Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

近場

明けまして2017年。

明けましておめでとうございます。

年始は初日から外回りに行けました。
定番の荒平山です。

22:11の自己ベストで走れました。
平均パワーも289W。

下山して帰りすがらの平坦路で、思いっきり踏む練習。
エンデューロも意識して、最近、外回りでやってみてる。
絶対にゴールスプリントなんて出来ないけど。苦笑
そしたら、1,074W出た。
初めて1,000Wを超えたぞ。

これまで下ハン持って、ダンシングしながらのトルクのかけ方がよく分からなくて、自分でもチグハグだよなぁと思うほどだったけど、なんとなくスムーズに出来るようになった気がする。

なかなかイイ感じです。
幸先のよいスタートになりました。

今年も安全にロードバイクを楽しめますように。

大分での走り納め。

クリスマスから妻子は宮崎に残して来たので、2016年の最後の週はお一人様。
久し振りの独り暮らしは、気楽だ。
何と言っても、自分で時間をコントロール出来る。

仕事納めの日、仕事が午後からしかなかったので、時間給をもらって外回りに行くことに。
大分では久し振りだ。
銭瓶峠と迷ったけど、九六位峠に行くことに。

1本目ではコースをうろ覚えで、不完全燃焼で終わってしまったので、そのまま下って2本目。
10分半前後で、296Wと299W。
2本目で上げられた。

お寺の方までもう少し登って、グルっと回って降りた。

そうそう、Bontも実走で初投入。
2時間半走ったけど、変な痛みもなく、硬さを意識し過ぎることもなく、いい意味で普通に走れた。
なんとなく、甲から爪先にかけての締め付けが心許ない気がするけど、パワーが逃げている様子もない。
もう少し様子見が必要ですね。

年末は宮崎だから、大分では走り納めだ。


1ヶ月振りの外回り。

クリスマスを過ごしに、宮崎に里帰りをした。
ということは、外回りのチャンス。

さらに、S-Works Romin Evoも初めての実走。

家族の理解をもらって、いざ出動。
ここんところ荒平山ばかりだったので、久し振りに椿山に行ってみることに。

風を感じて走れるのは気持ちがいい。

Romin Evoもいい感じ。
特にダンシングで積極的に車体を振ろうという気持ちになる。
調子にのって必要以上に振ってしまう。

距離が伸びてくると、少し違和感。
オケツが沈み込む感覚があって、腰が立ちすぎてる感じがする。
サドル先端が上向き過ぎて、ウェーブが前上がりになっていると判断。
サドル後端部と先端部を水平になるようにセッティングしたのが不味かったかな。


椿山に到着。
距離は荒平山よりも長いけど、斜度は緩やかで登りやすい。

前乗りになると、先端部がオケツに当たり過ぎる感じがする。
SMPで感じたのを軽くしたような。

違和感を感じつつも、頂上に到着。
気持ちよく登れました。


帰ってから、サドルのセッティングを変更。
ネット情報では、サドル中央部と先端部を水平にするとなっていた。
なるほど、納得。
これならオケツの沈み込みも、前乗り時の刺さり具合も軽減される。

次の外回りが楽しみだ。

ウェーブなサドルでお尻が喜ぶ!?

大きなパワーを出すことが課題だと認識したワタクシ。
三本ローラーで落車しない程度にもがいている時、どうもお尻が安定しないのが気になった。
なんかパワーが逃げている気がして気持ちが悪い。

そこで、サドルを変えてみることに。
Sella SMP Drakon。
以前チームメイトのOさんから借りて、そのまま譲って頂いたもの。

後ろが反り上がっているので、お尻が安定するんじゃないかと期待して。

乗ってみると、やはりお尻は落ち着く。
特に下ハンを持った時のサポート感みたいな、お尻を面で支えてくれる感じがするのが好印象。
お尻が喜びました。

コレはイイかもと、試しにヒルクライムでも使ってみた。
長い距離での前乗りではどう感じるのかを改めて調査したかったので。

向かったのは、宮崎市の荒平山

前後にウェーブしているので、前乗りでも後ろ乗りでも、盛り上がりが支点になってくれてペダリング時に力が込めやすく感じる。
フラット形状よりもイイかも。

自分の乗り方では、前乗り時に坐骨をレールに押し当てている形になり、ただ時間が経過すると痛くなることが判明。

前方部の盛り上がっているところに上手くお尻を乗せられると、前乗り時もサドル高が変わらなくていいというレビューも見るけど、ペダリングサドルレールに坐骨を押し当ててペダリングする感じになってしまい、ダメみたい。

SMPは平地メインが良さそう。
てことは、西都原で使うにはありでしょうかね。

でも更に考えれば、もう少しウェーブがユルいサドルだったら、オールラウンドに使えるんではないか?
う〜ん、また沼のフチに立ってしまった気がする。。

実走でのトレーニング意識。

またまた宮崎へ。
時間をもらったので、お外に。

平坦も走ってみようと、河川敷のサイクルロードに行くも、前日の大雨で水が溜まっていて走りにくい。

一般道を走っても、段々とクルマも信号も少なくなるんですが。

実走だと一定以上のパワーを出しづらい。
赤信号につかまるし、クルマとの駆け引きもあるし。

だけど、パワー値とタイムを見ながら、交通状況に応じて出力すると、チャンとトレーニング出来ることも分かった。

700W × 30sとか、
300W * 3minとか。
かなり周囲に気を使うけど。

最大限踏んでみたら、830W。
1,000W出る人ってスゴイですね。

結局1時間20分も乗れて、暗くなる前にサクッと帰ってきました。
twitter
ギャラリー
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • タイヤコウカン。
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ