Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

August 2015

Di2に悪魔が舞い降りる。

大分は直撃した台風が過ぎ、朝夕はだいぶ涼しくなりました。
あれだけ暑かったのに、急に秋の気配で戸惑います。

+++  +++  +++  +++

先週末は、新しいグループにて走ってきました。

練習に参加しませんか?とお誘い頂いたんですが、大分で1、2を争う脚の持ち主が主催されているらしく、その強度の高さは評判の模様。

早朝の時間を利用して、短時間で高強度を意識して走るらしい。

ツーリングではなく、あくまで〝練習〟なんですね。

部活をマジメにしてこなかったワタクシ、付いていけるか不安になりつつ参加。


今回はインターバル練習ということで、斜度のある短めの坂を、各自全力でもがいて登り、周回しているうちに心拍を整え、5本こなすもの。

各自というのと、周回というのがワタクシ的にポイントで、遅れても迷わないし、皆さんが心拍を整えている間に追いつけるので精神衛生的には助かりました。

+++  +++  +++  +++

コースの坂は、途中10%程度の勾配も含まれる斜度のあるもので、途中少し平坦区間があり、また登る二段坂です。
ココを全力でもがいて、2〜3分程度で走ります。

「1本目行くよ!」の号令とともに皆さんスピードアップ。

みんな早い!
スピードアップに戸惑いながら、なんとか付いていくも、2段目の坂で千切れてしまいます。

心拍も急激に上昇。
競い合いながらだと、1人だと追い込みにくい領域までいけます。

確かにいいインターバルトレーニングになります。
が、一方でコレをあと4本こなすのかと暗くなります。苦笑

しかも、本数を重ねる度にキツさが増して辛くなる。
坂が近付くにつれてケイデンスを緩めちゃいます。


5本とも最後は千切れて終わりだったんですが、事件が起きたのは4本目。
2段目の坂にいく際にギアをチェンジしようとしたら無反応。

いくらやってもダメだったので、まさかと思ったら、なんとDi2のバッテリー切れ。


初めてのバッテリー切れで衝撃を受けました。
ホントにウンともスンとも言わないんですね。

おかげでその後はずっと固定ギアで走るのを余儀なくされました。

+++  +++  +++  +++

ハプニングもありましたが、非常に有意義なトレーニングでした。

まずは付いていける強さを身に付けたいと思います!

宮崎からえびの高原までロングライド。

夏休みを頂いて宮崎に郷帰り。
もちろん愛車も一緒。

今まで行ったことのない場所に行こうと、この本でチェック。

オートバイク向けですが、同じ二輪ですから参考になります。

で、このコースに決定。

おすすめコースとして、えびのスカイラインが紹介されていたので。
暑くなるでしょうから、高原で涼をとれそうなのもよし。


アクセスは綾の吊り橋経由。

県道26号をひたすら進んでいきます。
親切な酒屋さんを超えると人家がなくなり、補給ポイントは出てこないので注意です。 
ガソリンスタンドとかなら見たことあるけど、「酒屋」は新しい。

が、朝早過ぎて開いてませんでした。。

 
掃除しているおじちゃんに聞いたら、ローディもたくさん来るそうで、バイクラックもありましたよ。


そのまま県道26号を進みます。
時間帯で通行止めになるようですが、1時間くらいあるので行けると判断。
この県道26号、ほぼ林道のような雰囲気でかなり寂しい。
旧須木村に到着するまでクルマと1台もすれ違いませんでした。
でも路面はチョット荒れてるくらいで、問題なく走れました。
 

途中、綾南ダムというダムがあり、写真を撮ろうと思っていたのに、見晴らせるポイントがないままスルー。
観光という観点を全く考慮されていないダムでした。
そもそも管理事務所へのアクセス道すら気が付かなかったけど。

通行止め区間を抜けた先で、見晴らしのいい場所に。
ダム湖っぽいです。
トンネルを抜けると、県道26号が終了。
小林市方面に左折します。
"すきむらんど"が気になりますが。


小林市の市街地を抜けて、今度は県道1号でえびの高原への登坂開始です。
1号線だけあって整備が行き届いてます。
緑もキレイですね。
ひたすら登りなので、結構しんどかったですが、終わらない坂道は無し。
一気に視界が開けて素敵な景色が迎えてくれました。
さすが高原。
気温が低くて気持ちいい!
なんか暗い写真になってしまいました。。


レストハウスでランチ。
カツカレーで補給。

ここから帰路へ。
霧島市まで一気に位置エネルギーを解放します。

温泉地らしく、硫黄の匂いが立ち込めて煙が上がってました。

国道223号まで下って、宮崎方面に左折。

霧島山の火山湖である御池を通ります。
なんかありがたい名前ですね。

というわけで、無事に帰ってきました。
久しぶりに長距離走って充実感。

- 175km
- 3,500up
- 6時出発→16時帰宅
のツーリングとなりました。
来月の長距離ライドへのいい脚慣らしになったかな。


ところで、サドルが白っぽくなっていることに気付いた方(いないか)、鋭いですね!
すでに沼にハマってしまっているかも、、、

マンゴーソフトを味わい、サドル沼の縁に立つ。

今週末の大分は、雨雲が近づいていて、過ごしやすい天気。
お誘いに乗ってくれたチームメンバーと、志高湖までマンゴーソフトを食べに行ってきました。

お喋りしながらのツーリングって楽しい。
先週バテて引き返した銭瓶峠にも、ちゃんと登りました。
タイムは、、それなりです。


別府の内成地区を通って志高湖にアクセスしたんですが、
田植えが終わっていて、棚田に映える緑がとてもキレイでした。

日本の原風景といってもいいんではないでしょうか。


志高湖に到着すると、いい出会いが。
別府出身で東京にてレース参戦されている方と偶然に遭遇。
以前チームメンバーと交流があったらしく、我々のチームのこともご存知でした。

なんと10月末の大分ロードレースにも出場されるとのこと。
応援する人ができた!

お目当ての志高湖名物?マンゴーソフトを味わいながら、つかの間のチャットを楽しみました。


そんなライド中、気になるのはサドルのこと。
というのも、最近チームメンバーの方からSMPサドルをお借りしているのです。

ずっとFizik Arioneに乗ってきて、それ以外のサドルを使ったことがないので、とっても新鮮。
特徴的なカーブした穴あき座面ってどうなんだろうと思っていたんですが、意外とフィットして好感触。

懸念していた前乗り時にも、むしろケツの固定ポイントが出来て、力を込めやすくなっているような気もしていて、悪くない。

単にサドルを選ばない豪ケツっていう可能性もありますが。。


困ったのが、一度気になると、色々と調べてしまう悪い癖が出てしまい、
・Fizik AntaresとAlianteってどうなんだろう
・PrologoのCPCって、配色とデザインがカッコイイな
・Prologoって後ろのパーツを国旗バージョンに変えられるんだ、695にピッタリじゃないか!
・Selle ItaliaのSLRって軽いんだなぁ
・San Marcoも老舗だけど、デザインが好みではないな
・スペシャのRominとToupeって評判いいらしいけど、Lookには合わないよなぁ
・Astuteっていいらしいけど、どうなんだろ
とかとか、アタマでっかちになっています。

ていうか、サドルメーカーって多いし、モデルもたくさんありますね。
座面もフラット、セミラウンド、ラウンドとかあってややこしい。
何が自分のケツに合うかなんて座らないと分からないのに、こんなに種類があったら、そりゃ「サドル沼」と言われるのも納得ですね。


Arioneに不満がないのですが、もっと自分のケツに合うものがあるかも、と思い出したのも事実。
一方で、沼の深さが怖いのも事実。
手を出さないほうが無難かもしれないですね。。







酷暑には気を付けよう。

いや~、暑いですね。

梅雨がなかなか終わらなくて、早く晴れの日が来ないかなぁと思っていたのもつかの間、暑すぎて走るのがしんどいくらいです。


暑さのせいなのか、あまり走りに行く意欲がわかず、

早朝に走るのがベストと分かっていながら早起きに失敗したので、

夕方に出走してみました。


時間が限られているので、定番の銭瓶峠でも周回して帰ってこようと計画。

柞原八幡宮までの登りをこなしたら、相当体力を消耗。


なんだか力が入らないなぁと思いつつ、銭瓶峠に突入。

でも、心拍はすぐに上がりきるは、ペダルを回し続ける気力がなくなるはで、中盤から失速。


こりゃしんどいと、峠の途中で脇道に逸れちゃいました。

何度も登っているなか、初めての経験。

せっかくなので、初めてスポットで写真をば。


そのままおとなしく帰路につきましたが、途中で軽く頭痛がしてきたので、間違った判断では無かったと実感。


真夏のライドはトレーニングにならないという意見もありますし、気を付けながら走らないといけないですね。

炎天下ライドには、ソフトクリームが美味い。

ようやく九州でも梅雨が明けました。
と思ったら、もの凄い暑さが同時にやってきました。

こんな暑さだと、外を走るだけでもしんどくて、逆に梅雨で曇っていた方が良かったと思うほど。

そんな中、久しぶりに100kmオーバー走ってきました。
チームメンバーにお誘いいただいて、他のチームの方々との合同ライド。
DSCF7284

初めての方もたくさんいらっしゃって、楽しかったです。

7時30分に大銀ドーム待ち合わせで、まずは道の駅大野に向かったんですが、うだるような暑さ。
おまけに風も弱くて、走っていてもそれほど涼しくなりません。。

道の駅大野では、にゃんこも暑そうでした。
DSCF7276


当初の計画では、尾平峠まで行こうとしていたようなんですが、あまりの暑さにみんなヤられてしまい、道の駅清川まで行って、ソフトクリームを食べて帰ることに。

これが美味かった!
暑い日にはたまりませんね。
DSCF7282


色々な方との交流を深められて、有意義でした。

この時期のライドは暑さ対策をちゃんと考えないと厳しいですね。
油断していると、熱中症になっちゃいます。







 
twitter
ギャラリー
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 転機は突然に。
  • 迎えの前に。
  • 出張先の朝。
  • 出張先の朝。
  • ノーライド。
  • 週末連チャン。
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ