Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

March 2014

新虎通りが開通しましたね。

新しい道路の開通って昨今あまり立ち会えないですよね。
それなりに大規模だとかなり希少な機会だと思います。

新虎通り。
別称マッカーサー通りが開通しましたね。
ちょうど開通日が土曜日だったので、行ってみました。

行く前に、お気に入りの品川埠頭に。
コンクリート需要が高まっているのか、いつもよりタンク車が多く、列をなして次々にコンクリを積み込んでは出発していました。
DSC03115


そして現場に向かい、14時くらいに到着したのですが、まだ全線開通していませんでした。
区間ごとに徐々に開通させていた様子で、虎ノ門ヒルズよりも東側は14時から、西側は15時からと聞きました。
DSC03118
白バイが時間になるまでクルマを止めていました。

DSC03126
立体道路制度を活用して、虎ノ門ヒルズ下を通るトンネルです。
ここを歩くイベントに応募しようと思った時点で、終わってました。。泣


開通前の誰もいない道路。
奥は溜池山王方面につながります。
何だか萌えますね!
DSC03128

 

都民の森へ。

出発直前に悲劇のハプニングが起きましたが、気持ちを振るいたたせて風張峠、そして都民の森へ出発しました。

気候もちょうどよく、上下ロングのジャージに薄手の長袖インナーでちょうど良かったです。
さすがに都民の森(近辺)からのダウンヒルは寒かったので、ウインドブレーカーを着込む必要がありましたけど。

自宅からまずは新青梅街道でひたすら西へ。
途中の拝島でうまく西に抜けられず遠回り。そのついでに写真撮影。
2014-03-22-09-34-46



武蔵五日市駅を過ぎて、徐々に景色も素敵になってきます。
杉が多そうなので花粉が大丈夫か気になりますが、木立の間を抜けていきます。
2014-03-22-10-48-37


都民の森までの道のり、意外とアップダウンがありました。
下りの時は、どうせまた登るのになぁと、せっかく獲得した標高を放出するのにもったいなさを覚えながら進みます。
2014-03-22-12-40-09
もはや同じ都内とは思えません。

段々と斜度がキツくなってきて、都民の森まで残り3kmの辺り。
残念なことに、「通行止め」の看板が立ちふさがります。
2014-03-22-11-57-13


沿道もかなり雪が残っていたので、仕方ないですね。
思いは成就しませんでしたが、久しぶりに140kmほど距離が乗れて充実したライドでした。


駆け込んでみた。〜105生活への別れ

野望を現実にしてしまいました。

消費増税の足音が近づいているなか、ニュースでは駆け込み需要を報道してますが、ワタクシも乗っかってしまったということで。

はい、アルテグラ 6870 Di2に換装させて頂きます!
2014-03-23-17-12-27
事前に購入していたブレーキとCinelliのハンドルバーを置いてきました。


ちょうどLook695Jを購入したショップに内装セットの一式が在庫されていました。

ていうか、ワタクシの認識が間違っていたんですが、消費税って商品の引き渡し時での計算ですよね。
別のショップで聞いた、注文ベースというのを盲信してましたが。
店員さんに、この時期の駆け込みは危ないと言われました。
もうメーカー在庫はほとんどないようです。

たまたま在庫があってラッキーでしたね。

一方で、駆け込みのため、作業待ちのバイクも積み上がっているようで、ワタクシの順番は先になりそう。

スプロケの選択を決めかねたので、順番が回ってくるまでに考えることに。

初めての大規模なコンポのアップグレード、楽しみです!

注意一秒、キズ一生。。〜初めてのキズ

ようやく春らしくなってきましたね。
自転車乗りには嬉しい季節がやってきました。

しかも3連休。
これは行かねばならぬとツーリングに出かけました。
BRM富士みちを一人リベンジするプランも考えたのですが、どうせやるなら後輩クンと一緒にやろうと思い、風張峠に行ってみることに。
まだ行ったことないので。

朝一人で起きだして、妻を起こさないようにイソイソと準備している時に事故が起きました。。
Look695Jを倒してしまい、トップチューブにキズをつけてしまったんです。。。

いつも出走前に玄関先に立てかけているんですが、今日は風が強かったからか、ズルッと後輪が動いちゃったみたいです。
ヘルメットをかぶったり最後の準備をしていた時に聞こえた、「バタン」というイヤな音。
今も思い出せます。苦笑

Oh My God〜と何故か(小声で)英語をつぶやきながら、玄関先に駆け寄ると、見たくない光景ですが、695が倒れています。

倒れた場所が、運悪く段差のある箇所だったので、そこにトップチューブが当たってしまってました。
キズとしては合計で6箇所。

カーボン地が見える部位にかすりキズが3箇所。
BlogPaint

白い塗装との境界付近に3箇所。
かすりキズ1箇所、塗装が欠けているキズ1箇所、そして塗装が盛り上がっているキズ1箇所です。
BlogPaint

色んなキズが付いちゃいました。。汗

ライド中もこれらをどうしたらいいかをずっと考えてました。
外車の塗装を扱っている塗装業者に行った方がいいのでは、とか考えたり。


帰る頃には、まずは自分で磨いてみて、ダメだったら業者さんに相談してみようと考えていました。
我が家にあったのが、クルマ用の磨きセット。


これは3ステップですが、2ステップのもっとお手軽なやつ。
かすりキズにはこれで良さそうです。
一生懸命に磨いて磨いて、仕上げにつや出しWAXを塗り込みます。

これは、思った以上にキレイになりました!
ほぼホボ分からない程度にまでなりました。
これは素敵!!


問題は、削りキズと盛り上がりキズ。

盛り上がりキズは、モノは試しとドライヤーで温めてみることに。
以前の塗装騒動の時に、ショップの店員さんがLookの塗装は柔らかいからタイラップの跡が付きやすいかもしれない、ドライヤーで温めてあげると塗装が戻ることもあると言っていたのを思い出したんです。

メンディングテープでキズ以外を隠したうえ、タオルで周りを覆いながらドライヤーで温めてみました。
見ると少し塗装が柔らかくなって、メンディングテープで囲まれたプールの中でプルプル状になっている感じがします。
おっ、効果がありそうだけど、テープを取った後に跡が残っちゃうとイヤだなぁと少し不安になりながら、ドライヤーで冷やした後にテープを恐る恐る取ってみます。

これも予想以上に効果がありました!
盛り上がっていた塗装がならされて、指先の感覚ではほぼ平面になりました。
温め作戦万歳。


最後に削りキズに対処。
こっちもドライヤーで温めてみましたが、穴を埋める程にはなりませんでした。
黒い点が出てるということは、下の塗装なりカーボン地が見えてしまっているということでしょうから、埋めておいた方がベターでしょう。
というわけで、タッチアップペンの登場。
家にあったのが、日産のホワイト。
全く同じ色ではありませんが、部位が小さいので大丈夫じゃないかと思い、メンディングテープで囲った後に塗装。

周りよりも塗装が盛り上がるまで重ねていきます。
その後、ヤスリで削って周囲と面を合わせていくわけですが、ここで爪研ぎ用のヤスリを使ってみました。
目が細かいし、周囲の塗装にも優しいのではないかとの判断です。

だいたい周囲の塗装に合ってきたかなと思ったら、盛り上がりキズとともに、コンパウンドで磨いて行きます。

こちらは全く分からない程にはなりませんでしたが、キズがあると思って見なければ分からないくらいにはなりました。

悪戦苦闘の結果が以下です。
黒いカーボン地の箇所はほとんど分からなくなっています。
DSC03110

白い塗装との境界付近も、注意してみなければ分からないレベル。
写真だとうまく写せないくらいです。
DSC03109


素人だと、これくらいが限度でした。
もうこんな手間をかけたくないので、もう油断して倒さないようにします。
例え支度でも気を抜かないように!


 

BRM316富士みち〜DNFと初めての輪行

前回に続いて、途中棄権までを記録したいと思います。

出発してすぐにGarminに入れたコースデータを起動させていないことに気付きました。
少し立ち止まって起動させます。

結構な人数が参加してましたので、最初は信号で停まるたびに長い列ができました。
少し遅い方がいると、すぐに後ろが詰まって列が出来る状態です。
反射ベストを着た人が大勢信号待ちしている様子は非日常的で面白かったです。
なんだか一体感がありますよね。


列を抜かそうか迷っていると、速い方が数名、「適宜散らばりながら走って下さい〜」と言いながら抜かして行きました。
そうであればと、その方達についていってみることに。
同じようなペースだったので、助かりました。

そして、どこかのY字交差点で集団が二手に。
まっすぐ行く人と、左に曲がる人。
ワタクシは左に曲がりましたが、幸運にも正しかった模様。

ミスコースすると、なんだか損した気分になると思うので、助かりました。


市街地を抜けると信号も少なくなってきて、走りやすくなりました。
国道20号を西進していくと、大垂水峠に。
東京側から登ったのは初めてでしたが、逆側もゆるい斜度で淡々と登って行けました。

病み上がりだったので、あまり脚が回らず数人の方にパスされましたが、無事に頂上に。
振り返ると後輩クンが付いてきていないので、ここで待とうとついでに撮影。
数少ない撮影スポットなので、良かったです。
DSC03053
初めて逆側から撮影。まだ雪が残ってます。 


この辺りから、後輩クンの調子が悪そうでした。
ワタシより脚力があるのに、下りでさえも気付くと遅れています。
特に登りだと辛そうです。

声をかけて途中のセブンで休みました。
聞くと大垂水の登りで吐き気がしたとのこと。
それからずっと体調が悪いようです。

無理する必要はないから、リタイヤするか?と聞くと、とりあえず大月までは頑張るとのこと。
そこから後輩クンに先導してもらい、ペースを合わせて走りました。
確かに調子が悪そうです。

ゆっくり走って、大月駅周辺に到着。
ちょうど富士山がお出迎えしてくれました。
DSC03055


後輩クンにどうする?と聞くと、素直にリタイヤしますとのことだったので、そのまま大月駅に。
皆さんが左折して行かれるなか、右折して駅に向かいました。
DSC03059
予定外の大月駅。笑


さて、ワタクシとしてはここからが大仕事。
なんせLook695Jで初めての輪行です。

いつか輪行するとは思ってましたが、ついに来てしまったわけです。
絶対に傷をつけてはいけません。

念のためにと買っておいたオーストリッチのフレームカバーが役に立ちました。
大きさと枚数でAからCまで種類がありますが、5枚あれば十分だろうと思いBにしました。

こいつを、タイヤと干渉する箇所に慎重に巻いていきます。
・シートチューブとトップチューブの交差する箇所
・トップチューブ
・ボトムチューブ
・シートステイ×2
の5箇所です。

ずれるのもイヤなので、持参したタイラップで固定します。
こんな感じで過保護になりました。
DSC03065


タイヤもずれないように、きちんと縛りつけます。
こうして初の輪行ができました。
スプロケカバーを含めて、フレームにあたる箇所はカバーがされています。
DSC03062

到着した南多摩駅にて。
チェックしましたが、傷はついていませんでした!
成功です。
DSC03066

ここからスタート地点の大丸公園まではすぐ。
ゆっくりと戻って、クルマに帰り着きました。


初めてのブルベ。
残念な結果となりましたが、Lookでの輪行も体験できたし、良かったとしましょう。
いつかリベンジしたいなぁ。 
twitter
ギャラリー
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 転機は突然に。
  • 迎えの前に。
  • 出張先の朝。
  • 出張先の朝。
  • ノーライド。
  • 週末連チャン。
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ