Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

tikit

tikitのタイヤを交換する。

久しぶりにtikitネタ。

tikitは通勤用で、毎日乗っているわけですが、タイヤが相当消耗しているのを見て見ぬ振りをしてました。

でも、パンクが多くなるし、歩道の段差を乗り越える衝撃も強く感じるしで、流石にタイヤを交換した方がよかろうと重い腰を上げることに。

新しいタイヤは、シュワルベのマラソン。
使っていたコヤックよりも耐久性が高そう。

新旧を比べてみたら、こんな感じ。

溝がツルツルになっているのはもちろんのこと、ゴムの高さも相当低くなってる。
これじゃあ段差でリム打ちしやすくなるわ。

というわけで、キリッと引き締まりました。

走行感も大幅に改善。
やっぱりお手入れは大事ですね。

最初で、最後。〜東九州道を駆け抜けろ〜

DSCF6447

首都圏では北陸新幹線で盛り上がっているところかと思いますが、こちら大分は東九州自動車道で盛り上がっています。
東九州自動車道の佐伯と蒲江という2地点を結ぶ工事が終わり、来週開通します。
これによって、ようやく大分と宮崎間が全線開通することになるんです。

インフラ後進地域の東九州では、待ち焦がれた高速道路の開通ということで地元での熱が上がっていて、色々な催し物が開催されています。

その一環として行われたのが、開通前の高速道路上でのイベント。
ウォーキング、ランニング及びサイクリングを楽しもうというもの。
サイクリングはタイムトライアルとファンライドに分かれています。

そんな最初で最後の貴重な機会を逃すわけにはいかないと、参加してまいりました!
天気があいにく過ぎたので、直前まで参加するか迷っていたんですが、雨も小雨だったし、終わってみれば大満足でした。


各部門で合計4,000人以上がエントリーされたようです。
サイクリングでは、TTが100人、ファンライドが1,000人だった模様。

走ったコースはこんな感じ。
見事に高速上を走っていますね。



受付の佐伯市総合公園には、地場の食が楽しめる出店もたくさんあってお祭り気分の醸成に一役買っていました。
DSCF6399

 
スタート前に無料で振る舞われたゴマだしうどんで腹ごしらえ。
ゴマだしの風味がおいしい。
DSCF6398


スタート地点に移動を開始。
高速道路上の地点までズラリと並びます。

道路情報を表示する電光掲示板にも、イベントならではの表示が。
素敵なおもてなしですね。
DSCF6404


係員に誘導されて、いよいよ高速道路へ。
DSCF6409


人数が多いので、ある程度の人数ごとに順繰りに出発していきます。
ローディもいれば、MTBもリカンベントも、ママチャリもお子さんもいて、みなさんが色々な形でイベントをエンジョイされていました。
DSCF6413


あいにくの天気で、小雨が降り続く中でしたが、走り始めると気持ちいい!
クルマに邪魔をされない、舗装がキレイな道路を思う存分に走れるのは最高ですね。

山中を突っ切っているのでアップダウンはありますが、そこは高速。
斜度も4%程度までとなだらか。
DSCF6421


反対車線には、TT参加者がアスファルトとの摩擦音だけをさせながら、かなりのスピードで通り過ぎていきます。
いやぁ、TTバイクって格好いいですね。
このコンディションだと、TTはめちゃくちゃ気持ちいいだろうなぁ。
うらやましい。
すぐに定員が埋まったのも納得です。

途中、宮崎が表示されている看板で記念撮影。
いやぁ、つながりますね。
BlogPaint


トンネルも多かったですが、当然キレイそのもの。
トンネル内の路面はコンクリートなんでしょうか、白っぽい舗装でした。
BlogPaint
ファンライドなので、tikitで参加しました。 


そうそう、tikitにEdge1000jをつけていったんですが、センサーは付けていないので、トンネルでGPSを捕まえられず、スピードと距離は計測されませんでした。
DSCF6446

トンネルを出たあとで、自動的に距離を補正してくれないかなぁと淡く期待したりしましたが。
Garmin Connectでも、高度は補正されますが、距離はそのまま。
そりゃそうですよね。
GPSログを残すのが目的なので全く問題ないんですが。


そうこうしているうちに、折り返しの蒲江まで近付いてきました。
蒲江は県境にあるまちで、今年度の芥川賞受賞作「九年前の祈り」の舞台になったところです。
DSCF6431


折り返し地点では、何かが振る舞われていましたが、
行列が長かったのでもらわずに出発。
DSCF6434


同じ道の折り返しですが、看板の行き先が大分方面になるだけで、なんだか新鮮。
DSCF6437

集団もばらけていて、ほぼ高速を独り占めな空間を満喫できました。

そして、あっという間にゴールに到着です。
DSCF6443


戻ってきたら、300円のバウチャーを使って空腹を満たします。
チキン南蛮にぎり、なるご当地おにぎりを発見。
肉巻きおにぎり発祥の宮崎っぽいおにぎりですね。
DSCF6450


高速が開通することで、「東九州」としての機運が高まるといいですね。
妻の実家にも帰りやすくなるし、いい時期に大分に来たなぁ。

ジテツウとカバン。

ジテツウをされている皆さんは、バックは何を使われているんでしょうか。

大分に来てから、初めてのジテツウを楽しんでいるわけですが、その際のバック選びって結構悩ましいですね。

手持ちのカバンの中から、最初はKnogのメッセンジャーを使っていました。
自転車にはピッタリで都合がイイんですが、デザインがスポーティなのでスーツに合わないのが難点。
それでもクールビズの期間中は、服装自体がカジュアルなのでそれでも違和感がないんですが、冬になってネクタイまで締めるとやっぱり気になる。

次に使ったのが、TUMIのショルダー。
バリスティックナイロンの定番品です。
スーツに合うし、ショルダーストラップを短くすればカバンが前にきづらいしで、調子良かったです。
でも、そのストラップでスーツの上着がよれてしまい、シワになっちゃうのがたまにキズ。

次に考えたのが、オシャレなメッセンジャー。
レザーを使ったものだとスーツに合うし、ピッタリなんではないかと。
手持ちにないのでネットの波で泳いでいたら、こんなかっこよさげなやつが。

これとか(Lorinza)
2014-11-18-22-31-53


これとか(Porter Zoom)
2014-11-18-22-48-19


ツマにお伺いをたてると、「スーツがヨレる点ではメッセンジャーでも一緒だよね」と。
そして、「だったらバックパックがイイんじゃない?」と。

バックパックは一番スーツに合わないし、ちょっとスーツにバックパックってどうなの?と思っていたので選択肢に入れていなかったわけですが、確かにスーツはよれないし、両手は空くしジテツウにはメリットが多いです。


そこで所用で東京に帰った時に、伊勢丹メンズ館にて出会ったんです。
2014-11-18-21-16-58


Master Pieceという日本のブランドで、Densityという商品です。
ブリーフケース、ショルダー、そしてバックパックの3Wayです。

懸案のバックパック姿も意外とイケてます。

アウトドアな素材を外側に使っていて雨にも強そうですし、そうでありながらビジネスにも違和感のないカッコいいデザインです。

いい買い物が出来ました。
さすが伊勢丹メンズ館。

これで寒い中でのジテツウが楽しくなりますね^ ^

tikitで自転車通勤。

大分での家が職場から近いので、夢の自転車通勤をしてみることにしました。
ジテツーってやつですね。


相棒はtikit。
あまり出番がないですが、通勤で使えばもっと乗ってあげられます。

記念すべき初日、往路は気持ち良く到着。
歩きよりも景色が早く流れて気持ちイイです。

さて帰ろうかとした復路、tikitにまたがるとイヤな違和感。
なんと前輪がパンク!

仕事中に何が!?
あいにく修理キットも持ってきておらず、トボトボと歩いて帰るハメに。

見事に出鼻を挫かれました。

帰ってから、パンク修理。
何気にtikitでのパンク修理は初めてだったり。
2014-08-28-22-24-27


16インチは修理がラクでしたが、パッチがうまくいかず、空気を入れるとこんな具合に。
2014-08-28-22-35-31


なんか、膨れちゃってます。
なんでこうなっちゃったんだろうか。。
空気も徐々に漏れてきちゃいます。

面倒なんで、新しいチューブを投入することにしました。

本格的な自転車通勤は、来週からかな!

豊後竹田駅から大分市内へ。

大分での最初の週末は三連休。
貸家に入って、ホテル住まいを脱出です。

陸送されて来たセレナを受け取ったり、当面の荷物を荷ほどきしたり、掃除をしたりと慌ただしく過ごしてました。

が、天気の良い週末に走りに行かないのももったいないということで、ちょっとした遠征に行ってみることに。

tkitなので、ハードな高低差はツライ。地図を眺めた結果、豊肥本線という大分駅と熊本を結ぶ路線に輪行して、豊後竹田駅から大分市まで戻ると、約60kmで
ちょうどいい塩梅になりそうなことが判明。

早速大分駅までtikitで向かいます。
豊肥本線は、2編成のディーゼル車。
なかなかの趣き。
2014-07-21-12-09-48


久々のtikitでの輪行です。
さすがに楽チンです。
車内も十分なスペースがありました。
2014-07-21-12-12-31


大分駅を出発すると、スグにこんな眺めに。峠へのアクセスが格段に良くなりそうですね。
2014-07-21-13-00-45



終点の豊後竹田駅に到着。
大分県竹田市は、滝廉太郎が住んでいたことがあるそうな。
2014-07-21-13-32-11


駅前でランチを食べた際に、お店のおばちゃんに聞いたら、国道がアップダウンがなくて走りやすいと教えてもらったので、57号→10号をつないで帰ることに。

水路と豊肥本線を見上げるポイントがあったり、
2014-07-21-14-08-54


長閑な景色を楽しみながら、鉄道で稼いだ位置エネルギーを放出していきました。
2014-07-21-15-13-24


大分市内に入ると、さすがにクルマの量は増えてきましたが、それでも東京とは比べるまでもない水準。
2014-07-21-15-34-57


大分暮らし、楽しめそうです。







twitter
ギャラリー
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • 宮崎の聖地へ。
  • 宮崎の聖地へ。
  • 雨のち荒平山。
  • 新しい相棒来たる!
  • 新しい相棒来たる!
  • 2週連続のチーム練。
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ