Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

ウェア

クリート位置って大事。

ローラーでは、専らBont Blitzを使ってます。
Boaダイヤルが1つで、履きやすく脱ぎ易いので、時間が限られてるローラータイムにちょうど良しです。
代わりに、甲部分のフィット感に物足りなさもありますが。

ここんところ、同じメニューをしても、パワーが出ないので、練習量が足りなくて、出力が逓減してるのかなぁと寂しく思っていました。

一方で、クリート位置が何となく前気味で踏み込んだ時にカカトが下がるような印象もあったので、クリート位置を下げてみました。

すると、FTPを更新した時と同じくらいのパワーが出るように。
従前の位置で、FTPを更新したのに不思議ですね。

クリート位置の重要性を再認識しました。

大分での走り納め。

クリスマスから妻子は宮崎に残して来たので、2016年の最後の週はお一人様。
久し振りの独り暮らしは、気楽だ。
何と言っても、自分で時間をコントロール出来る。

仕事納めの日、仕事が午後からしかなかったので、時間給をもらって外回りに行くことに。
大分では久し振りだ。
銭瓶峠と迷ったけど、九六位峠に行くことに。

1本目ではコースをうろ覚えで、不完全燃焼で終わってしまったので、そのまま下って2本目。
10分半前後で、296Wと299W。
2本目で上げられた。

お寺の方までもう少し登って、グルっと回って降りた。

そうそう、Bontも実走で初投入。
2時間半走ったけど、変な痛みもなく、硬さを意識し過ぎることもなく、いい意味で普通に走れた。
なんとなく、甲から爪先にかけての締め付けが心許ない気がするけど、パワーが逃げている様子もない。
もう少し様子見が必要ですね。

年末は宮崎だから、大分では走り納めだ。


Bont買ってみた。

ホリデーシーズンの物欲向上に負けて、新しいシューズを買ってしまいました。
BontのBlitzです。

これまでBontなんて、結構マニアックなイメージがあって、
上級者が使うお高いもの、というくらいの認識。

でも、いつも刺激を受けている高岡さんのブログ(Roppongi Express)では、Bontがかなり高評価なので、徐々に気になる存在に。
要は、影響されやすいのです、ハイ。笑

でもお高いのよねぇ、と思っていたら、イギリスから仕入れるとかなりお安く出来ることを発見。
問題は熱成形が自分でし切れるかということだけど、ネットにも情報が多いし、何とかなるだろうと。

というわけで、来ました。

デザインはちとシンプル過ぎて、カッコいいとは思えませんね。。


重量ではメリットがあります。
Lookのクリート込みで592g。

SIDIのErgo3が720gなので、100g以上の軽量化になります。

並べて比較。
サイズですが、Bontは45、SIDIは44です。
長さはピッタリでしたが、気持ちつま先周辺にゆとりがある気がします。

熱成形もやってみます。
公式HPでは70℃で20分とされてるけど、自宅のオーブンは100℃以上の設定しかないので、先人の知恵をお借りして、100℃で10分加熱。

ちなみにソールも写ってますが、これは温めません。
ツマからは念のためクッキングペーパーを敷くように言われました。

アツアツの靴に足を入れて、力を込めつつ冷めるまで待ちます。

劇的に変わった感じはしないけど苦笑、土踏まずの感覚が変わったし、ソールは変化したんだろう。
何度でも成形できるようだから、またやればいいか。


Ergo3との違いがどこまで出るか楽しみ。


GIRO Synthe購入〜ヘルメットとアイウエァのカラーリング

今のヘルメットは、KASKのMojitoを使ってます。
いつ買ったか忘れてしまいましたが、LOOK695に乗る前から被っていたので、ざっくりと3年は使っていたんじゃないでしょうか。

ヘルメットの耐用年数がいかほどかという論点はありつつも、
落車もしていないし、まだ使えそうだし、変える理由はないよなぁと思っていました。

が、急に新しいのが欲しくなっちゃいました。。汗 

そいつは、Oakley Radar EVのせい。
蛍光イエローとブラックのカラーのため、ホワイトとレッドのカラーリングであるMojitoに合わない気がしたんです。
これまでのサングラスは、フレームがグレーだったり、ホワイトだったりなので違和感なかったんですが。。

積極的な理由を見つけてしまったことで、楽しいネットウインドウショッピングをエンジョイしていました。
そこで以前から気になっていたのが、GIROのSynthe。
BMCでも使われていて、今年のツールでもバンアーベルマートがマイヨジョーヌを着ていた時には、イエローペイントのSyntheが提供されていましたね。
公式HPより

まずデザインがカッコイイ。
前後にシュッと流れるデザインで、スッキリとしたイメージが好み。
キノコ頭にもならなそう。

くわえて、サングラスを収納するポートがあるのも好印象。
Mojitoの時は、刺そうと思えば出来たけど、左右別のホールに刺さったり、刺さり具合が弱くて下向いた時にサングラスが落ちてショックを受けたりと、サングラスとヘルメットの相性が不満でした。
これをスマートにデザインに落とし込んでいるのもイイですね。 

synthe-info1
公式HPより

しかも、ウラニウムカラーとピッタリそうなカラーがあるじゃないですか!
これなら、相性バッチリのはず。
そう思うと、もうソワソワ。

そんな時、大英帝国の自治区で自分のMサイズがたまたまセールになっているのを発見。
ずっとSサイズしか対象になっていなかったのに、本当にいいタイミング過ぎて、思わずiPadの前で興奮。
ここで行かねば後悔すると、速攻でポチっちゃいました。

しかも、折しもの円高万歳と。

はるばる届いたSynthe。
予想通りバッチリな相性でした。

今まで、ヘルメットとアイウェアのカラーリングって考えたことなかったけど、合わせるとなかなかカッコイイですね! 

貴重な実走の機会が、ますます楽しみになります。

Oakley Radar EV w/Prizm Road 独り言。

先日の久しぶりの実走で、オークリーのRadar EVも実走投入できました。

結論からすると、とってもいい感じです。

何と言っても、レンズがいいですね。

景色のメリハリをはっきりさせるので、路面状況が分かりやすくなります。
やはり、日差しが強くて、景色が白トビしちゃうような状況に強い印象です。

それと、直射日光にも強い気がしました。
Rudy Projectの調光レンズだと目を細めるような直射日光の状況でも、普通に目を見開いてました。
意外とこの点が、走行中のストレス軽減の観点ではポイント高いかも。

オークリーが15年の歳月を費やして開発したと広告してるだけのことはあるなと。

+++  +++  +++  +++  +++  +++

ただ、フィッティングには気を使いました。
この手のオークリーは全てそうなっている気がしますが、ノーズ部分は動かせずに、パッドの交換でフィッティングします。
大小2種類のパッドが入っていて、当然大きい方を使う訳ですが、それでもレンズが頬骨に限りなく近付くし、サングラス自体の位置も、前傾姿勢に合わせると少し下かなと。

平たい顔族にはツライ訳です。

そんな訳で、仕方なく、某アイウェアショップオリジナルの、特大ノーズパッドを別途購入しました。

おかげで、かなりフィッティングは改善されました。

+++  +++  +++  +++  +++  +++

【追記】
2回ほど乗ってみて、ズレにくい気がしています。

ヒルクライムでもがいたり、顔を動かしたりするとRudy ProjectやOGKだと前にズレてしまって、ポジションを直していたんです。

でも、Radar EVだとその回数はかなり少なくなりました。
ズレてもないのに、いつものクセでサングラスに手をかけて、あ、ズレてない、と思う場面が何度となくありました。

イヤーソックのカーブと素材が耳周りに上手くフィットしているのが効いてる気がしますが、ノーズパッドのゴムも滑りにくさに貢献している気もします。

なんでゴムパッドだけで調整させるのかなぁと疑問でしたが、それなりに意味はありそうです。

+++  +++  +++  +++  +++  +++

それともう1つ気になることが。。
フレームカラーをウラニウムにしたため、ヘルメットとのカラーマッチングが微妙に。

予想以上に、ウラニウムの存在感がありました。
なんかブラックベースのヘルメットが欲しくなってしまったなぁ。。


twitter
ギャラリー
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 転機は突然に。
  • 迎えの前に。
  • 出張先の朝。
  • 出張先の朝。
  • ノーライド。
  • 週末連チャン。
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ