Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

November 2013

ブルベ走行会の準備、着々と。

今週末のブルベ走行会ですが、装備自体はブルベに準じたものが求められています。

主催者側から示されているのは以下の装備。
・自転車(事前にご自身または自転車店などで整備してお越し下さい。日本の公道で使用可能なもの。)
・前照灯(常時点灯ができる前照灯を確実に車体に固定して下さい。予備の前照灯装備を推奨)
・尾灯(常時点灯ができる尾灯を確実に車体に固定して下さい。クリップ留めは不可。点滅モード不可:ローカルルール)
・ベル
・ヘルメット
・反射ベスト(反射タスキは反射材の面積が狭く裏返ると反射しないため不可:ローカルルール)

ライトとベルは今回新たに仕入れました。

リアライトは、Fizik専用のもの。


専用品なので、FizikのICSという独自機構にきっちりはめられます。
もともとココには専用のサドルバックを差し込んでいましたが、シートポストをスッキリ見せる計画によりツールボトルに変えたため、ライトの場所にしました。
これまで、リアライトはシートポストに付けてましたが、Look 695のシートポストが円柱ではなくキレイに付けにくいうえ、見た目もいまいち。
これで解決です。
DSC02652
黒く同化して分かりにくいですが、それがポイント。

信頼のブランド、キャットアイとのコラボ商品があって、そちらも気になったのですが、収まりはこちらの方がキレイかと。
キャットアイのは値段も高いですしね。


ベルはキャットアイ。
既に購入済みのライトと、一つのバンドで両方装着できます。
見た目的にメリットがありますね。
DSC02654


左につけているライトも、ついでに購入してみました。
キャットアイのNIMAシリーズです。




性能は折り紙付きだけど、デザインがいまいちのイメージですが、それをくつがえす商品ですね。素敵です。

これで、必要とされる準備は整いましたね!
あとは体調を維持するのみです。 

“コマ図”なるものを作成中!

先々週の和田峠、先週のショップ走行会の帰りで、膝が痛む事態が発生。
左膝の上辺り。

ネットで調べてみると、サドルが低い場合に当該箇所に痛みが出ることが多いようだけど、十分に高くしているはずで、これ以上高くするとケイデンスを上げるのが難しくなりそう。

クリート位置を調整し、踏むペダリングになり過ぎているのではと考え、ハムストリングを意識したペダリングにしてみようと考える。

というわけで、今日は脚に負荷をかけないよう、近所をブラブラ。
大隈講堂と銀杏がきれいだったので、記念撮影。
IMG_1189
母校じゃないんですけどね。。


帰ってからは、「コマ図」の作成に取りかかる。 
昨日、無印に行った時に思いついたアイデアを実行に移す。

L版のアルバムを買ってきて、進行方向を記した資料をエクセルにてL版で作成する。
これをハンドル部分に取り付けてはどうかと。

キューシートを見ながら、必要な情報が網羅できる様式をエクセルで作成したうえで、情報を打ち込んでいく。
IMG_1188

情報としては、以下のもの。
・進行方向
・信号の有無
・交差点の名称
・道路の種類
・前地点からの距離
・総距離

ペダルを漕ぎながら見る情報なので、進行方向がパッと分かって、文字は大きい方がいい。
これを60箇所以上作成する。
作成したものを打ち出して、アルバムに挿入。


次の課題は、 ハンドルバーへの取り付け方。
ハンドルの奥の方に付ける方もいらっしゃるようですが、L版アルバムの利点はそのサイズ。
縦が10cm程度の横長なので、ステムの長さに収まります。
なので、見開きでステムに載せることが可能。

こんな感じになります。
意外と見やすく出来たんじゃないかと、自画自賛。
DSC02657

ハンドルバーには、カバー上部の左右にキリで穴を開けて、タイラップを通して固定しています。
また、ステムには、カバー下部の中心付近に、ステムを挟むように穴を2つ開けて、そこにタイラップで小さな輪っかをつくります。その輪っかにタイラップを2本つなげて長くしたもの、ステムを一周させて留めています。
3点で留めているので、結構しっかりと固定されています。

また、ページが風でばたつかないように、カバーの上下に穴を開けて、奥様のヘアゴムをくくりつけることでバンドとしました。

思いつきで初めて内職したにしては、いい出来なんじゃないでしょうか!
コストもかけずに、手作り感が満載です。

これで迷わなければいいんですが。 

ブルベの練習会に出ようと思います。

だいぶ前にブルベに出たいと表明してから、時間が空いてしまいましたが、ようやくデビューできそうです!

といっても、今はブルベのシーズンではないようで、初心者向けの練習イベントですが。。 

主催は、来年度から活動を開始される「AJたまがわ」。 
活動開始の前に、初心者向けにイベントを開始されるとの情報をたまたま発見し、これは!と今回はすかさずエントリーしました。
おかげで、締め切り前に滑り込めたようです。

参加するのは、『走行会 三浦120』。

コースはこちらのリンクをご覧頂けますが、藤沢駅近辺を出発して、三浦半島を一周して座間近辺に戻ってくるルートで、約120kmとなります。
初心者向けということで200km未満ですが、ワタクシにはちょうどいいです。

距離的には普段から走っている距離なので問題ないかなと思っていますが、「キューシート」と呼ばれるコース案内表に沿って走らないと失格になるようです。

このキューシート、素人にはなかなか解読が難しい。。
交差点名や曲がる方向等の情報が、全部文字で書いてあります。
これだけ打ち出して持って行っても、走りながら確認するのは至難の技っぽい。

google先生に聞いてみると、「コマ図」 なるビジュアルに訴える資料を作成する方も多い様子。
しかも、コマ図のバイクへの取り付け方も工夫されている模様。


いろいろと準備が必要なんですね。
勉強しながら、万全を期したいと思います!! 

Look 695 Japan Flagに遭遇!

そうそう、偶然にも同じLook 695 JapanFlagが走行会に参加されていました!
ビックリ。

貴重な機会ということで、695を組んでくれた店員さんが並べて記念写真を撮られていたので、ワタクシも便乗してパシャリ。
DSC02638
この方のサイズはSのようです。

真っ黒なディープがカッコいいです。
ステムも純正のジャパンカラーを使用されていますね。
やっぱり、これはこれでカッコいい。

一番惹かれたのは、(ちょっと分かりにくいと思いますが)リアブレーキのケーブルがジャパンカラーになっていること!
これ、カッコいいですね。 
NOKONで処理していると思いますが、機会があったら是非挑戦したいですね。 

集団走行と先頭交代を初体験。

本日は、ショップの走行会に参加してきました。
場所は、荒川は彩湖。


今日は彩湖でマラソン大会があったため、通常のメニューとは異なる内容でした。
通常は土手の上下で周回コースとしているんですが、本日は上部のみでグルグルと。


ワタクシ、初めて集団走行をしつつ、先頭交代というものを体験してきました。
10人程度の集団で、次々と左に抜けて先頭を代わっていきます。
自然と集団が2列になるわけですが、お互いの列も距離を近くしてコンパクトにするように意識します。
DSC02633


最初は25km/hくらいでゆっくりと、徐々にスピードアップしていきました。

前はタイヤとタイヤがくっ付くくらい、横は存在が感じられるくらいの距離感で移動するのは、結構緊張感を強いられますね。
最初は左によけるタイミングがうまくつかめなかったり、先頭をどうやって牽いていいか分からずに気張って急加速したりと、手探り状態でしたが、徐々に慣れてきました。

慣れてくると、かなり楽しいですね。
かなりのスピードもトレインの中にいると楽チンです。

運命共同体みたいな感じで、全員が一つの目的を共有して黙々とペダルを漕ぐ。
目の前の相手が急停車しないと信じているからこそ出来るトレイン。
初対面の人との妙な信頼関係。

不思議な場でした。


ただ、最後の方は40km/hオーバーのスピードが出ましたが、千切られてしまいました。。
まだ修行が足りんデスね。


DSC02640
マラソン大会の様子。かなりの人数が参加していた模様です。




 
twitter
ギャラリー
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 転機は突然に。
  • 迎えの前に。
  • 出張先の朝。
  • 出張先の朝。
  • ノーライド。
  • 週末連チャン。
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ