Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

イベント

ツールド国東に初参加!

大分では歴史もあり、知名度もあるイベントの1つが、ツールド国東です。
神仏習合の文化が色濃く残る国東半島を走り抜けます。

2年前に初めてエントリーした時は、あいにくの雨でDNS。
昨年は子どもが産まれたばかりでエントリーせず。(当日ものすごい雨でしたが。。)
ようやく参加できました。

コースは、Aコース。
160km&2,500mアップの、登り成分の多いセンチュリーライドです。


しかも、制限時間が意外とキツくて、休憩込みで8時間。
休憩を除けば、アベ25kmくらいで走らないと厳しくなります。

+++++++++++++++

当日は夜明け前に起き出して、子どもを起こさないようにコッソリと出発。
ツマには感謝を伝えるラインをいれたものの、
『(子どもは)風邪だし、(あなたは)家でジッとしていられない人だから、ちょうど良かった』
との返事。
んっ?なんかトゲを感じるぞ。
子どもが風邪気味で、ツマが疲れているのは分かっているものの、せっかくのイベントですからね。
それには返事をせずに、なるべく早く帰ろうと心に誓う。

+++++++++++++++

出発して、別大国道を走っている時のこと、ふと前回乗った時に、"Di2の充電が少ない"警告がEdge1000に表示されたことを思い出して、思考停止する。

さすがに、160km、しかも山岳コースを走るのにギアチェンジ出来なくなるのは辛すぎるだろう!と思い、急ぎ家に充電コードを取りに帰る。

時間には余裕を持って出たけど、これでギリギリ。
モバイルバッテリーで充電しながら行けないかと思ったけど、端子が合わずに無理。
じゃあ、会場でスタートまで電源を借りようと思って出発すると、クルマの出力端子が目に入る。

iPhone充電出来るんだから、Di2も出来るんでは!?と期待して繋げてみると、、
充電出来とる!!

というわけで、Look695をスパーダに繋げながら会場に向かったのでした。

+++++++++++++++

スパーダからバイクを降ろして、会場で受付け。
参加賞はタオルと、防水スマホケース。
前はオリジナルリュクとかだったらしいけど、ショボくなったね。 


開会式があって、いよいよ出発。
二手に分かれる後半組。
出発直後に、右折した橋で集団がストップ。
詰まっているからかなぁと思ったら、なんとミスコースで、前から人が戻ってくる。
誘導がいるはずなのにねぇと思いつつ、正規のルートに復帰。

杵築市内は、沿道の応援も盛んで楽しい雰囲気。

天気もいいし、気持ちいいなぁと思っていると、早速登り区間がスタート。
海岸に出るまでは、ひたすら登り基調のはずなので、抑え気味で登る。
結構ダンシングでゴリゴリ登っている方とかいて、ペースが心配になったり。

キツくはないけど、アップダウンを繰り返すうちに、脚が確実に削られていく感じ。

段々と同じくらいの脚の人達とグループっぽくなって、一緒に走る時間が長くなる。
ほとんど会話はしなかったけど、集団走行は楽しい。

ただ、1人よりもチーム出るまでは参加した方が絶対楽しいことは間違いない。

いつまで続くのかと思うくらい登って、陽も高くなって暑くなってきた辺りで、ランチエイドに到着。
キレイな夕陽で有名な真玉海岸の、粟島神社です。

結構抜かしてきたと思ったけど、先に到着している方がそれなりにいるなぁと思いつつ、ランチを物色。
結構充実していて、嬉しい誤算。
ピザ、アメリカンドッグ、たこ焼き、フライドポテト、豚汁、地元の吉野の鶏めし等、沢山ありました。

コースで提供されるものが違うらしく、Aコースが確実に一番いいそうです。

まだ後半があるので、食べ過ぎないように気を付けて食べる。
しかし、真上からの陽が暑いこと。
天気が良過ぎるのもツライね。

+++++++++++++++

再スタートする頃には、ランチの行列が出来ていました。

早めに着いておいて良かったと思いながら、1人で出発。

後半はひたすら海岸沿いを南下していくのですが、なんせ風が強い。
しかも、それなりにアップダウンもある。

なかなかペースが合う人がいないまま、かなりの距離を走っていたら、いい感じのスピードの集団に抜かされる。
その中に、ランチ前に一緒に走っていた方を発見。
やっぱ同じペースですねぇと、心で呟きながら、ありがたく後ろに付かせてもらう。

そして最後の給水所で休憩。

そこから、また独り旅をしていたら、やっぱり集団に抜かれる。
だったら、給水所で集団がスタートするのを待っていた方が良かったかなと思いながら、やっぱりありがたく後ろに付かせてもらう。

あ、もちろん、先頭を牽くこともしましたよ。
けど、意識が統一されていないのか、先頭を回すっていう状況にはなかなかならなくて、自分から声かけた方がいいかなぁと思う場面もあったけど、レースでもないしなぁと、そのまま雰囲気に流されてみました。

大分空港を過ぎた後は、ライドリーダーのタスキをかけたチームを含む集団とご一緒に。

すごい強い方もいて、スピードにも乗れたので、時間的にかなり助けられました。

+++++++++++++++

そして順調に進んでゴール。

トラブルもなく、制限時間内に走りきりました。
休憩込みで、6時間半くらい。

100kmを超える距離を走ったのが、年明けの西都原エンデューロ以来という状況なので、よく走れた方だと思う。

ゴール後は流れ解散なので、イマイチ終わった感に乏しいよなぁと感じつつも、ゴール地点で写真を撮って退散。 

おかげで、子どものお風呂に間に合いました。 

来年はおそらく出られないだろうから、いい経験が出来ました。
妻子に感謝!


Rapha Caravan in Miyazaki

初めてRaphaのイベントに参加してきました。

福岡にポップアップショップがオープンするのに合わせて、MCC(Mobile Cycle Club)が九州中を巡りながら、各地でライドイベントを開催していました。

大分でもやってたんだけど、家庭的に出られず、宮崎に帰るタイミングが合ったので、決裁をもらって参加できました。


なんだかんだ、Raphaの世界観はオシャレです。

モバイルなのに、エスプレッソマシーンがちゃんとあって、おもてなしのコーヒーまで。

参加のノベルティで、シャモアクリームまで頂いちゃいました。
このケースがスマホが入りそうで、地味に嬉しい。

Raphaカーは、バンクのど真ん中に。

新着の試着も出来ます。
あぁ、欲しい。


ミーティングしてから出発です。

コースは、堀切峠を越えて、日南海岸を南下し、先週行った椿山を越えて、日南市からグルっと帰ってくるもの。



海岸沿いのコースは、これまで知りませんでした。
こんなコースあったのね。

Raphaらしく、峠成分もしっかり。
地元ライダーも知らないと言う峠を登ったり。

宮崎の聖地に登ったり。
(2週連続になった。)

声をかけながら、みんなで登ったり。

高速でトレインを組んだり。
(九州チャレンジで全日本取った方がライドリーダーで、時おり引きずられました。汗)


純粋に楽しかった。
趣味としてのロードバイクについて、方向性を考えちゃうこともあったけど、走って楽しめればいいんだなと思えた。

〆もコーヒーで。
最後までオシャレ。

お土産にTシャツ買った。
Caravanでしか買えないと言われてつい。


参加できて良かった!

久しぶりの実走。

色々とタイミングが合わさり、2ヶ月振りの実走に行けました。

せっかくだから一緒に走りたいなと、仲間にお声がけしたら、ちょうど県選抜の予選会を兼ねて、九六位峠で記録会が行われるらしく、そちらに参加するとのこと。

飛び込みでもいいらしいので、混じってきちゃいました。

記録会とはいえ、自分の気分はツーリングの一部分で、気持ちの赴くまま早めに着いて一本登ってみる。

峠の入口で、さぁ!とフロントをインナーに落とそうとしたら、なんと無反応。

脇に停めて、何度もカチカチしてもウンともスンとも言わない。
リアは動くのに。

充電を確認してみたら、グリーンが点灯。
そしたら、ケーブルが外れてるのかもとジャンクション側を抜き差ししたら、一度だけ動いてインナーに入ってくれた。

どうせ登りがメインだからと、フロント変速は諦めることに。

ようやく走りはじめるも、今度は身体が重い。
何と言うか、気持ちよくクルクル回せない。

汗も滴り落ちてきて、サングラスの中に進入。
HALOのバンドをし忘れたのを後悔しながら、頂上へ。
自己ベストから程遠いタイム。


こんなんで記録会に参加するのもなぁと思いながら下っていると、すれ違った知り合いに声をかけられる。

この方も記録会に参加するとのことで、一緒にスタート地点に行くことに。
こうなったら腹をくくるしかないね。

スタート地点に着くと、チームメイトのほか10名ちょっとの人が。
みんながみんな、大分では知られたレーサーで、豪脚ばかり。

なんだか場違いなところに来ちゃったなぁと後悔するも、まぁこれも経験だからとマイペースで行くことにする。

計測は、大分側からと臼杵側からの二本を測った合計で行われた。

30代と40〜50代に分かれて、前者が2分早くスタート。

脚があったまってることを期待したけど、やはり重い。
早々に千切れたので、後発グループに追いつかれないことを目標に頑張ってみる。

なんとか追い付かれずに、頂上ゴールへ。
タイムも見たくないから、記録も分からず。
一番早かったのは、今年度のインターハイに出場する高校生で、8分を切ったそうな。
早過ぎる。。汗


2本目は臼杵側にダム湖まで下って、みんなでスタート。

今度は、序盤の緩やかな勾配区間で千切れる。
まぁインナーじゃ仕方ないよね、と思いながら、後は自分のペースで淡々と。


審判車は、先頭集団と最後の集団に並走していたので、完全にお一人様。
ツーリングと変わらないけど、気軽でいいわぁとそのまま頂上に。

宮崎に帰らないといけないので、挨拶して、そのまま失礼してきました。

後から聞くと、県選抜はスタート前に声をかけてくれた知り合いに決まったらしい。
流石だなぁ。

というわけで、大分のトップレーサーと一緒に走る経験を積めたのでした。
実力の差に、若干凹む気持ちもありつつ、今後もマイペースでトレーニングしようと思います。

無情のアメ。

今日は由布院ライド2016の日。
震災にもめげず、由布院が元気だということを発信するべく、開催されることとなってました。

事務局の中には、大きな被害を受けた方々も含まれているのに、その姿勢に脱帽です。

今年だからこそ、このイベントに参加する価値があると、ツマにも根回しして参加できる環境は整えてました。


なのに!
そんな日に限って、無情の雨。

しかも、小雨とかじゃなくて結構な降り方。
雨天決行だったようですが、安全面からも厳しい。

今年の大分のイベントは、ツールド国東に次いであいにくの雨。

なんだかツイテませんね。。

OITAサイクルフェス!!!2015

2年続けて大分にJBCFの最終戦が行われました。
初日は大銀ドームを周回するコース、2日目は大分駅正面の公道を閉鎖して行うクリテリウムの2本立て。

初日のレースは仕事が入ってしまい観戦できなかったため、クリテリウムだけ観戦。
DSCF8128

DSCF8137


途中落車もありつつ、終始宇都宮ブリッツェンが先頭を引き続けてました。
DSCF8131

DSCF8138


そのスピードにポロポロと選手がふるい落されていって、最終周回へ。
チーム右京やマトリックスパワータグもスパートに加わるも、ブリッツェンの青柳選手がゴールに飛び込みました。


去年も観戦したんですが、ちょっとレースをかじった状態で見ると面白さが倍増しますね。
レース展開もそうですが、集団から千切れる辛さが分かって感情移入したり。

解説も会場スピーカーで流されていたので、分かりやすかったです。 

+++  +++  +++  +++  +++  +++  +++

夜はアフターパーティに参加しました。
昨年度は関係者だけで行った打ち上げを、一般も参加できるようにしたとのこと。
ホテルのバンケットでの盛大なパーティでした。

司会をされていた栗村さんとブラッキー中島さんのトークショーを見ているような、とても楽しい時間でした。
色んな選手や監督がステージに上がって、2人に真面目にインタビューされたり、いじられて笑いをとったり、飽きない3時間でした。

新城選手はランプレ・メリダでの来シーズンへの意気込み含めて、色んな話しをされていました。
DSCF8190


ワタクシは、この機会を逃してはなるまいとツーショットをお願いしました。
BlogPaint
満面の笑みです。

最後の抽選会では、各チームからグッズが提供されました。
新城選手からは、なんと、ツールドフランスを走った時のゼッケン5年分とか、日の丸が袖口にデザインされた、実際に着用したヨーロッパカージャージ(つまりもう製造されない)とか、かなりのレアアイテムが提供されました。

当たったら額縁に入れて飾ってやろう!と意気込むものの、あえなくハズレ。
当たった方がうらやましい。おめでとうございます。


このロードレースの誘致には大分市が積極的に動いたことが大きいようです。
宇都宮もさいたまもそうですが、民間主導で盛り上がるまでの導火線的な役割として、行政の働きかけは効果が非常に大きいと思います。

大分のロードレースシーンも、さらに盛り上がることを期待ですね!!





 
twitter
ギャラリー
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 転機は突然に。
  • 迎えの前に。
  • 出張先の朝。
  • 出張先の朝。
  • ノーライド。
  • 週末連チャン。
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ