Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

小物

光学式心拍計を導入。

ちまたでは、Garmin Vivosmart HR が流行っているようです。
色んなブログにも度々登場してますし、ワタクシの周りでも導入した人が結構います。

チチバンドからの解放についてはFenix3を買った時に自分なりに整理して、自分には特に必要ないと思っていたんですが、これだけ目につくとやっぱり気になる。笑

でも、いくらGarmin製品好きとはいえ、Fenix3とVivosmart両方持つのは、如何にも無駄だし、だったらFenix3 HRまで待てば良かったということになっちゃいます。

でも、光学式心拍計はやっぱり頭から消えない。

そんななかで浮上してきたのが、光学式心拍計だけを導入するプラン。

Garminでそれに特化した製品をつくってくれていれば良かったんですが、あくまでプラスアルファの機能。

そうなると、選択肢はこれだけでした。

mio linkです。
このmioシリーズもいくつか種類があって、付加機能がついてるモデルもあるんですが、linkは光学式心拍計に特化したモデル。

ディスプレーもありません。
充電や心拍に関するステータスは、1つのLEDライトだけで表示するシンプルさです。

ワタクシはこのシンプルさが気に入りました。
これなら、Fenix3とも被らないし、導入コストも抑えられる。

ちなみに、使い続けるか分からなかったので、ヤフオクで落としてみました。

+++ +++ +++ +++ +++ +++ +++

早速付けてみます。

まず、数値の精度を図るべく、チチバンドをedgeに、mio linkをFenix3につなげてみました。

ほぼ同じ数値を示しています。
これなら、今までと同じ感覚で使えそうだと判断しました。


チチバンドからの解放については、特にランニング時に効果を感じました。

ランニングって上下運動で、バイク以上にチチバンドがズレやすいんですよね。
走ってる途中に、チチバンドをたくし上げるのは何だかなぁと思っていたので、助かります。

バイクの時も、特にダンシング時にズレたりするので、ズレるかも!?と余計な気を使わないで済むのは、やっぱり楽ですね。

ただ、Fenix3と併用すると両腕にバンドが巻かれる状態になるのがアレですが。。


それと、付け方にも工夫が要りそうです。
安定的に計測させるためには、少しキツめに巻くのと、手首の表より裏にLEDライトをあてる方が良さそうです。
そうしないと、タマにデータが飛んだりします。


というわけで、ナンダかんだとワタクシもチチバンドから離れてしまいそうな気がします。

晴れの3連休なのに。。

世の中は3連休。
でも、不幸にも3連続で仕事。。

そんな連休に限って、気持ちのいい晴れ間が拡がるという皮肉。

心に溜まった澱を取り除くべく、出勤前にローラーしました。
 

ちなみに、負荷装置を付けてみてます。

付ける前は、1番重いギアにしても物足らなくて、全然心拍が上がらずに、トレーニングとしての効果を疑う状況でした。
でも、この負荷装置でギアを3枚軽くしてもツラくなりました。

おかげさまで、いいトレーニングになってます。

それと、ミノウラの防音パッド。

隣の部屋に音が響くようなので、敷いてみました。
結構効果があるようです。


ローラー環境は整えてますが、やっぱり天気のいい休日には実走したいですよね〜。。泣
 

Edge1000jのバッテリー対策。

使い始めると、やっぱり高機能で便利なGarmin Edge 1000j。
でも、やっぱり電池の持ちが悪い。

これまでの実績からすると、
・ナビ機能不使用→10時間ほど
・ナビ機能使用 →7~8時間ほど
になりそうな印象。

朝から夕方まで走ろうとするとカラカラになるような減り具合です

なので、ロングツーリングに連れ出すにはモバイルバッテリーが必要だと思います。
ただでさえ荷物がかさばるのがいやなのに、追加の重量増は避けたいところ。
いま持っているのが5,000mAhくらいのやつなんですが、それなりにズッシリ。

1000jのバッテリー容量は5,000mAhもないでしょうから、400kmとか600kmのブルベだったら必要かもしれませんが、日帰りだったらほどほどの容量で必要十分だと思います。
つまり、重すぎということ。

もっと軽いやつがあれば気軽に持っていけるのになぁと思いつつ、近所のK'sを物色。
(大分はヤマダよりもK'sの方が品揃えが良くて元気です。)

そしたらイメージにぴったりのやつがありましたよ。



まず、軽い!
55.4gしかありません。
(カタログ値が57gなので優秀です。) 
DSCF6393

そして、薄い!
厚みが4.8mmしかありません。
ジャージのバックポケットに入れても全くかさばらなそう。

さらにポイントが高いのが、マイクロUSB端子がキレイに収納できること。
写真の細長いコードの先がUSBとなっていて、コードを本体に沿わせながら収められて、端子収納もスッキリ収納されるようデザインされています。

つまりUSBコードを別途持ち歩く必要がなく、込み込みで55.4gということ。
なかなかツボを押さえた商品です。

1000jはマイクロUSBなので、充電が少なくなってきたらこのモバイルバッテリーで給電できます。
 
走りながらの給電をするのであればスティックタイプにして、ライトホルダーを活用してハンドルバーにぶら下げるのがいいんでしょうが、万が一の事態に備えてバックパックに忍ばせておくのに、ちょうどいいですね。 


これでEdge1000jのバッテリー問題は解決ということにしよう。
となれば、バッテリー持ちに秀でるEdge500jの出番はない、かなぁ。 

貼ってて良かった!表面保護テープ。

洗車無精なワタクシ、久しぶりに洗おうと695をひっくり返すと、目を疑う光景が!

IMG_4724


ま、まさか、、キ、きず、傷っっ!!

右側のチェーンステー下の真ん中辺りでしょうか。
ハッキリと傷が付いているのが確認できます。


そしてもう一箇所、ホイール側にも気になる汚れが視界に。。
IMG_4723


こちらにも、キ、傷!!!
しかも、最初のよりデカい。。 


なんてことでしょう。
いつ付いてしまったか分かりませんが、石を跳ね上げて付いてしまったものと思われます。


。。

。。。 

激しく落ち込むワタクシ、、

となるはずでしたが、転ばぬ先の杖とは正にこのこと?、
ワタクシはこれを貼っていたんです!

バシっ



恐る恐るテープを剥がしてみると、、


IMG_4735


なんと!
フレームは見事に無傷です!! 

素晴らしいですね。
さすがに、「表面保護テープ」をうたっているだけはあります。
感謝、感激、雨、アラシです。


剥がしたテープを確認してみると、、
IMG_4729

結構な被害です。
片方は完全に穴が空いてしまってます。
これ以上の衝撃だったら、1枚では足りなかったかもしれません。


いやぁ、ホントに助かった。
1週間ほど精神的ダメージを引きずるところだった。

テープを貼ると見た目が悪くなる(完璧に気泡を消せないので、貼ってる感が否めない)ので、貼る事自体に迷いはあったんですが、もう迷いません!
危ない箇所は貼るのを優先します。


もちろん、剥がした右側のチェーンステーも、
掃除したうえで新しいテープを貼ったのは言うまでもありません。笑 


ありがとう!3M!! 

あなたの汗を受け止めます。

2014-08-29-06-52-12


ローラー用に買ってみました。

汗がフレームに落ちてこないように、タオルやらで拭いてたわけですけど、どうしても防げないやつも。

まぁ拭けば足りるんですけど、ステムに落ちたやつが根っこに浸透しちゃったりすると、塩分がフレームに悪影響を及ぼしちゃったりするとイヤだなぁと思ったり、あまり気持ちよくないですね。

欲しいとは思っていたものの、自分で作れそう(妻に作ってもらえそう)と思っていたので、これまで手を出さなかったんですが、別のブツを通販することにした際に、送料無料にするためにポチっと。

実際使ってみると、安心感が違いますね。
汗からフレームがきっちり守られる感があります。
サドル側は細くなっているので、ペダリングの邪魔になることもありません。

ワタクシの695はLサイズで、トップチューブが56cmと長いので、
○タオル地の長さが足りるか不安だったのと、
○エアロハンドルで幅が広い分、固定するマジックテープが足りるか不安でしたが、
少しギリギリなものの、問題なく使えました。

タオル地がちとペラペラなので、耐久性は心配ですけど、いいアイテムだと思います。
twitter
ギャラリー
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 転機は突然に。
  • 迎えの前に。
  • 出張先の朝。
  • 出張先の朝。
  • ノーライド。
  • 週末連チャン。
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ