Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

October 2016

トレーニングしないとFTPはどのくらい下がるのか?〜Zwiftで計測

Zwiftを始めるにあたって、やっぱり測らないといかないよなぁと考えたのがFTP。

Sufferfestでも、同じメニューをやった時のキツさが半年前と比較にならないくらい。
子育て集中期間に入ってから、FTPは下がっているのは確実だった。
けど、どのくらい下がっているのを知るのが怖いし、FTP計測ってキツイし、時間ないしで後回しにしてた。

でも、せっかくパワーメーターを持っていて、それを活用したサービスを使うのだから、前提となるFTPを把握するのは基本。

というわけで、重い腰をサドルに据えて開始。
計測自体は、Sufferfest同様、Zwiftにも専用のメニューがあって、指示に従ってこぐだけ。

しかもSufferfestと違って、20分計測までのアップも、クリアすると星印がつくようになっているので、ちょっと脚を温存しちゃおうかなんて甘えたことが出来ない。苦笑

突入した20分計測も、最初は調子よく飛ばすものの、前回ほどの粘りがなく、徐々に数値が落ちていく。

この落ちていく過程はツライですね。
以前の自分が出せていた数値をどうしても維持できないことを突きつけられる状態。

ココロは確実に折れるも、現状の数値を出すことが大事なので、後は自分との闘い。


そして出た数値は、FTP 254。
前回測った3月の269から15ポイント、5.6%ほど下がったことになった。

約7ヶ月で5.6%。
結構な下がり具合だと思ってしまったけど、どうなんだろ?

逆にトレーニングすれば、同じくらい上がるならいいんだけど。

ま、現実は直視しないといけないので、またココからスタートですな。

tikitのタイヤを交換する。

久しぶりにtikitネタ。

tikitは通勤用で、毎日乗っているわけですが、タイヤが相当消耗しているのを見て見ぬ振りをしてました。

でも、パンクが多くなるし、歩道の段差を乗り越える衝撃も強く感じるしで、流石にタイヤを交換した方がよかろうと重い腰を上げることに。

新しいタイヤは、シュワルベのマラソン。
使っていたコヤックよりも耐久性が高そう。

新旧を比べてみたら、こんな感じ。

溝がツルツルになっているのはもちろんのこと、ゴムの高さも相当低くなってる。
これじゃあ段差でリム打ちしやすくなるわ。

というわけで、キリッと引き締まりました。

走行感も大幅に改善。
やっぱりお手入れは大事ですね。

Zwiftを始めてみる。

Sufferfestを辞めたのもつかの間、今度は別のコにちょっかいを出してしまいました。

巷で噂のZwiftです。

もともと興味はあったんですが、iOSアプリでの対応がなく、PCを用意する必要があり、ローラーをする環境に用意出来なかったので選択肢に入ってませんでした。

ちなみに、iOSアプリのベータ版がリリースされるようなので、そろそろ対応するかもなんですが、我が家でノートPCが余り、ローラーにも使えるようになりました。
このため、Zwiftも視野に入ってきた次第。

しかも、パワーメーターと、Antのレシーバーがあるので追加投資なく始められると。

50km/14daysのフリートライアルがあるので、取り敢えずやってみました。

そしたら、やっぱり面白い!

なんというか、踏んだ分景色が流れていったり、他のライダーと競い合ってみたりと、実走感が意外と得られるところがある。

普通の三本ローラーなので、勾配連動はしないけど、同じパワーならチャンと表示スピードは遅くなるし、ドラフティングすれば速くなるしで、芸が細かい。

何より、Wotkoutモードがあって、Sufferfestみたいなトレーニングメニューをバーチャル実走で出来る。

これで同じフィーならSufferfestよりいいんではないかと、スグに課金メンバーになっちゃいました。

FTP計測メニューもあるので、次は計測してみようかと。
どれだけ下がってるか怖いですけど。。

Sufferfestを辞めてみる。

以前ほどローラーが出来なくなって、月に¥1,000払うのがもったいなくなってきた、Sufferfest。

この数ヶ月は、だいだい5回未満なので、一回あたり¥200〜¥300。
高い気がする。笑
しかも最近は、(自分のヤル気のなさもあるんですが)行うメニューも固定化されてきてる。

Sufferfestには、PCベースだとメニュー毎に購入することもできるので、むしろそちらの方がいいのではないかとも思いはじめた。

そんなわけで、10月初めをもって継続をキャンセル。

8ヶ月お世話になりました。
おかけでつまらないローラーも楽しく、苦しく行えて、効果もありました。

サクッと銭瓶。

三連休。
妻子を迎えに行く前に、フリータイムを活用すべく実走へ。

時間が限られているときは、お決まりのコースが安心。
銭瓶峠に出動。

登る前の軽い坂道から身体が重い。
これは困ったなぁと思っていたら、案の定タイムも悪い。
まぁ、登れるだけありがたいですからね。

頂上で休憩も取らずにダウンヒル。

帰路の河川敷で、パワー値見ながら一定以上の出力を一定時間以上出す練習。

いい感じのトレーニングになった。
あまり追い込みすぎると、周囲に気を配れなくなって危ないけど。

最近ローラーに乗れる回数が少なくなって、Sufferfestに$10/month払うのがもったいないと思えてきたので、代替できる方法を模索。

GT Flex3も気になる。
音が静からしいので、回数が増やせるんじゃないかと期待。
twitter
ギャラリー
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 転機は突然に。
  • 迎えの前に。
  • 出張先の朝。
  • 出張先の朝。
  • ノーライド。
  • 週末連チャン。
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ