最近アクションカムってのが、流行ってますね。

GoProをはじめ、SonyもVictorも発売していて、市場としてもひろがりをみせています。


物欲にまみれたワタシも当然?注目して、検討してみたものの、
気になったのが、連続撮影時間と値段。

本体の重量を軽くしようとしているためか、バッテリーをあまり大きくしておらず、撮影時間がどのモデルも2時間程度。
長距離ライドでは、撮れる時間よりも用を成さない荷物として運んでいる時間の方が長くなってしまいます。

値段も2万5千円以上します。
ワタシにとっては、はいそうですか、と買える金額ではありません。

しかも、一番の懸念は、撮った動画を使いこなせるのか、という問題。
この根本的な懸念を払拭するためには、まず最小限の投資で、自分自身が動画をどのように使うのかを実験することが必要。

ということで、こちらを購入しました。



このマウントに、使い古したコンデジを装着して、動画撮影することにしたわけです。
ハンドル周りは少しゴチャゴチャするのが難点ですが、初期費用が少ないので、気軽に動画の世界に飛び込めます。
DSC01769



これで、何度か撮影をしてみました。
まだ編集とか全く分からないので、公表すべくアップできただけで満足している状態です。
これから勉強していく所存です。

裏和田峠のダウンヒルの模様はこちらです。



当然ですが、写真とは異なる振り返りの楽しさがありますね。
当日の様子がリアルに思い出されます。

荷物が多くなるので、ロングライドに連れて行くのに躊躇するものの、ロングライドに持っていかないといい動画が撮れないというジレンマを抱えつつ、機会を狙って数を増やしていきたいと思っています。