Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

April 2013

犬吠埼へ。~その1(魔王降臨)

GWの初日、自転車仲間3名とともに、犬吠埼まで行ってきました。

犬吠埼は、銚子にあって、太平洋に突き出している岬。
関東の最東端です。

自宅から約150km。
西風に助けられて、平均時速27kmで行ってこられました。

ルートは、以下のとおり。


待ち合わせは、足立区の環七沿いにあるローソン。
ここに6時に集合です。

自宅を5時に出発して、待ち合わせ時間ちょうどに到着したら、
職場の先輩が急用のため、途中合流との連絡。
もう一人の後輩と一緒にスタートです。

朝は寒かったですね。
assosのウインドブレーカーが活躍してくれました。
DSC01525
鹿浜橋で一枚。さわやかなGWの朝です。

環七の走りにくさに辟易しつつも、日光街道を目指して走ります。
しかし、ドライバーのマナーが悪い。
露骨に幅寄せされたり、青信号の交差点を直進していたら、
後から左折してきたクルマに巻き込まれそうになったり。
地理的なものもあるんでしょうか。。

日光街道を左折して、江戸川を渡る橋のたもとでもう一人の友人と合流。
ここから3人で犬吠埼を目指します。

松戸に入り、最初の休憩。
急用を済ませた先輩が、輪行ではなく、猛追してくるということで、
途中で合流すべくゆっくりと休憩を入れます。
DSC01529
他の方のバイクも写ってますが、この時は3台です。

そして、武蔵野線を超えて、 北総線の大町駅に向かう途中でトラブルが。
その辺りの道路の路面状況が悪くて、至る所にボコボコと穴が空いていたうえ、
渋滞していて、路面選択の融通が利かずにガタガタといわせながら通行していました。 

あぁ、いやな感じだなぁと思っていたら、後輪から違和感が。
久しぶりに魔王の降臨です。 

ロングライドだからと思って、チューブを2本用意してしまった心の弱さを魔王に見透かされてしまったんでしょうか。笑

久しぶりのパンクだったので、ちょっと修理に手間取りましたが、何とか終了。
(貴重な?機会ですが、仲間を待たせていて、焦っていたので写真はありません。)


そういえば、初めてLezyneのポンプを実戦投入しました。
簡単に感想を書き留めておきます。


バルブに変な負担をかけずに、ポンピングできて、
デザインも優れた携帯ポンプを探していて、購入したもの。
Tarmacのシートチューブに沿わせていますが、違和感ありません。

バルブには写真のホースみたいなものを固定するんですが、
ポンピングしている時にポンプが前後しても、バルブに影響がないので、
気にせずに力を入れられるのが良かったです。

それに、ある程度長さがあるので、ポンピングの回数も比較的少なくてすむのではないでしょうか。
しっかりと空気を入れることが出来ました。

ただ、それでも120回くらいはやったので、
ポンピングを考えると、地面に固定できるタイプがいいですね。


というわけで、無事に魔王をやっつけて、再出発。
鎌ヶ谷から464号に入ると、北総線沿いの真っ直ぐな気持ちのいい道。

これまでの走りにくい道からうってかわって、快適な道でした。
追い風に乗って、スピードものりにノって、50kmまでいったり。
DSC01527

途中で、こんな面白い消防署?もありました。
分かりやすいけど、なんかなぁ。。
DSC01528


長くなりそうなので、続きます!

Xpresso4が折れる。。

昨日、久しぶりのロングライドに行ってきたのですが、
2つトラブルが。。

その1つが、こちら。
DSC01591

お分かりでしょうか。

はい、折れてます。

本来は、4と書かれた数字の左にあるネジを頂点にした三角形が両端についていることで、
iclicと書いてあるプレートが、クリートがはまる
赤いパーツを押さえ込む構造となっています。
BlogPaint

このうち、白い丸で囲った箇所が、2つとも根本から分断されてしまったんです。。

漕いでいるうちに、なんだか固定力が弱いなぁと思って、
チェックしてみたらこんな有様。。

まだ買ってから2ヶ月、距離にして600kmちょっとしか走ってません!!


それなのに、こんな有様。。
DSC01592


壊れた箇所を見てみると、カーボンのバネの力を、
細い樹脂で、中抜きされた三角形で支えているように見受けられ、
なんだか心許なくなってきました。
DSC01594
ロングライド後のままなので、汚くてごめんなさい。。

取り急ぎ、なるしまに駆け込んで、代理店に郵送してもらうよう頼みました。

交換か修理になるといわれていますが、
仮に新品と交換となっても、この構造だとまた同じ故障が起こる気がしてなりません。。 


なんだかなぁ。。
 

“ヤマケイ”のコースブック

先週末に、紀伊国屋をプラプラしていたら発見して、購入したもの。
画像1


自転車関係の書籍は、小説を含めて多くなってきたような印象を受けますが、これから始める、あるいは、始めたばかりの人向けの内容が多くて、食指が動かないことがほとんどです。

そんな中、さすがヤマケイこと、山と渓谷社ですね。
キッチリと変態向けの内容になってます。

ヒルクライムやロングライドといった、コースの種類とともに、トレーニングの強度に着目してコースをピックアップしてくれています。

ただし、首都圏近郊のみの内容になってます。

ここは行ったなぁとか、ここはまだ行ってないぞとか、コースを見ながらニヤニヤするのも楽しいです。

行ったことのあるコースも多かったですが、ツーリングではなく、トレーニングとして捉えて、改めて行ってみたいと思いました。

難点は、コアな層を狙ったモノなだけに、値段が高いことでしょうね…



麺や金時で塩ラーメン

塩ラーメンがおいしいと聞きつけ、
江古田にある「麺や金時」に行ってきました。

日大の芸術学部の先にある、住宅街のなかのお店。
学生がいない週末はお客が少なそうな立地ですが、並んでいました。
DSC01493

これがお目当ての塩ラーメン。
DSC01494

上品な表情ですね。
うま味のあって、大きなチャーシューも香ばしく、美味しかったです。

それとワンタンも頼みましたが、これも美味でした。
ワンタン麺もできるので、こちらも期待大ですね。


そういえば、メニューには、水餃子もあって、ワンタンとの違いって何だろうと疑問が。笑
一般的には、具は一緒で、皮の違いだけなんでしょうかね。
DSC01495
辛めのタレがからまってます。

 

Bici Support ディスプレイスタンドのその後。

先日購入した、Bici Supportのディスプレイスタンド
その活躍の様子をお伝えしたいと思います。

今までは、出かける時に玄関のクツ収納に立てかけてました。
気を付けて置いてはいるものの、タイヤが壁にあたったりと、
あまり気持ちのいい状態ではなかったです。
DSC01521

玄関が狭いので、どこかに当たっちゃいます。。


ディスプレイスタンドを使って、すっきりと出かけられるようなりました。

普段は、こんな感じで置いてあります。
違和感はありません。
DSC01522

出かける時には、少し場所を移動させます。
バイクをくり抜いたデザインが素敵です。
DSC01519


Tarmacを持ってきて、ストンと立てかけます。
どこにもぶつからずに自立するので、変に気を使う必要がなくなりました。
ゆっくりとシューズを履いて準備できます。
DSC01520



圧迫感のないデザインなので、ライド中に玄関に置きっぱなしでも、大丈夫です。 


というわけで、デザイン、使い勝手ともに、満足のいくアイテムです。

 
twitter
ギャラリー
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 転機は突然に。
  • 迎えの前に。
  • 出張先の朝。
  • 出張先の朝。
  • ノーライド。
  • 週末連チャン。
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ