Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

March 2016

Garmin Fenix 3J を買っちゃいました!

オンとオフの両方でいいことがあったので、前から気になっていたブツを手に入れてしまいました。

Garmin Fenix 3Jです!


出張先(特に海外)でのランニングやウォーキングの時にログを残したくて、Edge 1000jを持っていき、手に持ちながら使っていたんですが、そもそも大きいのと、タッチスクリーンが反応してしまっていつの間にか勝手に設定が変更されていたりするので、腕時計型のロガーが欲しかったんです。

しかも、どうせ買うならビジネスでも使えるものがいいなぁと思ってました。

最初はHR付きのvivosmartがリリースされたので、これは!と思って何色を買うかまで悩んだんですが、

よく考えると、腕で心拍を計るタイプって自分には向いていない気がして却下。

いつも時計を表に出して時間を確認しているワタクシには、服の上からHRを測れなさそう(違っていたらすいません)なvivosmartは、HRを測るか時計として使うかの二択を迫られそうで、結局右腕にvivosmart&左腕に時計という本田みたいな感じになりそうで。
しかも夏でもアームカバーするし。 

光学式HR付きのモデルは、VivoactiveやFenixも含め、Garminから続々とリリースされていますが、自分には関係ないと割り切れました。


一方、GPSロガーを取得できるスマートウォッチとして考えると、Apple Watchも視野に入ってきます。
モデルを選べばビジネスにも使えますし。
でも、時計単独ではGPSが取得できず、必ずiPhoneを携帯していないとダメなのが難点。
朝食前のランニングの時は、なるべく身軽がいいですから。


そう考えていくと、もうFenix一択という感じでした。

まず海外モデルかジャパンモデルにするかですが、通知機能でiPhoneへのラインやメッセージがFenix上で確認がしたかったので、日本語対応のジャパンモデルにしようと。

Fenix 3Jには、いくつかモデルがあります。
文字盤のガラスがサファイヤのものと、ミネラルガラスのもの。
ベゼルの色も、前者がマットな色で、後者が明るめな色で異なります。

これがミネラルガラス。

サファイヤモデルは、一番上の写真のようなベゼルで、メタルバンドが付いてきます。
その分高いですけど。

ビジネスでも使うことを重視して、サファイヤモデルがいいかなと。

もっと高いローズモデルなるものもありますが、さすがにここまでは不要かと。


ちなみに アメリカでは、Fenix 3JのHRモデルが発売になったようですが、まだサファイヤモデルの設定はない模様。


というわけで、手元にやってきたGarmin Fenix 3J!!

使い始めて数日で、これは買ってよかったかも!と思い始めてます。
これから使いこなしていきたいと思います!

 

FTP更新!

先日の荒平山ライドで、20分間の最大平均パワーが299W出たのをみて、これならFTPも更新できるかも!と調子にのって計測してみました。

西都原古墳の周回コースが縁起がいいんですが、なんせ距離があります。
なので、SufferfestのFTP計測用メニューを使いました。



メニューは周知のもの。
最後の20分間が来るのが憂鬱です。苦笑

  • 3:00 Warm-up at effort of 2/10
  • 3:00 3/10 Warm-up
  • 3:00 4/10 Getting warmer!
  • 3:00 5/10 Warmer still!
  • 3:00 6/10 Tempo
  • 3:00 7/10 Strong effort
  • 3:00 2/10 Recovery
  • 4 x 1:00 Fast pedal with 1:00 recovery
  • 3:00 Recovery at 2/10
  • 20:00 Pain, agony, misery and FTP
  • 3:00 Cool-down
Sufferfestのいいところは、自分でFTPを設定すれば、その数値を目標にトレーニングできること。
つまり、このプログラムの場合、目標となる数値を設定しておけば、あとは表示される目標値に従って頑張れば、目標がクリアできるということ。

今回はパワーウェイトレシオ4.0W/kgを目指して、262Wに。

途中で通信状況が悪くて、映像がフリーズするという事態が発生するも、アプリ自体はデータを記録してくれていたので続行。

20分間は、5分×4で分けて徐々に上がっていく。
2ターン目で既にキツくなるが、もう回すことだけに集中。
3ターン目でもう止めたいが、FTP値が上がっていくことだけを支えに踏ん張る。
最終ターンは、ひたすら忍耐。
終わってクールダウンする自分を励みに頑張る。

ついにフィニッシュ!
とりあえずやり切ったことに満足。

平均パワーは283W。
これに0.95をかけると、268.85W。
ほぼ269Wでいいのではないでしょうか!

昨年末に252Wだったので、約3ヶ月で6.8%上昇しました。
パワーウェイトレシオも4.11W/kgになって、
トレーニングバイブルでの上級カテゴリーの下っ端くらいに引っかかってきました。

最近実走は出来ていませんが、Sufferfestでローラーにいそしんできたからではないでしょうか。
数値で結果が出るのは、やっぱり嬉しいです。

トレーニングの方向性が間違っていないのも、嬉しいですね。

最近、バイクに割く時間が取りづらくなっていますけれど、やりくりしていきたいと思います。

荒平山再び。

今週末も宮崎で過ごしているわけですが、ライドに割ける時間は限られてます。

今日は3時間ほどの空き時間だったので、サクっと荒平山に登って来ました。
市内から16km程なのでちょうどいい距離感。

荒平山は、4.6kmで417m登るコースで、平均9%です。
なかなか骨があります。

1本しか登らないので、一生懸命回してみました。

今日の宮崎は気温が18度近くになって、春を通り越して夏の装い。
宮崎には珍しくないみたいですが、半袖&半パンで十分な気候でした。

なので登り中は汗がダラダラ。
この季節がやって来たなぁと思いながら登りました。

2回目なので何となくコースも分かっているので、思わせぶりな標識に裏切られて精神的ダメージを喰らうこともなく、頂上へ。

自分なりには出し尽くしたと感じたので、満足。

そしたら、20分間の最大平均値の自己ベストを更新しました。
299W。
もうちょいで300オーバーでした。

これなら、FTPも更新できるかもしれません。

今度また測ってみようかな。

久しぶりの実走。

実に3週間振りの実走。
前回が阿蘇パノラマラインだったのが、既に懐かしい。

でも時間は限られてました。
しかも場所は宮崎。

なのでサクっと垂水公園という市内の公園までクルマで。
その周辺をグルグルしました。

春には桜がキレイだそうなんですが、まだ早い。
その代わり菜の花が満開でした。

やっぱり風を切って走るのは、本能的に楽しいですね。

垂水公園自体が高台にあるので、周回すれば適度にアップダウンできます。
いい気分転換になりました。

実走できない。。

ここ2週間ほど、オンオフ両方忙しくて、ロードバイクに割ける時間が不足してます。

実走に行く時間が取れないため、引きこもってローラーにいそしんでます。

それにしても、春らしくなってきたうえに、青空が拡がっている週末に乗れないのはストレスフルですね。

というわけで、Sufferfestに大変お世話になっている状況です。

Sufferfestアプリは、終えたプログラムを"Passport"として一覧にしてくれます。
こんな感じです。

3月と、

2月最終週。


コレクターの気分で、なるべく違うプログラムをこなしてます。
見た目が華やかになって自己満足。

はぁ、でも外を走りたい。。
twitter
ギャラリー
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 転機は突然に。
  • 迎えの前に。
  • 出張先の朝。
  • 出張先の朝。
  • ノーライド。
  • 週末連チャン。
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ