Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

レース

西都原エンデューロ完走!

エントリーしていて、参加できるかどうかは子供次第だった西都原エンデューロ。
ツマの寛大さにより、無事に参加できました。

レースは正に去年のこの大会以来の1年振り。

当日は、最強寒波が訪れるメチャクチャ寒い日になってしまい、宮崎でも氷点下の朝。
寒すぎて、到着しても車から降りられないくらい。苦笑

久しぶりなので、どう準備したらいいかイマイチ分からず、うだうだしつつ、試走を2週くらい。

目標は先頭集団でゴールすること。

スタートすると、結構なスピード。
1周5分半を切るくらい。
昨年のイメージでは、6分が目安かなと思っていたところ。

なので、付いていくだけで、結構脚を削られる。
どこまでいけるか、ちと不安になる。

集団のなかにいても、決して楽ではなく、ポジション取りのための細かい加減速や、カーブ毎のラインキープに相当脚と気を使う。

特にカーブでのラインキープが自分が意外と出来ていないことが分かった。
普通に走ってるつもりが、結構ラインがズレてしまう。ハンドルに力を込めてラインを補正するような感じ。
今後の課題だな。

悔いるのは補給。
スタート前にも多めに食べたけど、4時間半も走るから補給は必要。
ジェルをバックポケットに入れていたけど、集団で走りながら食べるのは難しいと感じていた。
一方で食べてからエネルギーになるまで時間も必要だし、早めの補給をした方がいいよなぁと、1時間回った辺りのバックストレートでジェルを取り出してみた。
でも、キャップを回して外すのに予想以上に手間取り、気付いたらトレインから取り残されるという自体。

元々、脚も余裕がなかったこともあり、追い付くのが難しくて、徐々に離されてしまう。

残念ながら、そこでレースは終了。

チギれると途端に寒波に襲われる。
これが寒いのなんの。

体力と気力が削られていくのが分かる。

ペースの合う数人と回したりするも、チームの人がピットインしたりで、長続きしない。

結局お独りタイムが長くなってきて、余計にツライ。

3時間超える頃には、ピットインして休みたい自分と、せめて完走しようという自分が常に闘ってる状態。

しかも、補給食もなく腹が無性に減ってきて、ハンガーノック寸前に。
全然ペダルに力が入らない。

ドンドンとペースが落ちていくなか、ゴール地点の時計ばかり気になる。

フラフラしながら、完走だけは果たした。

結果、172人中60位チョット。
37週で140.6kmでした。


寒くて、お腹減って辛かったけど、完走出来たことは収穫。
ここんとこ30分しか乗ってないので。

相変わらず、Corima & Attack/Forceの組み合わせは最高でした。


そして最後にプチトラブルが。
帰りに寄ったコンビニで、間違ってツーランを捨ててしまったのです。


まだ半分以上残っていたのに。。泣
同じのを買うのはシャクだから、Mag-on試してみようかな。

自分の弱点を知る。

エンデューロレースにエントリーしたので、それに向けたトレーニングをしていきたいと思ってます。

昨年参加したエンデューロレースであるオートポリスでの反省は、必要以上に落車を恐れずに、先頭集団に残ること。

この点は、自分のハートとの闘いになりますね。

あとは一般的に、強度の強弱が激しいので、インターバルのトレーニングが必要と認識してます。

ということで、ZwiftのWorkoutでインターバルをやってみました。

The Wringerというもの。
FTPの2倍チョットを30秒間+レスト2分半のセットをたくさんやるもの。

ワタクシの場合、520Wを出す必要があるんですが、これがホントにツライ。。

最初の5本くらいを越えると、もう脚が言うことを聞いてくれなくなるし、心拍も絶え絶え。

10本を越えると520Wを出すのが難しくなって、もうフラフラ。

こんな調子でメニューを完遂出来ません。


また、別のメニューで780Wを10秒というオーダーにも応えられないこともありました。
(これには三本でもがけないという要因もあり、負荷を重くしました)


これは軽くショック。
それだけ自分の脚はインターバルとか、瞬間的な大きい出力に弱いということだと理解しました。

少しでも克服してレースに臨みたいものです。

エントリーだけ。

トレーニングを続けるには、やっぱり目標が必要ですね。

コマ切れで乗れる時間は増えてきたところ、乗れるだけで嬉しかった時期は過ぎてしまい(ワガママだけど)、目標が欲しくなってきました。

そこで、ダメもとで相談。

結果、エントリーだけはさせてくれることになりました。
もちろん子育て優先で、DNSありきで。

それは、年明けの『西都原4時間耐久エンデューロ』です。

昨年2人チームで出場して、初めての表彰台に乗った想い出のレースです。

宮崎市にも近いし、野菜もたくさん持って帰ったし、ツマの覚えも良かったのも奏功しました。

これで、モチベーションも維持出来そう!

高千穂の代わりに銭瓶。

結局、高千穂ヒルクライムはDNSでした。
おむつ替え→授乳→ゲップ出し→寝かしつけのインターバルを、エース兼コーチの妻が頑張っているのに、アシストの自分が家を半日も空けるわけには、さすがにいきませんでした。

とはいえ、そんなアシストを可哀想だと思ったのか、コーチが土曜日に小一時間フリータイムをくれました。 

それならば!と、子育て前のトレーニングの成果を一番計りたかった場所に行くことに。

梼原八幡経由で突入。
銭瓶峠までは脚を温存させたかったんですが、梼原八幡上までセグメントがあるので、つい踏んでしまう。
3分30秒で自己ベスト。
昨年6月の自分に9秒勝ちました。
ライバルがあまり通っていない区間なのか、KOMも頂戴しました。

いよいよ銭瓶峠へ。
Vector導入前は、この峠のタイムで自分のパフォーマンスの指標としていたので、なんだか妙に気負ってしまいました。
自己ベストを出さなければと。

そんな気持ちだったためか、妙に心拍が上がって苦しい展開。
ラップパワーも徐々に下がってしまう。

後半は心拍が170台後半をキープしてしまって、脚は残っているのにパワーが出ない状況。
心拍がボトルネックになるのは自分としては珍しい状況。

でも、貴重なフリータイムでのタイムアタックを無駄にするわけにはいかないと、Sufferfestで後半苦しでいることを思い出しながら、頑張る。

息も絶え絶えにゴール。
13分29秒でなんとか自己ベスト。
去年5月の自分が13分47秒だったので、18秒短縮できました。
ようやく13分半も切れたし、自分としては上出来。

子育てが一段落した後で、目標となるタイムができました。
よかった。
image

高千穂ヒルクライム試走。

宮崎からの帰りがてらに、高千穂まで。
ヒルクライムレースの試走をしてみた。

もう1年経ったのかと思うと感慨深い。
あの時は家族が増えるとは思ってもみなかったな。

ショートコースのゴールまでを前半と考え、ペース配分を考えてみる。

前半は、アベレージ257W。
まずまずの入りか。

後半は、斜度が上がるにつれて気持ちが垂れそうになるけど、アベレージパワーがFTPに届いていないのを確認し、全然出し切れていない!とモガく。
激坂区間でアベレージが上がってきて、フィニッシュ。
結局257Wだった。

タイムは、去年のレースタイムを20秒ほど上回って自己ベスト。
42分ちょっと。
FTPまで出し切ればもう少し出るかな。

もう1本走ったけど、こちらはコースの確認んをメインに。
フィニッシュまでのカーブの数を数えておく。

あとは、参加できるかどうか。
ギリギリまで分からない。
twitter
ギャラリー
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • 宮崎の聖地へ。
  • 宮崎の聖地へ。
  • 雨のち荒平山。
  • 新しい相棒来たる!
  • 新しい相棒来たる!
  • 2週連続のチーム練。
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ