ハンドル周りをいじった際に、バーテープを変えました。
使っていたDedaのカーボン柄のが滑りやすかったので。

新しいお供はこれにしてみました。
 

fizikのパフォーマンスクラシックのクロです。
滑り問題については、グローブの新調によって解消されたので、質感と見た目重視で選んでみました。 


自分で巻くにあたってチャレンジしたのが、Cinelli Ram Biancaをもう少し露出すること。

これまではハンドルのカーブを覆うような感じで、正面のCinelliがギリギリ出るくらいでした。 
DSC03707



今回は、ブラケットギリギリまで巻くことにしました。
見た目の観点からエンドテープを使いたくなかったので、逆巻きにしてみてます。
これは初チャレンジでしたが、結構うまく行きました。
IMG_4798


Cinelliの文字もスペース十分です。
横のラインが強調されました。
IMG_4820
 

こうすると、使用するバーテープの長さが必然的に短く済むわけなので、半分だけ使ってみることにしました。
2つ入っているバーテープの1つだけ取り出して、それを半分に切って使いました。
結果的に、写真の位置からで長さ的にギリギリでした。

同じバーテープを2倍長く使えるわけなので、なんだかお得な気分。 
使わなかった方は大事に引き出しに仕舞われました。