Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

サングラス

偏光レンズはストレスフリー。

ハワイ島旅行で手に入れた、Rudy ProjectのMagster。


何回かロングライドで使いましたが、とっても使い勝手がよくて感心しています。
一番のポイントは、とにかくストレスフリーであるということ。

先週日曜日の朝の天気は、曇りでした。
そして、昼前から太陽が顔を出して陽射しが強くなったり、雲に隠れたりの繰り返しでした。

まさにこんな天候の時に威力を発揮するのが、偏光レンズ。
要はかけっぱなしで済む、ということです。
しかも、見え方は常に一定です。 

ワタシがこれまで使っていた、Rudy Project RydonのRacing Redだと、周囲の光量に応じて眩しくなったっり、見えにくくなったりします。
ホビーライダーは我慢すればいいレベルなんでしょうが、それでもチョットした我慢の時間を強いられます。

あぁ、ちょっと眩しいなぁ、とか、なんか見えにくくなってきたなぁ、とか思う時間があるわけです。


それが偏光レンズだとありません。
常に視界の明暗の程度が一定です。

これが意外とストレスフリーで心地よいです。
ふとした瞬間に、その恩恵に気付いて、あぁ偏光レンズっていいかもと感じてます。


数年で効果が薄れていくと聞いているので、コスパの面で導入を躊躇していましたが、この調子だと次回買い替える時も偏光レンズを選択しそうです。。

なるべくMagsterを大事に使おっと。
 

サングラスを新調。

サングラスって、サイクリストには大事ですよね。

今はハワイで格安で手に入れたRudy Project Magsterの偏光レンズを使ってます。
偏光レンズ自体にはとても満足しているし、Magsterも大きな不満もなく使ってます。

ツルとヘルメットの後ろ部分が少し干渉していて、少しズレてきやすい気がしますけど。

必要に迫られているわけではないのに、新しいサングラスを買いました。
OGK KabutoのCORAZZA-IIです。 


博多のウエムラサイクルパーツで何気なく試着した時に、顔への収まりにビックリ。
ノーズパッドとかレンズのカーブとかが、平たい顔族のワタクシにちょうどいい。
さすが日本のメーカーですね、平たい顔族を良く知ってらっしゃる。

価格もOakleyやRudy Projectに比べたらお安い。
レンズも計3枚付いてきて、交換も簡単。
DSCF7626

個人的にはクリアレンズがうれしい。
日が落ちた時は、偏光レンズでも少し暗いのでクリアが欲しかったところ。

実走で使ってみても、収まりがいいのでズレてきません。
レンズも歪みもなくて、視界がクリアです。
全然違和感ありません。

違いが分からない男だけかもしれませんが、高いレンズとの差が分かりません。。


身に付けるものは、必ずしも値段やブランドが重要ではなく、自分にフィットするかが大事だということを思い出させられました。
 

ストレスが導くもの。

日曜日。
あなたも自分の時間が必要よね、とコーチに言われてもらった1時間のフリータイム。

喜び勇んで、2週間ぶりのローラーを開始。

40分後。
「ムスメが泣いちゃうから、止めてもらっていい?申し訳ないけど。。」
とのオーダー。

これから追い込もうというタイミング。
指示には従う。

しかし、気持ちでは分かっていても、落胆は隠せない。
ストレスがたまってしまう。

そんな心のモヤモヤが向かった先は、、






57







いや、なんだかお安かったものですから。
つい。。 
今週末には届くかな。


やっぱりストレスの発散は、買い物ですね。


JawBreakerも惹かれたけれど、自分の平たい顔にはどうしても似合う気がせず。
Prizm Roadのレンズは使ってみたかったし。

ボード時代も気になりながら使わなかったオークリー。
いよいよユーザーになります。
楽しみ。
 

真夏の憂鬱。

Oakley Radar EVが届きました。
さすがにカッコいい。

でも、鼻の高さが合わない。
やっぱりね。。
平たい顔族だからね。。

というわけで、少しフィッティングに追加の時間がかかりそうです。

ま、ローラーばかりしているので、そもそもサングラスが必要となる場面自体がまだないのですが。

ただ、ドライブで使ってみたんです。
そしたら、レンズの素晴らしさは実感できました。

レンズはPrizm Roadなんですが、なんというか、緑と青がくっきりして景色がよりキレイに見えるようなイメージ。
日差しが強くて、景色が白トビするようなコンディションの時に威力を発揮するような。
白トビを抑えつつ、景色とともに路面をクッキリ見せてくれます。

ライド時に最適だろうなと思うとともに、ドライブでも十分活躍してくれそうですね。

実走で使うのが楽しみです。

+++  +++  +++  +++  +++  +++  +++  +++  +++

そんなローラートレーニングですが、 この時期は拷問ですね。

騒音対策で、ベランダエリアで回しているわけですが、もう暑いのなんの。
汗が滝のように出てきて、脱水症状になりそう。
生命の危険すら感じます。

しかも、その汗にヤブ蚊が反応しまくりで、大量に血を吸いにくるという。。

当然、 パフォーマンスも落ちるわけで、こなせていたメニューがこなせない。
パワーが落ちる以上に、続けられずにDNFをしちゃう有様。
ローラーでDNFなんて初めてだわ。

そうすると、早朝練とかしたくなるわけで。
他の時期以上に、実走への想いが募りますね。 

Oakley Radar EV w/Prizm Road 独り言。

先日の久しぶりの実走で、オークリーのRadar EVも実走投入できました。

結論からすると、とってもいい感じです。

何と言っても、レンズがいいですね。

景色のメリハリをはっきりさせるので、路面状況が分かりやすくなります。
やはり、日差しが強くて、景色が白トビしちゃうような状況に強い印象です。

それと、直射日光にも強い気がしました。
Rudy Projectの調光レンズだと目を細めるような直射日光の状況でも、普通に目を見開いてました。
意外とこの点が、走行中のストレス軽減の観点ではポイント高いかも。

オークリーが15年の歳月を費やして開発したと広告してるだけのことはあるなと。

+++  +++  +++  +++  +++  +++

ただ、フィッティングには気を使いました。
この手のオークリーは全てそうなっている気がしますが、ノーズ部分は動かせずに、パッドの交換でフィッティングします。
大小2種類のパッドが入っていて、当然大きい方を使う訳ですが、それでもレンズが頬骨に限りなく近付くし、サングラス自体の位置も、前傾姿勢に合わせると少し下かなと。

平たい顔族にはツライ訳です。

そんな訳で、仕方なく、某アイウェアショップオリジナルの、特大ノーズパッドを別途購入しました。

おかげで、かなりフィッティングは改善されました。

+++  +++  +++  +++  +++  +++

【追記】
2回ほど乗ってみて、ズレにくい気がしています。

ヒルクライムでもがいたり、顔を動かしたりするとRudy ProjectやOGKだと前にズレてしまって、ポジションを直していたんです。

でも、Radar EVだとその回数はかなり少なくなりました。
ズレてもないのに、いつものクセでサングラスに手をかけて、あ、ズレてない、と思う場面が何度となくありました。

イヤーソックのカーブと素材が耳周りに上手くフィットしているのが効いてる気がしますが、ノーズパッドのゴムも滑りにくさに貢献している気もします。

なんでゴムパッドだけで調整させるのかなぁと疑問でしたが、それなりに意味はありそうです。

+++  +++  +++  +++  +++  +++

それともう1つ気になることが。。
フレームカラーをウラニウムにしたため、ヘルメットとのカラーマッチングが微妙に。

予想以上に、ウラニウムの存在感がありました。
なんかブラックベースのヘルメットが欲しくなってしまったなぁ。。


twitter
ギャラリー
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • 宮崎の聖地へ。
  • 宮崎の聖地へ。
  • 雨のち荒平山。
  • 新しい相棒来たる!
  • 新しい相棒来たる!
  • 2週連続のチーム練。
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ