Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

Tarmac

サドルを大幅に上げてみる。

某ショップでお話ししていた時に言われたこと。
「サドル高が低すぎるんじゃないんですか?もう1〜2cmは高くしてもいいと思いますよ。」

え、 そうなんですか。
でも確かに、きちんとサイズを測ったのは、Tarmacを購入した2年前。
だいぶ乗り馴れてきているはずなので、それに合わせてサイズも調整されて然るべき。

手がしびれてきたり、腰が痛くなったりするのは、体幹をつかったペダリングが出来ていなかったり、ハンドルが近かったりするために手や腰に余計な力がかかっているためではないかとのこと。

言われてみれば、そうかもしれない。
でも、1〜2cmって、5mmで変わると言われるロードバイクの正解では結構大きな値 。
まぁ、だまされたと思って上げてみますか。
何事も試行錯誤ですから。

というわけで、1cm程上げて、サドルトップからBBセンターまで77cmにしてみました。
DSC02509

その状態で、尾根幹周辺をツーリングしてきました。

結果、すごくいいです!!
前傾姿勢から両手を離しても漕げるような体勢を意識しながら踏んでみたんですが、明らかに巡航速度も上がりましたし、登りも楽になりました。

最近峠に行っても、思うように調子が出なかったんですが、ポジショニングが原因の一つだったかもしれません。
ちょっと気が楽になりました。 

やっぱりポジショニングって大事なんですねぇ。
しみじみ。。

DSC02510
 

奥多摩湖へ。

ロードバイク乗りには、いい季節がやって来ましたね!
暑からず、寒からず、ちょうど良い気候です。

先週は、台風のせいでせっかくの貴重な秋の休日を台無しになってしまったので、遠出をして来ました。

奥多摩には何度も足を踏み入れておきながら、奥多摩湖には行った事がなかったので、そこを目的地にしようと、青梅街道をひたすら西進。

やっぱり涼しくて、ペダルを漕いで火照る身体を、風が冷やしてくれる感じが気持ち良いですね。

快調に青梅駅を過ぎて、そのまま青梅線沿いに奥多摩駅に向かって登っていきます。
この区間の登りは緩やかで、いつの間にか登っている感じがして、気分的に楽ですね。

そんなこんなで、奥多摩駅に。
記念写真のために立ち寄る。
ハイカーも沢山いました。お互いいい季節になりましたね^ ^
DSC02498



そして、奥多摩湖へとペダルを漕ぎます。
ちょいと斜度がキツくなってきたかなと思ったきたところで、ついに到着!

ダム湖百選に選ばれているようで、確かに素敵な場所。
台風の影響からか、水位も多めです。
DSC02501



この辺りでは、かなり気温も下がってきていて、寒かったです。
このためか、若干お腹が緩くなってしまいました…


この後どうするかは考えてませんでした。
来た道を戻るのもつまらんなと、グーグルマップを見ながら、松姫峠を越えて、中央線の猿橋駅まで行こうと思いたちました。

勇んでさらに西へと進み、峠に入ったぞと気合いを入れて漕いでいきます。
予想以上に手強い峠で、やるな松姫峠!と思いながらクリア。
と思ったら、勘違いでした。
小菅村役場で、改めてグーグルマップを確認したら、今登って来たのは名もなき峠。
松姫峠はさらに南へと向かった先でした…
DSC02504


名もなき峠で、結構脚を削られてしまったのと、テンションが下がってしまったのとで、そのまま奥多摩周遊道路へ。

グルっと周って、また奥多摩湖へと戻ってきたのでした。

そういえば、途中の道の駅「たばやま」では、バイクラックがありました。
素敵な配慮です!
DSC02503



そして、そのまま青梅駅まで戻って、輪行。
DSC02506


レーパン姿で、一人で混んでる中央線に乗るのは、ちょいと恥ずかしかったですが、日本人は見て見ぬ振りをしてくれるので、ワタシもなるべく目を合わせないよう、大人しく帰ってきました。

距離130km、獲得標高1350mと、終わってみれば、結構走れました。

短い秋を満喫したいですね!

浄土平に。

#夏休みやら何やらで、間が空いてしまいましたが、反芻しながら記録していこうかと。

以前から行きたかった、福島県の浄土平。

行きたくなったのは、愛読させていただいているspacewalkerさんのブログ。
とても素敵な写真に、これは行かねば!と心を動かされていたのでした。


志を同じくする職場の後輩と、朝早いあさまに乗り込みました。
昨年参加した東北復興ライド以来の、新幹線輪行。

あっという間に福島駅に。
新幹線だと近いですね。
IMG_1031

県庁が近くにあったので、表敬訪問をした後で、いざ浄土平にむけて漕ぎ出します。
DSC02052

駅前は賑やかだったものの、少し距離を走るとのどかな景色に包まれます。
徐々に勾配もついてきて、しばらくすると浄土平に向かう磐梯吾妻スカイラインの入り口に到着です。
DSC02060

車も少なめで気持ちの良い勾配でしたが、気温が暑かったせいか、普段よりも心拍の上がり方が急で、予想よりもきつく感じました。。
特に、急こう配のため、冬期に道路凍結を防ぐために舗装を変えてある箇所でしょうか、
路面の色が白色になっている箇所が非常につらかったです。。

あまりに辛くて、2か所あるうちの1か所目の途中で、足をついてしましました。
残念無念。。

これまでそれなりに峠を登ってきたつもりですが、前回の定峰峠もしかり、なんだか登坂力が落ちている気がして、ペダルを漕ぎながら気分が滅入るほどでした。

夏の暑さのせいにして、自分を納得させていますが。。苦笑

あ、あと、後ろについてくる後輩にいいところを見せようと、脚以上に気持ちが先走った結果なのかもしれません。。(実はこれが一番の理由だったりして、、残念な自己顕示欲。。)


というわけで、途中の休憩所でもトイレ休憩の名目でお休み。
でも、結構素敵な橋で、これはこれで良かったかも。
DSC02061
続きを読む

浄土平に行ってきました!【速報】

DSC02064

念願だった福島県、浄土平についに行って参りました!!
日本には、まだまだ素敵なところがあるんだと思わされる場所でした。

暑くさはしんどかったですが、別途振り返りたいと思います。
 

酷暑ライド。。

今日は無謀と思いつつも、午前中にプラプラしてきました。

負荷をかけると、絶対に熱中症になっちゃうと思ったので、
サイクリングペースでまったりと、心が赴くままに走ってみようと。

とりあえず、進路を東に取ったら、気付くとスカイツリーに。
やっぱり絵になりますね。
夏はガスりがちで、写真的には最適ではありませんが。
DSC02038

その後、スカイツリーのふもとを流れる川沿いに走ってみたら、
荒サイにたどり着いたので、入ってみる。

何度来ても、高速の高架下のスペースがそのまま走れるようになっているのは、なんだか違和感。
DSC02039

途中で、暑さでバテてきまして、予定よりも早く切り上げて帰りました。
負荷をかけないで走っていても、暑いだけで体力って奪われるんですね。

その後1日中、身体が水分を欲していて、水ばっかり飲んでました。


しかし、きちんとプロにメンテナンスしてもらったおかげで、
”コォー”っていう音(路面を走る音がフレームに響いている音? )が聞こえました。
車体の調子がいい時にしか聞こえない音です。

車体の調子がいいと精神的に気持ちよく走れますね。 
twitter
ギャラリー
  • 出張先の朝。
  • 出張先の朝。
  • ノーライド。
  • 週末連チャン。
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ