Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

メンテナンス

タイヤコウカン。

そろそろヘタってきたタイヤ。

マルが取れて台形になってきているうえに、ケブラーが取れまくってライド中にハブにからまったり。

これまで騙しだまし使ってましたが、ツールド国東に出走するにあたり、両輪変えることに。

前回のタイヤ交換の記録を見たら、2年も前なんだけど、そんなに変えてなかったかな?

ま、ここ1年は距離乗ってないから、そんなもんかも。

タイヤ自体は変えることなく、コンチのGranprix 4000sII。
パンクも少ないし、安定の品質だと思う。
変える気が起きなかった。

サクッと変えて、準備完了。


久しぶりのロングが楽しみです。

Garmin Vectorの取付け。

Vectorの取付けです。
自分のヘマでアタフタしましたが、振り返ると簡単でした。

いいよネットさんのページにリンクされている解説ムービーが非常に分かりやすいです。オススメ。

一つだけ注意があるとすれば、ペダルレンチが必要なことです。
六角ではダメです。
ロード用ペダルの六角で締める場所に、センサーポットの端子がカパッとハマるんです。

なので、ペダルレンチを噛ませるパーツがクランクとペダルの間に必要になります。
その分だけQファクターが拡がります。
ペダルのセッティングにシビアな方は、この点でネガティブになるかもしれないですね。

さらに、トルク管理が必要な模様です。
先人のブログを拝見していると、 両方のペダルを均一のトルクで締めてあげないと数値がブレる様子。
ガーミンもトルク値を指定しています。
しかも、結構高い値なので、新たに工具も購入しました。

これと、

これです。


取付け前に体重測定。
右側。

左側。
0.5g重いです。

 ポッドも。

ポッドには左右はありません。
0.2gの差。

全部で351.5g。
TIME Xpresso12が155gしかないので、196gの増量。
これもネガティブに捉える方はいるでしょうね。


ペダルレンチで指定トルクを守る以外は難しいことはありませんでした。

…と書いておきながら、TIME以外のロードペダルが初めてで、左右のペダルを逆に付けてオカシイ、おかしい、認識されないじゃないか!と騒いでいたんですが。。汗


Edge 1000jへの認識も、(チャンと取付けらば)極めてスムーズ。
Edge上に表示される指示に従って、クランクを回したりすれば、勝手にペダルアングルやクランク長を認識してくれて、セッティングが完了します。



クリートも変更。
初めてのLOOK。
チョットうれしい。

パンクついでにタイヤローテ。

先週末の銭瓶練のあと、壱岐レースに向けたセッティングの相談をしたくて、地元のショップに行ってきました。

ようやくリアギア周りに手を入れようと思っています。

これについては後日エントリーできると思いますが、その帰りに不幸にもパンク。 
IMG_1989
後輪が見事にフラットになってます。。

最近パンクしていなかったのになぁと思ったら、1年3ヶ月振りの模様。 
家から近い場所だったので、ツマにSOSして迎えに来てもらっちゃいました。

んで、自宅でゆっくりとパンク修理。
ちょうどいい機会なので、タイヤも前後をローテ。
チューブも新品に入れ替えました。 


高千穂に向けて、逆にちょうどいいタイミングのパンクだったということにしよう。 

Edge1000jでギア表示〜Di2ワイヤレスユニットをスッキリ取付け

Edge 1000jの目玉機能の一つである、Di2との連携。
ギアやバッテリーの情報が見られるようになります。

 

ファームアップで510でも見られるようになったと思いきや、本国版だけという噂もあり、日本語版での対応は定かではありませんが、1000jでは確実に表示されます。

 

欲しい理由にも挙げたように、ギア情報は魅力を感じた機能ですし、Di2ユーザーの端くれとしては是非欲しいもの。
 

ただし、Di2と連携するためには追加投資が必要になります。
シマノから出ているワイヤレスユニット(SM-EWW01)です。




小さなパーツですが、これで\7,000くらいします。
高いですね。


まあ必要経費だろうと割り切ってポチろうと思ったわけですが、どこにも在庫がない。
アマゾン、楽天から博多のウエムラと、ネットから実店舗まで探したものの、どうやらメーカー在庫切れだそうで。


めちゃくちゃ売れているのか、単につくっていないのか分かりませんが、ないと言われると欲しくなるもの。
アンテナを高くしながら情報収集に努めていたところ、ついに手元にやってきました。

DSCF6338

 

購入したのは、東京のショップ。
普通に在庫していました。

さすが東京。モノの集積が違う。

奇しくも都会と地方の差を思い知らされました。


接続のためには、エレクトリックワイヤーも必要とのことだったので、併せて購入。


重量は合わせて7gほど。軽いですね。

DSCF6339
DSCF6340

これに、ワイヤレスユニット接続用のゴムバンドとシムが付属しています。
DSCF6341
 

取り付けにあたって疑問だったのが、その場所。

マニュアルではリアディレイラーからエレクトリックワイヤーを伸ばして、シートステーにつけるようになっていますし、そのためのシムも付属しています。

Wireless003
Cyclowiredさんよりお借りしました)

 

でも、個人的に見た目が気に入りません。
せっかくワイヤー内蔵なのに、ディレイラーからワイヤーが2本も伸びるのも気に入らないし、フレームが白いので黒いパーツとワイヤーでは余計に目立ってしまう。

なんとかすっきりさせる方法はないもんかと、先人の知恵をお借りしようとしても、そもそも情報が少ないうえ、マニュアル通りに設置されている模様。

在庫切れになるほど売れていたのではないのか。。

でも、海外ではいくつか参考になりそうな情報がありました。
センサーが反応しなくなることがあり、取付け位置とサイコンの距離のせいではないかと疑った方が、シマノのサポート(海外)に電話したら、『シートステーが第一だけど、ハンドルバーかシートチューブでもいいよ』という趣旨のことを言われたとの情報が。

ふ~むと。

日本のサポートだったら言わなそうだけど、これが本当ならジャンクションに共付けできるのではないかと考えました。

実現できたらスッキリするし、試してみる価値はありそうだなと判断し、エレクトリックワイヤーも一番短い150mmにしてみました。
(購入したショップには200mmを勧められました。)


ちなみに、ワイヤレスユニットを購入する際にショップの人にも取付け場所を聞いてみましたが、シートステーであって、ハンドルバーは聞いたことがないとのこと。

いつも皆さまの情報を参考にさせて頂いているばかりのワタクシですが、見た目にこだわるがために、人柱として情報を還元することが出来るチャンスがやってきた模様です。


というわけで、メンテオンチながら自分で作業してみます。
 

続きを読む

黒タイヤにチェンジ。

ちょうど1年くらい前に変えたタイヤ、Granprix 4000。
変えた当初から赤い色がイマイチだなぁと思いながら、もったいないので使い続けてきました。

前後のローテーションもして、だいぶへたってきたご様子。
インジゲーターの穴がほぼフラットになっています。
前輪はもっと減っています。
DSCF6176

ケブラーっていうんですか、外縁部の繊維がドンドンとほつれてきました。
ハサミで切っても他の場所がほつれ始めます。
タイヤサイドにひび割れも見受けられます。
DSCF6177


走行距離にして5,000kmくらいでしょうか。
Continentalも4,859km(細かい!)をインジゲーターがすり減る目安としているようですから、十分に乗り込んだということでしょう。
DSCF6180


 というわけで、ようやく黒いタイヤに交換!
タイヤは同じContinentalのGranprix 4000sです。

Granprix 4000が本当にいいタイヤだったので、変える理由もありませんでした。
何といってもパンクが少なかったです。
ツーリング中のパンクは一度もなかったので、安心感は抜群です。
4000sなので、少しレース寄りになるのかもしれませんが、乗り心地と安心を期待しています。


見た目も引き締まって大満足!
やっぱり黒の方がいいなぁ。 
DSCF6197

 
twitter
ギャラリー
  • 迎えの前に。
  • 出張先の朝。
  • 出張先の朝。
  • ノーライド。
  • 週末連チャン。
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ