Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

ショップ

台湾で市場リサーチ。

台湾に行ってきました。

航空便までの時間で、台中市のスペシャライズドの路面店に突撃してきました。

新宿のお店みたいな構え。

お目当のモノがあったので、価格調査に行ってみたんですが、掘り出し物はなかったですね。

シューズは日本と同じくらい(12,000)、サドルは高かった(9,500)です。

品揃えは、路面店だけあって充実。
新宿よりも少し小さいくらいの差でした。

GIANTのお膝元で頑張ってますね。

沖縄のレースに出たというスタッフさんとお話しして帰ってきました。

新緑の耶馬溪メイプルロード。

大分県の北部に位置する中津市に、耶馬溪メイプルロードというサイクリングロードがあります。
耶馬溪鉄道が廃線になったあと、その軌道跡を転換したもので、距離は約35kmあり、自転車専用道路としてはなかなかの距離を誇ります。

2003年には日経新聞のランキングで1位になったこともあるとか。

しかも、耶馬溪(やばけい)という土地自体が、風光明媚な景勝地として有名で、特に紅葉の時期は美しいです。

いつかは走ってみたいと思っていたんですが、GW初日に時間がつくれたので中津市在住のチームメンバーに案内してもらって行ってまいりました。

スタートは中津駅です。

市街地区間は、専用道路ではなく看板の案内に従って進みます。
でも、右側の歩道を走るよう促されたりして、昔の考え方のままになってますね。
軌道跡らしいんですが、全部車道になっているので面影はありません。

市街地を外れてくると徐々に専用道路が現れます。
国道をまたぐ箇所を過ぎると、旧駅舎跡地がお出迎えです。
軌道跡ということを偲ばせますね。

ここからはズッと専用道路。
基本的には快適に走れます。
ただ、場所によっては枯れ木や木の葉が散乱したり、舗装が荒れていたりするので注意です。

途中の小谷瀬パンがオススメということで立ち寄り。
イートインスペースがあるので、休憩も出来るし、メイプルロード沿いにも休憩スペースがあるので、買ってそこで食べるのもアリですね。

パン屋のたもとには、通称オランダ橋。

さらに進んで、耶馬溪の中心部へ。
そこには立派なサイクリングターミナルがあります。
レンタルも宿泊も出来る施設です。

耶馬溪はその名の通り「渓谷」で、切り立った岩と河川の美しさを見ながらサイクリングができます。

渓谷沿いの軌道跡なので、こんなトンネルも至る所に。

と思ったら、田んぼを真っ直ぐ突っ切ったり、民家の近くを通ったりします。

この橋は、自転車専用なわけですが、贅沢ですよね。

終点のコア山国という施設に到着。
かなり立派でビックリ。

新緑のキレイな時期で、楽しめました。
軌道跡なのでほぼフラットなコースなので、ビギナーにもオススメ。
家族連れの方も多くいました。
将来ムスメと来れたらいいな。


このままだと物足りないので、行きたかったコーヒーロースターのお店に。
耶馬溪にお店があるんですが、かなり山深いところらしく、ヒルクライムがてらにちょうどいいだろうと。

行ってみてビックリ。
普通に15%の勾配が現れて、こんなところにカフェなんてあるんかいっ!とツッコミを入れたくなるくらいの山道を進むと、ありました。

豆岳コーヒーさんです。
オーナーのご夫婦のセンスが散りばめられた素敵な一軒家です。

テラス席もあって、開放的な景色を楽しめます。

コーヒーは焙煎の深みに応じて3種類。
シグネチャーであろう豆岳ブレンドを、チーズケーキと頂きました。

コクのある焙煎で、ケーキにあって美味しかった!
登って来た甲斐がありました。

ただ、フードメニューはないので、補給という観点から注意ですね。


なのでランチは、市街地近くまで戻って来て、中津名物の唐揚げを頂きました。


サイクリングペースで、地元の景色と食を味わう。
これもロードバイクの醍醐味ですね。

努力の指標。

午後から台湾出張のため、午前しばりで出動。

目的地を決めずに出発すると、やっぱり登り慣れた峠に脚が向く。

柞原八幡宮を経由して、銭瓶峠へ。
お独りだし、まったりサイクリングしようと思っていたんですが、
Edge 1000jでセグメントが自動スタートをされると、それなりに頑張ってしまいます。

これもセグメント効果でしょうね。
おかげで、銭瓶峠で自己3位の13:48でした。

ちなみに、ベストタイム13:47と自己2位を続けて出したのは今年の5月。
この半年でそれなりにトレーニングしたつもりだったので、「それなり」でも自己ベストが出ると淡い期待を抱いていたのですが。。苦笑
それでも1秒差だったことを評価すべきなんでしょうかね。

パワーメーターを持っていないワタクシにとって、峠のタイムは自分の成長を知る重要な指標です。
今度は全力で計測してみようかな。

銭瓶後は、志高湖で紅葉具合を見てこようかと思ったものの、なんとなく登りはもういいやという気分になったので、下ることに。
で、鶴崎にある石窯パンの店を目指して東進することに決定。
自宅エリアをまたいで東西に行き来するルートは意外と初めて。

目指したパン屋はBrilloという店。
7時から営業していて、イートインスペースもあるので、補給代わりの休憩にいいかと思った次第。
でも、到着した時にはすでにたくさんのお客さんが。
お独りでレーパン姿で入るのに若干気が引けたため、休憩を断念。

結局そのまま帰ったのでした。

トレーニング本を読んでみた。

後輩の結婚式にお呼ばれして、久し振りの東京。
念願のRaphaに行ってきました。

居心地のいい空間でした。


さて、
今更ながら、高岡亮寛さんの著書『レースに勝つための最強ロードバイク』を読みました。
Amazonでの書評では賛否両論ありましたが、ワタクシには示唆に富んだ内容が多くて参考になりました。


家庭を持ちつつ、激務のサラリーマンとロードバイクのトレーニングを両立し、かつ、結果を出している時点で純粋にスゴ過ぎる方が、どんな思想でロードバイクに取り組んでいるのかを垣間見えたのが良かったです。


内容を書き過ぎるとイケないと思うので、読んで新たに取組もうと思ったことを記録します。

◯ローラーのトレーニングでは、一定分数を数回もがいてみる

◯パワーメーターは欲しい気持ちはあるけど、自分には機材過剰なので、峠のタイムでパフォーマンス向上を図る

◯モチベーション維持のための、機材更新!(都合よし…苦笑)


【番外編】フランスのバイクショップ巡り〜リヨン編

パリ編に続いてリヨン編です。
リヨンはフランス第2の都市。美食のまちとしても知られています。

リヨンでしか買えないというBernachonのチョコは、マジで美味しかったです。
感動すら覚えた美味しさ。。また食べたい!
DSC04981

 
それと、Paul Bocuseの本店があることでも有名です。
本店に行く時間もお金もないので、ブラッセリーで雰囲気を味わってきました。
DSC05012
 

さて、リヨンでは以下のショップを巡ってきました。
とはいえ、日帰りだったので数は少ないです。
事前にLookのHPでディーラーを調べて、行ける範囲をピックアップしました。
・Loisirs VTT Cycles et Cite
・Cycle Veran
・Velo Station 
・Decathlon
・Go Sport


【Loisirs VTT Cycles et Cite】
パリでのショップも含めて一番期待していた店。
それは、Look HPでPremium Dealerとして認定されていたから。
フレームはもちろんのこと、ウェア、ペダル、Keo Fitなるクリートのフィッティングサービスまで手がけているらしい。
期待に胸が膨らむばかりです。

リヨンは小さい街で、十分に歩いて観光できました。
TGVのPart-Dieu駅で降りて、Bernachonやらで寄り道しながら旧市街地に向かいます。
ちなみに、リヨンの旧市街地は世界遺産になってます。
そんな素敵な街並みにショップがあるんです。
DSC05023


旧市街地北側のソーヌ川沿いを進んでいくと、ありましたよ!
DSC04996


なかなか立派な店構え。
DSC04998

 
パリのショップよりも大きめです。
入口の上部に掲げられているLookのロゴが栄えますね。
DSC05000
 

これは期待通りの店っぽいぞと、期待値マックスで入店。

795の大きな垂れ幕ポスターが掲げられていて、Lookな雰囲気は醸し出しているものの、
バイクはMTBが多いし、メーカーもCannondaleが目につくような。。

そもそもあまり商品数が多くありません。
店内は清潔感があって居心地はいいんですが、品揃えは寂しいです。
むむむ、これはどうしたことか。

とまどいながら、店員さんにLookのウエァはありますか?と聞いてみると、こっちだよ!とドアの向こうの別フロアに連れて行かれる。
なんだ、隣にもスペースがあるんじゃん、と一安心。

でも、連れて行かれて指さされたスペースには、数えるほどのLookウエァしかありません。
店員さんは、「昨日入荷したばかりのニューモデルだぞ!」と自慢げに言って去って行きました。

並んでいたのは、半袖のジャージ上下5〜6点と薄手の長袖ジャージが1点でした。
でも、まずデザインが好みではありませんでした。
それと、長袖ジャージは袖口がゴムになっていて(細長い幅でクシュクシュな感じ)、MTB用のウェアではないかなという印象。

半袖ジャージはたくさんあるので長袖を狙っていたんですが、触手はうごかず。。

失意のまま、別スペースにあったLookのシューズカバーを購入しました。
パリでもシューズカバーを買ったのですが、こちらは別タイプ。
布製と、ネオプレーンっていうんでしょうか、防水性がありそうな生地です。
DSCF6690

LOOKを主張していて目立ちますね。 
こちらも珍しいのでついつい買ってしまいました。
これには満足。


というわけで、Premium Dealerの割にはLookの品揃えは良くなく、個人的には非常に残念でした。
ペダルも数点しかなかったし。

ただ、レジでLookのアパレルは日本では手に入りにくいという話しをしている流れで、ワタクシの695の写真を見せたら、その店員さんは「695はベストだよな!このカラーはプレミアムカラーだよな!」とたいそう喜ばれて他の店員さんにも見せて回ってました。
Look愛はホンモノのようです。



【Cycle Veran】
Loisirs VTT Cyclesと同じ通りにあるショップ。
下調べではチェックしていませんでしたが、Loisirsに向かう途中で偶然発見。
DSC05002


外観はLoisirsと同じくらい立派。
手前と奥のスペースは別々になっていて、それぞれはそれほど広くないですが、商品がたくさんディスプレイされており、こじんまりとした雰囲気。

手前の"Route"(ロードバイクのこと)とされているスペースにしか入らなかったのですが、品揃えはそこそこありました。
でも、日本で買えるようなものばかりだったので、店内をグルッと見渡してから退散。

奥のスペースは、"Ville"と書いてあって、街乗り自転車とかMTBがディスプレイされていました。



【Velo Station】
こちらもLoisirsと同じ通り。
ていうか、Veranのお隣にあります。
壁から突き出た自転車がかわいいですね。 
DSC05001


ロードというよりも、クロスバイクや街乗り自転車をメインにしている様子。
それはそれで、かわいいバイクもありましたが。
なので、そそくさと退散。


【Go Sport/Decathlon】
Loisirsで欲求が満たされなかったので、現地で検索して突撃。
VictoriaとかSports Depoみたいな、いわゆる大型スポースショップです。
ちょうどPart-Dieu駅の正面にあるモールにありました。

全く期待していませんでしたが、裏切られることなく終わりました。苦笑
自転車エリア自体は結構充実していたものの、ファミリーや日常使いを狙った商品構成でした。
知らないメーカーがたくさんあったので、へぇこんなのもあるんだという発見はありました。

ちなみに、パリのDecathlonにも行ってみましたが、同じラインナップでした。



というわけで、フランスでのショップ巡りですが、不発に終わりました。
Look HPによれば、品揃えがよさそうなショップはパリ郊外にあったので、まちなかのショップはイマイチなのかもしれません。
twitter
ギャラリー
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • 宮崎の聖地へ。
  • 宮崎の聖地へ。
  • 雨のち荒平山。
  • 新しい相棒来たる!
  • 新しい相棒来たる!
  • 2週連続のチーム練。
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ