Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

小物

初めてのRaphaとロゴのヒビ補修と。

初めてのRaphaアイテムを手に入れてしまいました。

Tokyo Wheelsのセールが始まったことを知り、行ってみたわけです。
TW_salemain

このお店は、Raphaのパートナー販売店になってます。
ジャージやビブタイツも安くなっていたので、また物欲がザワザワし始めてしまったわけですが、必死で押さえ込んで、小物だけ買ってきました。
(結局買っているという事実は無視して下さい。。)

それがこちら。
キャップとボトルです。
DSC02968

ボトルは、ワタクシも愛用しているCamelbakの飲み口がついたもの。
ボトルを押して初めて水が出てくる構造になっているので、逆さにしても水が出てきません。
RaphaのデザインをまとったCamelbak、買わない理由がありませんでした。。汗


あとは、キャップ。
ツバのキャンディカラーが素敵だったのでつい。。
RaphaとFocusがスポンサードしているシクロチームのデザインです。
LookとFocusとで統一感に欠けますが、ヘルメットをかぶればツバしか見えませんから、見た目重視です。

ただ、このキャップに気になる箇所が。
せっかくのRaphaのロゴが少しひび割れてました。
BlogPaint
相当細かいですが、"p"の上の部分ですね。

こうしたひびは、アイロンを当てれば直るとネットに教えてもらい、早速実践。
クッキングペーパーをロゴにあてがって、その上からアイロンを中くらいの温度で当てていきます。
DSC02972


すると、見た目では分からない程度にひび割れが修復。
こんな直し方があるんですね。
さらに見た目が良くなって満足です。
BlogPaint


後ろ姿を美しく〜Vittoria プレミアムツールケース

Look695Jをショップに引き取りに行った時のこと。

Vittoria プレミアムツールケースが売られてましたので、迷わず購入してきました。



これまで、小物はサドルバックに収納する派で、Fizikのものを愛用していたんですが、695のISPをより美しく見せるためにはサドルバックはない方がいいと。

DSC02561
サドルバックの中では、Fizik独自機構のICSにより、スマートな見え方だと思います。

DSC02526
でも、ない方がスマートですね^ ^


このため、ツールボトル派に移行しようと、ブツを物色してました。

収納したいモノから大きさは、700ml以上、色はフレームからホワイト、あとは見た目で、以下の二つが選択肢に。

ELITEのSuper BYASI。


OGK KABUTOのツールボトル。



でも、結局ショップで見かけたVittoriaに一目惚れして購入。
容量も、色も事前の想定とは違いますが、まぁそこは、見た目が重要ということで^^;

ただ、機能は優れてます。
ジップで開け閉めするので、パカッとフルオープンになって、中のモノが取り出しやすいです。
これは、従来のツールボトルにはないメリットでしょう。
IMG_0927



早速サドルバックから移行します。
これだけ入れて、パンパンです。
DSC02594

チューブ、タイヤレバー、パッチ、鍵、工具です。

ボトルケージに入れると、色が黒でも違和感なく、カッコいいです。
イタリアカラーのラインがアクセントですね。
後ろ姿もスッキリして、満足です。
IMG_1167



ちなみに、ショップでは在庫が3個ありましたが、結構個体差がありました。
ロゴのプリントがぼやけていたり、中にある仕切りが左右非対称だったり、生地がはみ出ていたり。
まぁ、使用に問題はないし、検品に引っかかるレベルではないということなんでしょうね。
ただご案内のとおり笑、そうした細かいトコロが気になる人なので、じっくり比べて購入しました。

それと、今は品薄のようですが、年内には供給が安定するようです。

インソール交換

インソールを換えてみました。
 

今使っているSIDIのインソールは、ペラペラで心もとないものなので、いつかは換えたいと思っていました。

でも、インソールって意外と高くて、効果の程も分からないのに手を出しずらいなと思っていたのもあり、自分の中で延び延びにしてました。
別にこれといったきっかけもなかったんですが、ワイズ新宿でシダスのインソールがお安く売られていたので、これも縁かしらと思った次第。


箱にそのまま入ってました。
DSC01959
 
SIDIのインソールと比べてみると、特に土踏まずのアーチがしっかりしています。
盛り上がりが違いますね。
DSC01960
 
期待が持てそうな、しっかりとした作りですが、懸念は重量。
その作りから、重量が結構あります。4倍です。。
 ○シダス→54g
 ○SIDI→13g

まぁ、SIDIがペラペラだから、当然といえば当然なんですが。。


ちょっと重いかなぁと思いながら、交換。
やはり、土踏まずのフィット感が明らかに向上します。
ベルトを締めた時の、靴と足がよりフィットした感じです。


そのまま家の周りを30分程走ってきました。

一番感じたのは、踏み込んだ時の力の伝わり方。
これまでは土踏まず部分に空間があったことで、力が逃げていたのが、足の裏全体でしっかりと踏めている印象。 
特に、 ダンシングの時に効果が高いなと感じました。

スピードの出方もいいようです。


重量を上回る効果があるかは人それぞれだと思いますが、個人的には満足です。
このまま使い続けて、様子を見たいと思います。 

CRAFT ネックウォーマー

まだまだ寒い日が続きますね。

夜明け前にバイクに乗ったりすると、もう 末端が大変なことになるわけですが、
首元の寒さも相当なもんです。

温度調整に首周りは重要なので、ユニクロのネックウォーマーを使ったり、
ボードで使っていたフルフェイスマスクを流用したりしていました。
暖かいんですが、太陽がでると、逆に暑くなったりします。 
しかも、口元で使っていると、サングラスが曇ったり、ネックウォーマーが変に湿ったり。。

そうすると、使っていたネックウォーマーは単なるお荷物になってしまい、
じゃあ太陽がでるまで我慢するかと、寒いのを我慢して 首周りは無防備という状態になっていました。

ずっと着けていられるような、適度に暖かくて、適度に風を通さなくて、適度に生地が薄いような、ちょうどいいモノはないかなぁと 何となく探していました。
そしたら、今日ワイズでこんなものを発見しました。




CRAFTのゼロ・エクストリーム マルチファンクション ネックウォーマー、
ってやつです。
名前が長い。。

こんなに長いです。どう使うんだろう?と思いましたが、、
DSC01132

筒状になっているので、首に巻いたり、バンダナにしたり、キャップにしたりと色々な形態で使えますよ、というモノ。
イラストには8通りありますが、どう見ても最後の3つ(
cap、pirate cap、desert scarf)は無理矢理な気が。。
DSC01135

素材はCRAFTらしい、とても肌触りの良いもので、スリスリしたくなるくらい。
生地もストライプになっていて、通気性もいいので、熱がこもることもなさそうだし、
ネックウォーマーとして使えば、首に生地が溜まるので、程よく風を通してくれるのではないかと期待しています。 

早速使ってみたいと思います! 
twitter
ギャラリー
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 転機は突然に。
  • 迎えの前に。
  • 出張先の朝。
  • 出張先の朝。
  • ノーライド。
  • 週末連チャン。
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ