Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

September 2013

サドルを大幅に上げてみる。

某ショップでお話ししていた時に言われたこと。
「サドル高が低すぎるんじゃないんですか?もう1〜2cmは高くしてもいいと思いますよ。」

え、 そうなんですか。
でも確かに、きちんとサイズを測ったのは、Tarmacを購入した2年前。
だいぶ乗り馴れてきているはずなので、それに合わせてサイズも調整されて然るべき。

手がしびれてきたり、腰が痛くなったりするのは、体幹をつかったペダリングが出来ていなかったり、ハンドルが近かったりするために手や腰に余計な力がかかっているためではないかとのこと。

言われてみれば、そうかもしれない。
でも、1〜2cmって、5mmで変わると言われるロードバイクの正解では結構大きな値 。
まぁ、だまされたと思って上げてみますか。
何事も試行錯誤ですから。

というわけで、1cm程上げて、サドルトップからBBセンターまで77cmにしてみました。
DSC02509

その状態で、尾根幹周辺をツーリングしてきました。

結果、すごくいいです!!
前傾姿勢から両手を離しても漕げるような体勢を意識しながら踏んでみたんですが、明らかに巡航速度も上がりましたし、登りも楽になりました。

最近峠に行っても、思うように調子が出なかったんですが、ポジショニングが原因の一つだったかもしれません。
ちょっと気が楽になりました。 

やっぱりポジショニングって大事なんですねぇ。
しみじみ。。

DSC02510
 

気持ちの整理のための回想→フレーム交換までの道のり〜その1

Tarmac SL2 Elite Compact 2011を2年前の夏に購入してから、2年ちょっと。
Tarmacと色んなところに出かけました。
P1080883
納車直後のTarmac@なるしま神宮。駐輪場で撮った初写真!懐かしい。


「ロードバイク買ったのか!じゃあ峠に行くぞ!!」と先輩に初めて連れられていかれた峠は、美ヶ原。
前輪がウイリーするんじゃないかと思うくらいの激坂から、なんでこんなに坂道ばっかり続くんだとげんなりするような距離と斜度のある峠道まで、初めてチャレンジするにはハードすぎるくらいの峠でした。
先輩も「初めてにしては、ハードすぎたね。」と終わってから言ってくれましたが、何故かその後峠を登ることが好きになりました。
P1090178
思い出の美ヶ原。いやぁ、きつかった笑。


ヤビツ、和田、定峰、坤六、二度上、富士山、浄土平、、思い返せば結構登りました。
聖地の乗鞍にも行きました。
IMG_0408
日本にはまだまだいいところがいっぱいあると実感させられました。


ロングライドも行きましたね。
初めて100kmを乗った時は達成感があったな。
しまなみ海道を往復したのも、いい思い出。
自宅から犬吠埼まで150kmを走破したり。
2012 05 01_0227
2012年のGWに行ってきました、しまなみ海道。


サイクルイベントにもいくつか参加しました。
東北復興のための、Cycle Aid Japan 2012とか、先日の魚沼ライドとか。
みんなで長距離を走るのは楽しいですね。
BlogPaint


一方、レースには出たことがありません。
ヒルクライムレースには出てみたい気持ちはありますが、自分なんて遅いから、、と尻込みする気持ちの方が強く、いまだに実現できていません。
マスドレースなんて、もってのほか。とても参加できるとは思えません。


こんな感じでTarmacとともにロードバイクを楽しんできました。
このままTarmacとともに楽しんでいくことも、もちろん出来ます。

ただ一方で、違うバイクだったらどう感じるんだろう、もっと早くなるのかな、もっと楽になるのかな、という気持ちも持っていました。
それに加えて、いつかはいいバイクに乗ってみたい!という想いも心の根底にはありました。
(元来、物欲が強いタイプなので。。苦笑)

でもたまに試乗会等でいいバイクに乗っても、これは違う!!と明確に違いを感じるほどの技術や感受性がなく、だったらいいバイクに乗っても、宝の持ち腐れになるだけじゃないかと自身を戒める自分もいました。


〜徒然なるままに続く〜

DSC02184
Cervelo R3も、100km乗り込んだのに、と感激するくらいのTarmacとの明確な違いが感じられず。。
 

奥多摩湖へ。

ロードバイク乗りには、いい季節がやって来ましたね!
暑からず、寒からず、ちょうど良い気候です。

先週は、台風のせいでせっかくの貴重な秋の休日を台無しになってしまったので、遠出をして来ました。

奥多摩には何度も足を踏み入れておきながら、奥多摩湖には行った事がなかったので、そこを目的地にしようと、青梅街道をひたすら西進。

やっぱり涼しくて、ペダルを漕いで火照る身体を、風が冷やしてくれる感じが気持ち良いですね。

快調に青梅駅を過ぎて、そのまま青梅線沿いに奥多摩駅に向かって登っていきます。
この区間の登りは緩やかで、いつの間にか登っている感じがして、気分的に楽ですね。

そんなこんなで、奥多摩駅に。
記念写真のために立ち寄る。
ハイカーも沢山いました。お互いいい季節になりましたね^ ^
DSC02498



そして、奥多摩湖へとペダルを漕ぎます。
ちょいと斜度がキツくなってきたかなと思ったきたところで、ついに到着!

ダム湖百選に選ばれているようで、確かに素敵な場所。
台風の影響からか、水位も多めです。
DSC02501



この辺りでは、かなり気温も下がってきていて、寒かったです。
このためか、若干お腹が緩くなってしまいました…


この後どうするかは考えてませんでした。
来た道を戻るのもつまらんなと、グーグルマップを見ながら、松姫峠を越えて、中央線の猿橋駅まで行こうと思いたちました。

勇んでさらに西へと進み、峠に入ったぞと気合いを入れて漕いでいきます。
予想以上に手強い峠で、やるな松姫峠!と思いながらクリア。
と思ったら、勘違いでした。
小菅村役場で、改めてグーグルマップを確認したら、今登って来たのは名もなき峠。
松姫峠はさらに南へと向かった先でした…
DSC02504


名もなき峠で、結構脚を削られてしまったのと、テンションが下がってしまったのとで、そのまま奥多摩周遊道路へ。

グルっと周って、また奥多摩湖へと戻ってきたのでした。

そういえば、途中の道の駅「たばやま」では、バイクラックがありました。
素敵な配慮です!
DSC02503



そして、そのまま青梅駅まで戻って、輪行。
DSC02506


レーパン姿で、一人で混んでる中央線に乗るのは、ちょいと恥ずかしかったですが、日本人は見て見ぬ振りをしてくれるので、ワタシもなるべく目を合わせないよう、大人しく帰ってきました。

距離130km、獲得標高1350mと、終わってみれば、結構走れました。

短い秋を満喫したいですね!

久しぶりのチェーン掃除。

気付けばチェーンが真っ黒。
ていうか、元の色を忘れてしまうくらい掃除をしてあげるのを失念しておりました…

先日、尾根幹あたりに行った時のこと。
信号のない交差点にスピードを落としながら侵入しようとしたら、左からエスティマが来るのが見え、停まろうとしました。そしたら先方もスピードを緩めたので、先に行った方がいいのかなと迷ってしまった時に、バランスを崩して、あわや立ちゴケの事態に。

気持ちは覚悟を決めたんですが、身体がギリギリまで頑張ってペダルから足を外してくれました。

ただその衝撃でチェーンが見事に外れまして、それを手で戻した時に、あまりの汚さにビックリ。
黒いだけじゃなくて、ネットリとした油汚れが手につきました。

そういえば最近掃除してないな、ハワイで借りたCervelo君は綺麗だったなと反省し、道具を使ってちゃんと掃除しようと思いたちました。

てなわけで、こいつを購入。


使用前。
お恥ずかしいくらい真っ黒…
画像1


使用後。
チェーンって、こんな色でしたね^^;
画像1


これまでは、ディグリーザーをウェスに含ませて拭いてるだけでしたけど、やっぱり専用道具を使うと、チェーンの中までブラシが入り込んでキレイにしてくれますね。

きっと回転も滑らかになったと思います。


Big Island Ride(ハワイ島ライド)〜動画編

台風18号のおかげで、自宅にこもらざるを得ないため、ハワイ島ライドの動画を編集してみました。

宿泊していたMauna Laniリゾートの素敵な景色や、State Route 19沿いの壮大な景色を感じてもらえるのではないかと思います。


twitter
ギャラリー
  • 迎えの前に。
  • 出張先の朝。
  • 出張先の朝。
  • ノーライド。
  • 週末連チャン。
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ