Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

クランク

クランク長がケツの外側痛に影響していた件。

ずっとケツの外側の痛みが取れないままで、バイクに乗る気持ちが薄れてきてました。
トルクをかけてペダルを回すと、続けられないほど痛みがひどくなっていく状況なので、仕方ありません。

当初は壱岐の後遺症が続いているだけかと思い込んでいましたが、3週間経つのに改善されないのはおかしい。
でもこの状態が続いたらマズイと思い、色々とポジションをいじっていました。

最初は、サドル高の変更。
壱岐前にクランク長を172.5mm→175mmにしたので、2.5mmのスペーサーを抜きました。 
クランク長の変更分を差し引きしたつもりですが、これでも痛みは出ました。

次に、クリートのQファクターの調整。
左右のクリートを交換して、 Qファクターを狭くしてみます。
以前記事にもさせて頂きましたが、54.3mm→51.7mmに変更できます。
ついでに、気持ち外向きに傾けてみました。(左右のメモリで3.5と4.0の位置)
でも、 これでも痛みは治まらず。

これまでずっと発生しなかった部位の痛みですから、以前のポジションなら問題ないはず。
だとすると、やはりクランク長の変更が原因の可能性が大。
172.5mmに戻してみました。
併せて、クリート位置も傾けはそのままにして、Qファクターを元どおりに。


するとどうでしょう!
不思議と痛みが出ません!!

ケツの外側にかかっていた負荷が、ケツの下側から裏モモ側にかかるようになって、トルクをかけたペダリングをしても痛みが気にならなくなりました。

あぁ、原因はクランク長だったのか。。
もしかしたら、壱岐での攣りまくり事案も、こいつが!?

先日立ち読みした本には、「クランク長は脚の長さよりも、足首の柔らかさや股関節周辺の柔軟さが強く影響している」旨の内容が書いてありました。
だったら、身体が固すぎるわたくしには175mmは長すぎるのも納得。


痛みの心配をせずに走れるって、本当に素晴らしいですね。
あ〜、ホッとした。
 

クランク長を175mmへ。

壱岐サイクルレースに向けて、不安と期待が入り混じっているところですが、
より良いポジション追求のため、クランクの長さに手をつけてみました。 

これまで、というか5年くらい前に初めてロードバイクを購入した時から、
クランクの長さは172.5mmでした。
Tarmacから695にフレームを変えてもクランク長は変えず。

特に不満はなかったので、冒険する気も起きませんでした。

でも、ワタクシの身長であれば175mmでもいいのではないかというコメントをチームメンバーからもらうにつけ、「だったら変えてみようかな」と気変わり。
人から言われるとその気になるもので。笑 

週末に湯布院ライドに参加するのにまとまった距離を走るので、
前日に長さ変更に着手しました。

695についてくるZED2クランクは、工具を使って170、172.5、175の3つの長さに変更することができる優れものなんです。

ペダルを外すと、3つの数字が見えます。
DSCF6928


この部分に、3角形のウスとシムがあり、これの向きを変えて挿入することで長さが変わる構造になっています。
DSCF6931

ウスが固着していて取るのに苦労しましたが、無事に変更完了。
DSCF6932

湯布院ライドで調子良ければ、175mmで壱岐に突入したいと思います。 

 
twitter
ギャラリー
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • 宮崎の聖地へ。
  • 宮崎の聖地へ。
  • 雨のち荒平山。
  • 新しい相棒来たる!
  • 新しい相棒来たる!
  • 2週連続のチーム練。
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ