーに入ってくれた。

どうせ登りがメインだからと、フロント変速は諦めることに。

ようやく走りはじめるも、今度は身体が重い。
何と言うか、気持ちよくクルクル回せない。

汗も滴り落ちてきて、サングラスの中に進入。
HALOのバンドをし忘れたのを後悔しながら、頂上へ。
自己ベストから程遠いタイム。


こんなんで記録会に参加するのもなぁと思いながら下っていると、すれ違った知り合いに声をかけられる。

この方も記録会に参加するとのことで、一緒にスタート地点に行くことに。
こうなったら腹をくくるしかないね。

スタート地点に着くと、チームメイトのほか10名ちょっとの人が。
みんながみんな、大分では知られたレーサーで、豪脚ばかり。

なんだか場違いなところに来ちゃったなぁと後悔するも、まぁこれも経験だからとマイペースで行くことにする。

計測は、大分側からと臼杵側からの二本を測った合計で行われた。

30代と40〜50代に分かれて、前者が2分早くスタート。

脚があったまってることを期待したけど、やはり重い。
早々に千切れたので、後発グループに追いつかれないことを目標に頑張ってみる。

なんとか追い付かれずに、頂上ゴールへ。
タイムも見たくないから、記録も分からず。
一番早かったのは、今年度のインターハイに出場する高校生で、8分を切ったそうな。
早過ぎる。。汗


2本目は臼杵側にダム湖まで下って、みんなでスタート。

今度は、序盤の緩やかな勾配区間で千切れる。
まぁインナーじゃ仕方ないよね、と思いながら、後は自分のペースで淡々と。


審判車は、先頭集団と最後の集団に並走していたので、完全にお一人様。
ツーリングと変わらないけど、気軽でいいわぁとそのまま頂上に。

宮崎に帰らないといけないので、挨拶して、そのまま失礼してきました。

後から聞くと、県選抜はスタート前に声をかけてくれた知り合いに決まったらしい。
流石だなぁ。

というわけで、大分のトップレーサーと一緒に走る経験を積めたのでした。
実力の差に、若干凹む気持ちもありつつ、今後もマイペースでトレーニングしようと思います。

無情のアメ。

今日は由布院ライド2016の日。
震災にもめげず、由布院が元気だということを発信するべく、開催されることとなってました。

事務局の中には、大きな被害を受けた方々も含まれているのに、その姿勢に脱帽です。

今年だからこそ、このイベントに参加する価値があると、ツマにも根回しして参加できる環境は整えてました。


なのに!
そんな日に限って、無情の雨。

しかも、小雨とかじゃなくて結構な降り方。
雨天決行だったようですが、安全面からも厳しい。

今年の大分のイベントは、ツールド国東に次いであいにくの雨。

なんだかツイテませんね。。

OITAサイクルフェス!!!2015

2年続けて大分にJBCFの最終戦が行われました。
初日は大銀ドームを周回するコース、2日目は大分駅正面の公道を閉鎖して行うクリテリウムの2本立て。

初日のレースは仕事が入ってしまい観戦できなかったため、クリテリウムだけ観戦。
DSCF8128

DSCF8137


途中落車もありつつ、終始宇都宮ブリッツェンが先頭を引き続けてました。
DSCF8131

DSCF8138


そのスピードにポロポロと選手がふるい落されていって、最終周回へ。
チーム右京やマトリックスパワータグもスパートに加わるも、ブリッツェンの青柳選手がゴールに飛び込みました。


去年も観戦したんですが、ちょっとレースをかじった状態で見ると面白さが倍増しますね。
レース展開もそうですが、集団から千切れる辛さが分かって感情移入したり。

解説も会場スピーカーで流されていたので、分かりやすかったです。 

+++  +++  +++  +++  +++  +++  +++

夜はアフターパーティに参加しました。
昨年度は関係者だけで行った打ち上げを、一般も参加できるようにしたとのこと。
ホテルのバンケットでの盛大なパーティでした。

司会をされていた栗村さんとブラッキー中島さんのトークショーを見ているような、とても楽しい時間でした。
色んな選手や監督がステージに上がって、2人に真面目にインタビューされたり、いじられて笑いをとったり、飽きない3時間でした。

新城選手はランプレ・メリダでの来シーズンへの意気込み含めて、色んな話しをされていました。
DSCF8190


ワタクシは、この機会を逃してはなるまいとツーショットをお願いしました。
BlogPaint
満面の笑みです。

最後の抽選会では、各チームからグッズが提供されました。
新城選手からは、なんと、ツールドフランスを走った時のゼッケン5年分とか、日の丸が袖口にデザインされた、実際に着用したヨーロッパカージャージ(つまりもう製造されない)とか、かなりのレアアイテムが提供されました。

当たったら額縁に入れて飾ってやろう!と意気込むものの、あえなくハズレ。
当たった方がうらやましい。おめでとうございます。


このロードレースの誘致には大分市が積極的に動いたことが大きいようです。
宇都宮もさいたまもそうですが、民間主導で盛り上がるまでの導火線的な役割として、行政の働きかけは効果が非常に大きいと思います。

大分のロードレースシーンも、さらに盛り上がることを期待ですね!!





 

国道197号を往く〜シルバーウィーク・スペシャルライド〜復路編

一夜明けた次の日。
大分に帰らなければなりません。

復路も全自走というオプションもありましたが、さすがに疲れがたまっていて無謀と却下。
せっかく高知に来たから、観光してから帰ることに。

で、輪行で距離と時間を金で買うことにしました。
高知駅から宇和島駅までワープして、そこから三崎まで自走するプランです。
ワープといっても4時間くらい列車に乗るんですけどね。

+++  +++  +++  +++  +++  +++  +++

まずは、桂浜に向かいます。
高知に来たら龍馬さんには挨拶をしておかないといけませんよね。

意外と市街地から離れているうえに、べた踏み坂みたいな橋が最後に出現して辟易しましたが、無事に到着。

駐輪場に泊めて歩いて行くと、いらっしゃいました。
DSCF7512

龍馬の目線の先にある大志に想いを馳せてしまう、立派な像ですね。

シルバーウィークに併せて、龍馬像の顔の高さまで足場が組まれて、横顔を写真に撮れる企画をしていましたが、
お金を払ってシューズで階段を上るのが面倒なので断念。
登らない客には、写真に写り込むので微妙な存在。。
BlogPaint


浜辺もとてもキレイで、ゆっくりしていきたい気分でしたが、列車の時間も合るので横目に見ながら帰ります。
DSCF7515


続いて高知城に向かいます。
劇坂の橋を避けるため、往路とは別の道でアクセス。

高知城で記念撮影。
中まで入る余裕がないので、外から失礼します。
DSCF7527


そして、高知県庁にも表敬訪問。
「県庁おもてなし課」の映画は実際にこの庁舎を利用したそうな。
DSCF7529


高知駅に到着。
列車までの時間がタイトなので、ランチの前に輪行の準備です。
DSCF7531


輪行バックを駅員さんから見える場所に置かせてもらい、ランチに。
駅近くの土鍋ラーメンのお店を検索したので、飛び込み。
須崎の名物ラーメンだそう。
DSCF7533


なつかしくて、やさしい味の醤油味。
美味しかったですよ。
(自分でもつくれそうだな、と思ったのは内緒です。)
DSCF7534


乗り込んだ列車は、特急南風。
アンパンマン列車になってました。
IMG_2305


これで高知駅から窪川駅までワープ。
窪川駅で予土線に乗換えです。
もう一生乗らないだろうローカル列車。
これも輪行旅の醍醐味です。 
DSCF7540


乗り換えようとしたら、うれしい偶然に遭遇。
なんとサイクルトレインでした。
DSCF7545


春と秋に運行されていて、四万十川をサイクリングする客を狙って運行しているそう。
1日1便なので、出会えてラッキー。
DSCF7554
 

+++  +++  +++  +++  +++  +++  +++
 
しかし、ここでハプニングが。
なんと、Tさんが南風号にバックパックを網棚に置き忘れてしまったとのこと!
バックが窪川駅まで戻ってくるのに2時間待つ必要がある。
自走で南風号の終点である中村駅に取りにいくと、フェリーに間に合わない可能性がある。
こいつは困った。

するとTさんが、バックパックを駅から郵送してもらえないかと提案。
運良く財布や必要なものはポケットに入れていたので、帰るだけなら問題ないと。
中村駅に電話すると、着払いで対応可能とのこと。

結果、着払いで郵送してもらうことになり、無事にサイクルトレインに乗り込めたのでした。

+++  +++  +++  +++  +++  +++  +++
 
ロードバイクをそのまま乗せられる列車なので、車内で輪行を解きます。
珍しい体験ですね。
DSCF7548


固定方法は、吊革からぶら下げているヒモ状のゴムをハンドルとサドルに巻き付けて行います。
意外としっかり固定されて、不安はありません。
BlogPaint


この予土線、四万十川沿いを走っているので、車窓から素敵な景色を楽しむことができます。
愛車と四万十川、いい感じ。
DSCF7567

+++  +++  +++  +++  +++  +++  +++
 
最初は我々3人だけでしたが、途中駅でお一人乗車。
自然と話し始めるのは、同じ趣味を持つ同士だからでしょうか。

三崎まで行きたいと言ったら、宇和島で降りるのではなく、
2駅前の務田という駅で降りて峠を越えるのがいいとのアドバイスを頂きました。
DSCF7573


しかも地元なので案内して頂けるとのこと。
なんて温かい方なんでしょうか。

お言葉に甘えて峠まで道案内して頂きました。
ありがとうございました。
DSCF7577
 
+++  +++  +++  +++  +++  +++  +++
 
その後は予土線沿いに北上します。

八幡浜港に到着。
DSCF7587
ここにもしっかりバイクラック。 


もうここから宇和島フェリーで別府に帰りたい気もしますが、佐賀関港にクルマを置いてあるのでそうもいきません。
早めのディナーでもと思ったものの、16時にフードの提供は終了。
軽く補給してから三崎に向けて出発です。

脚を削られた後の佐田岬のアップダウンはきつかった。
しかも段々と日が落ちていって、到着することにはすっかり真っ暗。
持参したセーフティライトでは光量が足りずに、全く前が見えませんでした。
お二人のCateyeのVoltに照らしてもらいながら進みます。

そんなこんなで、三崎港に19時過ぎに到着。
クルマ組が予約していた20時の便に間に合いました。

クルマ組に預けていた荷物を受け取って、荷造りです。
DSCF7590


フェリーに乗り込み、無事に大分に戻れました。
DSCF7592


復路もなんだかんだ100kmちょい走りました。
2日間で300kmオーバー。
シルバーウィークにふさわしいスペシャルライドになり満足です。

またこんな旅ができるといいなぁ。



 
twitter
ギャラリー
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • 宮崎の聖地へ。
  • 宮崎の聖地へ。
  • 雨のち荒平山。
  • 新しい相棒来たる!
  • 新しい相棒来たる!
  • 2週連続のチーム練。
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ