Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

May 2016

無情のアメ。

今日は由布院ライド2016の日。
震災にもめげず、由布院が元気だということを発信するべく、開催されることとなってました。

事務局の中には、大きな被害を受けた方々も含まれているのに、その姿勢に脱帽です。

今年だからこそ、このイベントに参加する価値があると、ツマにも根回しして参加できる環境は整えてました。


なのに!
そんな日に限って、無情の雨。

しかも、小雨とかじゃなくて結構な降り方。
雨天決行だったようですが、安全面からも厳しい。

今年の大分のイベントは、ツールド国東に次いであいにくの雨。

なんだかツイテませんね。。

高千穂の代わりに銭瓶。

結局、高千穂ヒルクライムはDNSでした。
おむつ替え→授乳→ゲップ出し→寝かしつけのインターバルを、エース兼コーチの妻が頑張っているのに、アシストの自分が家を半日も空けるわけには、さすがにいきませんでした。

とはいえ、そんなアシストを可哀想だと思ったのか、コーチが土曜日に小一時間フリータイムをくれました。 

それならば!と、子育て前のトレーニングの成果を一番計りたかった場所に行くことに。

梼原八幡経由で突入。
銭瓶峠までは脚を温存させたかったんですが、梼原八幡上までセグメントがあるので、つい踏んでしまう。
3分30秒で自己ベスト。
昨年6月の自分に9秒勝ちました。
ライバルがあまり通っていない区間なのか、KOMも頂戴しました。

いよいよ銭瓶峠へ。
Vector導入前は、この峠のタイムで自分のパフォーマンスの指標としていたので、なんだか妙に気負ってしまいました。
自己ベストを出さなければと。

そんな気持ちだったためか、妙に心拍が上がって苦しい展開。
ラップパワーも徐々に下がってしまう。

後半は心拍が170台後半をキープしてしまって、脚は残っているのにパワーが出ない状況。
心拍がボトルネックになるのは自分としては珍しい状況。

でも、貴重なフリータイムでのタイムアタックを無駄にするわけにはいかないと、Sufferfestで後半苦しでいることを思い出しながら、頑張る。

息も絶え絶えにゴール。
13分29秒でなんとか自己ベスト。
去年5月の自分が13分47秒だったので、18秒短縮できました。
ようやく13分半も切れたし、自分としては上出来。

子育てが一段落した後で、目標となるタイムができました。
よかった。
image

高千穂ヒルクライム試走。

宮崎からの帰りがてらに、高千穂まで。
ヒルクライムレースの試走をしてみた。

もう1年経ったのかと思うと感慨深い。
あの時は家族が増えるとは思ってもみなかったな。

ショートコースのゴールまでを前半と考え、ペース配分を考えてみる。

前半は、アベレージ257W。
まずまずの入りか。

後半は、斜度が上がるにつれて気持ちが垂れそうになるけど、アベレージパワーがFTPに届いていないのを確認し、全然出し切れていない!とモガく。
激坂区間でアベレージが上がってきて、フィニッシュ。
結局257Wだった。

タイムは、去年のレースタイムを20秒ほど上回って自己ベスト。
42分ちょっと。
FTPまで出し切ればもう少し出るかな。

もう1本走ったけど、こちらはコースの確認んをメインに。
フィニッシュまでのカーブの数を数えておく。

あとは、参加できるかどうか。
ギリギリまで分からない。
twitter
ギャラリー
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • 宮崎の聖地へ。
  • 宮崎の聖地へ。
  • 雨のち荒平山。
  • 新しい相棒来たる!
  • 新しい相棒来たる!
  • 2週連続のチーム練。
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ