Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

assos ウインドブレーカー ルフトシュッツ

ウインドブレーカーは、assosのルフトシュッツを使ってます。

ウインドブレーカーって、峠からの下りに使ったり、肌寒い春、秋先に使ったりと、通年便利に使えるアイテムだと思うんです。

なので、せっかく買うならいいモノにして、長く使いたいなぁと思って選んだのが、高級ブランドassos。

買ってみて、その魅力が良く分かりました。
まず私が重視する見た目が素晴らしい。

モノトーンでありながら、デザイン性を感じさせるし、そのデザインも機能面の裏打ちがある。

ルフトシュッツでいえば、肩から脇にかけて切り返しがついてるんですが、ここだけ伸縮性のある素材で、フィット感を追求しつつ、デザインのアクセントになってます。

しかも、完全にサイクリング時の前傾姿勢を考えてデザインされているので、着た時のフィット感がハンパないです。
ジップを閉めると、風がシャットアウトされます。

画像2


しかも、クルクルっとして、簡単にコンパクトになります。
暑い日のダウンヒルでは、重宝します。

画像1


高いだけの価値はあるなと、納得のassosでした。


tikitの魅力

アメリカはポートランドのメーカーであるBike Fridayがつくる、tikit。

折りたたみの簡単さと、そのスピードの早さはもちろん、16インチなのに意外とポジションがとれて、走りもしっかりしているのが素敵なバイクです。

旅先では大活躍してくれます。

画像1

Photo Touring

画像1

バイクで走って、いい景色に巡りあう。
二度おいしいです。

k-edge Garminマウント

サイコンには、Garminのedge500を使ってます。

今までは純正のマウントを、ステムにつけて使っていたんですが、
昨年k-edgeのマウントが発売されて、店頭で品薄になっているのをネットで知って以来、気になっていました。
☆K-EDGE Garmin Edge GPS Computer マウント ガンメタル/GM 即納!


マウントに5,000円払うのもなぁと躊躇していたんですが、
満を持して発売!と思ったGarminの純正マウントが、プラスチックな感じで残念な質感だったうえに、値段もk-edgeとそんなに変わらなかったことで、逆に踏ん切りがつきました笑。
アウトフロントマウント Garmin Edge800J・Edge500用 (ガーミン エッジ800J・エッジ500用) (R2GM996062X) ガーミン純正品【80】【自転車】【ロードバイク】【クロスバイク】【MTB】


色は赤・黒・ガンメタルの3つなんですが、
赤だと目立ち過ぎるかもだし、黒だと目立たな過ぎるかもという、
微妙なオトコゴコロ?により、ガンメタルにしました。

取り付けると、こんな感じです。
アルミの削り出しでしょうか、とてもいい質感です。
(ステムの汚れは、純正マウントによるものです。こびり付いて、落ちません。。)
DSC01118

下から見ると、こんな感じ。
下部についているネジで、本体がスライドすることで前後に位置を調整できます。
edge800にも対応しているようです。
DSC01121

edge500をつけると、こんな感じです。
DSC01122

ハンドル周りがスッキリしたし、
走っている時の視線移動が自然になりました。
ステムの上にある時は、サイコンを見るぞと意識して視線を下げる感じでしたが、
この位置にあると、自然と視線を下げると、そこに画面がある感じ。

固定も専用マウントだけに、すごくしっかりしていて、クリック感があって安心感があります。
ただ、材質的にk-edgeの方が堅いので、中途半端に装着すると背面のプラスチックが削れちゃいそうな印象があるので、きちんと横にしてから、少し上から押さえながら90度回して装着しています。

いずれにしても、満足してます!
DSC01123

ホイール交換

2011年8月にSpecialized/Tarmacを購入してから、約1年半。

完成車としてついてきたのは、シマノのWH-R500だったと思う。
これに確か3カ月くらい乗った。

そして、先輩から譲ってもらったシマノのUltegra WH-6700に交換して、
1年ちょい、3,000km以上乗った。
とても気持ちのいいホイールで、素人&週末ライダーのわたしには申し分なかったが、
いつかはホイールを交換したいなぁという気持ちが強くなってきた。

そして、2013年。
ついにホイール交換計画を始動。

星の数ほどあるホイールの中で、わたしが条件にしたのは以下のこと。
・クリンチャー(コスパとパンクの面で、やはり優秀)
・アルミリム(輪行することが多いので、カーボンは心配)
・見た目(やっぱり重要)

そして、妥協して買って、後で買い替えたくなるんだったら、いいものを買って末永く使った方がいいだろうと。
何個もホイール置くスペースもないですし。

ということで、アルミホイールでトップグレードのものを候補にしました。
・Shimano WH9000-C24 / -C35
・Campagnolo Shamal Ultra
・Fulcrum Racing Zero
・Mavic Ksyrium SLR

わたしには、乗り心地の違いなんてよく分からないだろうし、
すべて素晴らしいホイールであることには間違いないので、
デザインと値段で決めようと思っていました。

wiggleとか、お店のセールとかを色々と探し回った結果、
とあるお店で、3割引きのMavic Ksyrium SLR 2012に出会いました。
エグザリット加工されたリムは真っ黒で、自分のバイクにも絶対合うだろうし、
何よりカーボンホイールっぽくて、ダントツにかっこいい。

2012年モデルと2013年モデルは、ブレーキがエグザリットⅡに進化したことが主な変化だということだが、
Ⅱ向けのブレーキシューを購入すれば、2012年モデルでも効果が実感できるということだったし、
噂の音鳴りも、うるさいことはうるさいが、気になるかは人によるということだったので、
見た目と値段に負けて購入。

DSC01086

この見た目だけで、買ってよかったと思えます^ ^
今年は、というか今後はこのホイールと一緒に走ります!

twitter
ギャラリー
  • バックパックを新調しました。
  • バックパックを新調しました。
  • バックパックを新調しました。
  • バックパックを新調しました。
  • Zwift再び。
  • 連チャン。
  • 久しぶりの外回り。
  • 買ってよかったもの~beats Beats X~
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 久しぶりの新機材。
  • 転機は突然に。
  • 迎えの前に。
  • 出張先の朝。
  • 出張先の朝。
  • ノーライド。
  • 週末連チャン。
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ