Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

January 2013

サイクルカフェ

プロトン、というお店に行ってみました。

出会いは、環七をクルマで走っている時に、妻が「あそこの店、バイクラックが置いてあるよ!」と指摘してくれた時でした。

後日、また環七を走った時に、チョット気にして見てみたら、なんと店内の大型テレビで自転車レースを流してるではないですか!

これは只事ではないと笑、家に帰って慌てて調べてみると、なんとその店は、サイクルカフェ!であり、オーナーがバイク好きとのこと。

これは行ってみなければと心に誓いながら、なかなか叶わなかったところ、何となく見ていたテレビ番組(お願いランキング)で、川越達也がそのお店のカルボナーラを食べて「100点!」と言っているではないですか。

これも何かの縁だと背中を押してもらい、奥様には「カルボナーラが美味しいらしいよ」と囁いて一緒に行ってきました。


cycle cafe peroton
※お店のHPからお借りしました。

と、前置きが長くなりましたが、店内に入ると、壁にはLOOKのフレームがかかっていたり、奥ではウィリエールがメンテナンススタンドに固定されていたり、ホイールが天井からぶら下がっていたりと、ここはバイク屋か!と思う程。

そして、2つある大型テレビではツールドフランスが流されていました。

そして何と、チューブやブレーキパッドなど、応急処置に必要な小物の販売もしてました。
HPによりますと、どうやら、オーナーが夜中にパンクして処置が出来ずに困った経験からのようです。

こんなにサイクリスト寄りの飲食店はなかなかないのではないでしょうか。


川越達也が満点を出したカルボナーラも美味しく頂き、満足して帰宅しました。
DSC01148



サイクリストに優しい、こんなお店が増えるとうれしいですね。

朝ローラー

週に2~3回、平日の朝に、出勤前にローラーをしています。

三本の方です。

ローラーなんて、レースに出るような熱心な人がやるもので、自分なんてと思ってたんですが、昨年の梅雨の時期に、乗ろう!と思っていた週末に必ず雨が降ることが続いてからというもの、ローラー欲しいなぁと。

決定打になったのは、良く一緒にツーリングに出かける先輩と友人。
峠によく一緒に行くんですが、2人とも早い。
いつも私のペースに合わせてくれているので、是非ついていけるくらいの脚力をつけたいと思うように。

2人とも学生時代から乗り込んでいるので、自分が少しでも追いつくには、
やはり定期的にサドルに乗っていないとダメだろうという結論に。

というわけで、ローラー購入が決定しました。


お決まりのように、三本か固定かで悩みましたが、
・続けることが目的なので、乗って楽しい方がいい
・ローラー用バイクは持っていないので、いちいちタイヤなりホイールを履き替えるのがめんどくさい
・負荷が必須なほど、強脚ではない(負荷が欲しくなるまでは三本でいい)
ということで、三本にしました。

選んだのは、ミノウラのモッズローラー。


見た目としては、明らかにエリートのアリオンだったんですが、なるしまで安く売られていたので。。


でも、実際に使ってみると、
・付属のステップ(足置き)の使い勝手がいい
・3つに折り畳めるので、コンパクトに収納できる
ので、満足しています。


ちなみに、TacxのSatoriは見た目が好みだったので、かなり惹かれたんですが。
フロントタイヤを置くパーツが、ローラーの持ち手になるあたりなんて、特に素敵でした。



継続は力なり。
地道にペダルをこいで、少しでも峠を楽しく登りたいです。
DSC01126

素敵なショップを発見

Athlonia

代官山TSUTAYAに行った際に、見つけたお店。
トライアスロンのお店ということで、バイクも当然TTバイクばかりでした。

高そうなTTバイクを眺めているだけでも楽しいのですが、ここの素敵なポイントはオシャレな雰囲気。

商品のレイアウトや、店内の雰囲気がそこはかとなくシャレてます。
さすが代官山…
shop_photo03
※お店のHPから拝借しました。

ただしその分、庶民には居づらい雰囲気がありますが…

そんな雰囲気にも負けずにブラブラしていたんですが、商品セレクトもセンスのいいモノが揃ってました。
同じカテゴリーの商品なら、デザインのよいモノを置いてるって感じがしました。

特に、お店オリジナルデザインのジャージ類はかなり惹かれました。
写真を撮っていないので、伝えられないのが恐縮ですが、街乗り的ではなく、スポーツ的な要素は残っているけど、街で来てもオシャレに見えるような印象でした。

このグレーのジャージが特に素敵でした。※お店のon line shopに飛びます。

トライアスロンをやることはないけど、オシャレなバイクアイテムを探している時は、思い出したい店でした。

カステライド

カステラで有名な文明堂の工場が、浦和にあります。
そこで、月に2回工場の作りたてのカステラを、窯出しカステラとして売っています。
IMG_0800


今週末がちょうど販売日だったので、Tarmacで行ってまいりました。

10時と14時の2回あるうちの、10時を目がけて、荒サイ経由で向かいました。
風が強くて辟易しながらも、1時間前に付近に到着したので大宮まで足を伸ばしたりして時間を潰したり。

到着した工場は、窯出しカステラのノボリがたくさん立っていて、3時のオヤツは文明堂〜♫のコマーシャルソングがエンドレスで流れてました。
おかげで、帰りの道中ずっと、3時のオヤツは文明堂だと口ずさんでました。
恐るべし…
IMG_0801



肝心のカステラは、ハニーとメープルがあり、各600円です。
その場で切り分けて、包装していて、窯出し感があります。
その場で試食も出来るんですが、これがまだあったかくて、美味しいです。
IMG_0799


普段そんなに、というか滅多にカステラを食べないので、違いがスゴく分かる訳ではないんですが、普通のに比べてふんわりしている気がして、美味しいです。
IMG_0802

CRAFT ネックウォーマー

まだまだ寒い日が続きますね。

夜明け前にバイクに乗ったりすると、もう 末端が大変なことになるわけですが、
首元の寒さも相当なもんです。

温度調整に首周りは重要なので、ユニクロのネックウォーマーを使ったり、
ボードで使っていたフルフェイスマスクを流用したりしていました。
暖かいんですが、太陽がでると、逆に暑くなったりします。 
しかも、口元で使っていると、サングラスが曇ったり、ネックウォーマーが変に湿ったり。。

そうすると、使っていたネックウォーマーは単なるお荷物になってしまい、
じゃあ太陽がでるまで我慢するかと、寒いのを我慢して 首周りは無防備という状態になっていました。

ずっと着けていられるような、適度に暖かくて、適度に風を通さなくて、適度に生地が薄いような、ちょうどいいモノはないかなぁと 何となく探していました。
そしたら、今日ワイズでこんなものを発見しました。




CRAFTのゼロ・エクストリーム マルチファンクション ネックウォーマー、
ってやつです。
名前が長い。。

こんなに長いです。どう使うんだろう?と思いましたが、、
DSC01132

筒状になっているので、首に巻いたり、バンダナにしたり、キャップにしたりと色々な形態で使えますよ、というモノ。
イラストには8通りありますが、どう見ても最後の3つ(
cap、pirate cap、desert scarf)は無理矢理な気が。。
DSC01135

素材はCRAFTらしい、とても肌触りの良いもので、スリスリしたくなるくらい。
生地もストライプになっていて、通気性もいいので、熱がこもることもなさそうだし、
ネックウォーマーとして使えば、首に生地が溜まるので、程よく風を通してくれるのではないかと期待しています。 

早速使ってみたいと思います! 
twitter
ギャラリー
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • ツールド国東に初参加!
  • タイヤコウカン。
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ