Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

July 2015

X脚的ペダリングを改善してみる。

結果が散々でも、普段とは違う環境で走ることで課題を見つけられるのが、レースのいいところでしょう。

オートポリスで痛みを感じた足裏の外側。
これまでも長時間走ると発生していましたが、今回は痛みがひどく、対応を考える必要があると感じました。

きっと自分のX脚が関係しているだろうと、色々とネットで調べていると、 いくつか理解できたことが。

1)膝を曲げると内側に入る
 足を平行にした状態で膝を曲げると、両膝が内側に入ってきて、すぐにぶつかります。
 あまり意識していませんでしたが、脚が真っ直ぐな方はぶつからないんですね。
 ペダルを回すとトップチューブに膝が当たるわけです。

 この状態だと、ペダル効率が悪いうえ、膝や腰にも悪影響があるそうで。
 だから、ケツの外側や右腰が痛くなるのかな。


ではどうしたら、X脚の膝を真っ直ぐに降ろせるようになるのか。

2)つま先を外側に向ける
3)拇指球の下にスペーサーを挟む

この2つをやると、徐々に膝が真っ直ぐに降ろせるようになりました。


2)の対策として、クリートを目一杯外側にセッティング。
この時、Qファクターが狭いほうで取り付けられていたことに気づき、ビックリ。
広い方に修正。

3)の対策は、いわゆる”カント調整”と言われているものみたいです。
スキーブーツでは一般的っぽい。

百均でフェルトを買ってきて、適当な大きさにカット。
サイズを変えてビラミッドのように重ねて、接着剤で固定。
DSCF7252


シューズのインソールを取り出して、拇指球部分の下に両面テープでくっ付けます。
DSCF7253


フェルト4枚で3.5m〜4mmくらいでしょうか。
履いてみると、親指側の隙間が埋められたような感覚があり、かなり印象が変わります。


実走してみましたが、とてもいい感じでした。

感覚的には、膝から拇指球まで真っ直ぐな棒があって、膝を降ろすとダイレクトに拇指球を押してくれるような。
新鮮な感覚です。

これまで当たっていたトップチューブには当たらなくなりました。
膝を回した分の力が、漏れなくペダルに伝わっているような気がします。

それと、ケツの外側の違和感がなくなりました。
脚の使い方に無理がなくなったんでしょうか。


いずれにしても、うれしい改善です。
なんで今までやらなかったんだろう、と思うほど。
引き続き様子を見たいと思います。


 

オートポリス3時間耐久レース2015の振り返り。

26日(日)にオートポリスで開催された、3時間耐久レースに参加してきました。

実は振り返りたくないほど、散々なレースで、反省材料しかないのですが、、まぁ、材料を集められただけでも良しとするしかないのかな。。

というわけで、ヤル気なく備忘録をば。


+++  +++  +++  +++  +++


前日に決戦ホイールに履き替えで、機材の準備を整える。
やっぱりテンション上がる。
IMG_2132


+++  +++  +++  +++  +++


当日は6時にゲートオープンだったので、 3時起床で4時前に出発。
同じ県内なのに、2時間もかかる場所。

ちなみに、オートポリスというのは、日田市(旧上津江村)にあるサーキット場。
熊本との県境の山深い場所に位置しているのです。

6時前に到着すると、すでにオープン待ちの車列。
みんなヤル気だなぁ。
DSCF7236

余裕で第一駐車場をゲット。
お独りで、パドックを取る必要もないので、こんなに早く来る必要もなかったな。


受付と軽量化を済ませて、試走へ。
IMG_2133


1周約3kmの周回コース。
広々として気持ちいい。
IMG_2145


スタート時刻は8時。
2列目に位置取って、ヤル気を見せる。
ただ、第1戦で最初のコーナーで落車が起きたと聞き、ヒヨる。。

スタートすると皆が一斉にペースを上げて、最初のコーナーに突入。
ちょうど下り基調で右に大きくカーブする感じ。
これは落車が起きそうだわと思うと、前との車間を無意識に空けてしまう。

振り返れば、これがマズかった。
自分では先頭集団に付いていっているつもりが、知らないうちに離されていて、挽回不可能な差に。

もう、最初の4週目くらいかな、
本日のレース終了。

応援に来てくれていたチームメンバーからも、「車間空けすぎ!独りで中切れを起こしてたよ!」とのコメント。
なるほど。


集団から取り残されると、この手の耐久レースは苦痛しか残りませんね。
目標を失ったまま、残りの2時間半以上を淡々と走らなくてはいけないという。

ゴール近くにいるメンバーに、「飽きた〜!」と毎周回愚痴る有様。


しかも、台風の影響なのか、途中から強めの雨が。
これも心を折るには十分。

明らかにCorimaのブレーキが効かなくなって、制動距離が伸びるし、路面はウェットになるしで、危なっかしい。
でも、かなり局地的でホームストレートから下り区間は降っている一方で、後半の登り区間はパラついている程度と、DNFの理由にするにはチト弱い。


そんなわけで、1時間経過付近が一番つまらなくて、「あと2時間もあるのか。。」と真っ暗な状態。
一度ピットインしたら、そのままDNFしちゃいそうだったので、惰性で周回を重ねていました。

そんな状態だったので、懸念していた脚の攣りは起きなかったんですが、
今回は足裏の外側が激しく痛くなってしまい、戦意を削ってきました。
やっぱり変にペダルに力がかかっているんだと実感。
なんとかせねば。


そんなこんなで、なんとか3時間が終了。
ロードソロ265名中、35%という有様。

一緒に出場したチームメンバーは、なんと入賞!
ホントすごい!


もう耐久はお腹いっぱいかなぁ。。





 

晴れの3連休なのに。。

世の中は3連休。
でも、不幸にも3連続で仕事。。

そんな連休に限って、気持ちのいい晴れ間が拡がるという皮肉。

心に溜まった澱を取り除くべく、出勤前にローラーしました。
 

ちなみに、負荷装置を付けてみてます。

付ける前は、1番重いギアにしても物足らなくて、全然心拍が上がらずに、トレーニングとしての効果を疑う状況でした。
でも、この負荷装置でギアを3枚軽くしてもツラくなりました。

おかげさまで、いいトレーニングになってます。

それと、ミノウラの防音パッド。

隣の部屋に音が響くようなので、敷いてみました。
結構効果があるようです。


ローラー環境は整えてますが、やっぱり天気のいい休日には実走したいですよね〜。。泣
 

初めてのツールドフランス鑑賞。

ただいまツールドフランスの真っ最中ですね。

毎年Jスポーツに加入するかで悩み、コスト問題をクリアできずにネット記事でフォローしていました。

が、今年はLIVEで映像を見られるようになりました!

それがこちらのサービス
同じくJスポーツですが、パソコンでの視聴に特化したもので、月額1,800円で楽しめます。


パソコン上で、複数のバイクカメラから好きな映像を並べて、同時に観ることも可能です。

ワタクシはスマホからApple TVに飛ばして、リビングのTVで見ているので、普通にLIVE中継を観戦できています。
(この場合は、複数画面の観戦は出来ません。)


いやぁ、これイイです。

これまでマトモにレースを観たことがなかったんですが、最新バイクを眺められるのはもちろん、中継ならではのドキドキ感、選手間とチーム間の駆け引きや、落車やメカトラ等の選手に襲いかかる試練など、見所が多いですね。

毎晩のお楽しみが出来ました。

やっぱりチームライドは楽しい。

出張で熊本空港に行った際、「いきなりステーキ」が出店していたのでランチ。九州では初上陸らしい。
東京でもまだ食べていなかったので、ラッキーとばかり昼からガッツリ肉を食らってやりました。
DSCF7202


+++  +++  +++  +++  +++  +++  +++


今週末も雨予報。
でも、久しぶりにチームライドしたい。
合間を縫って行ってきました。

府内大橋で待ち合わせですが、早速の雨。
先が思いやられますが、コンビニで朝食代わりのパンを食べながらおしゃべり。
久しぶりだから、こんな時間も楽しい。

少し止んできたので、銭瓶峠へ。
トレーニング代わりに頑張って踏んでみますが、後半でタレてしまう。
自己ベストの更新もならず、到着した頂上は霧で覆われていました。
BlogPaint


ここでも雨が降ってきたので、木陰で雨宿りしながら、やっぱりお喋り。
自分のケイデンス数が低いとか、SMPサドルの話とか。
すると雨脚が弱まってきたので、取り敢えず下山。

チームメンバーが出場している県体予選の応援をしに、別府競輪場へ。
DSCF7210

初めて足を踏み入れましたが、バンクで走るのは楽しそうですね。
TTバイクが路面と奏でる音がカッコよかったです。

メンバーのHくんを金網越しに応援。
DSCF7218


その後、登り足りずにAPUに連れて行ってもらう。
大分に来てから知った大学ですが、とても意義深い学校ですね。

コースは、距離もあるし、路面も綺麗だし、いい練習になりました。
DSCF7220
しかし、下界から離れた場所にありますな。勉強には専念できそうです、ね。


別府に下りながら、明礬温泉で休憩。
相変わらず湯煙がモクモク。(霧ではありません。)
DSCF7222


この湯煙で蒸した名物の「地獄蒸しプリン」を補給。
美味しいので、お立ち寄りの際は是非。
DSCF7223


南から雨雲が近付いてきている様子だったので、休憩もそこそこに別大国道経由で帰宅。
結局そこまで雨に降られずに、久しぶりのチームライドをエンジョイできました。 
twitter
ギャラリー
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • 宮崎の聖地へ。
  • 宮崎の聖地へ。
  • 雨のち荒平山。
  • 新しい相棒来たる!
  • 新しい相棒来たる!
  • 2週連続のチーム練。
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ