Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

1ヶ月振りの外回り。

クリスマスを過ごしに、宮崎に里帰りをした。
ということは、外回りのチャンス。

さらに、S-Works Romin Evoも初めての実走。

家族の理解をもらって、いざ出動。
ここんところ荒平山ばかりだったので、久し振りに椿山に行ってみることに。

風を感じて走れるのは気持ちがいい。

Romin Evoもいい感じ。
特にダンシングで積極的に車体を振ろうという気持ちになる。
調子にのって必要以上に振ってしまう。

距離が伸びてくると、少し違和感。
オケツが沈み込む感覚があって、腰が立ちすぎてる感じがする。
サドル先端が上向き過ぎて、ウェーブが前上がりになっていると判断。
サドル後端部と先端部を水平になるようにセッティングしたのが不味かったかな。


椿山に到着。
距離は荒平山よりも長いけど、斜度は緩やかで登りやすい。

前乗りになると、先端部がオケツに当たり過ぎる感じがする。
SMPで感じたのを軽くしたような。

違和感を感じつつも、頂上に到着。
気持ちよく登れました。


帰ってから、サドルのセッティングを変更。
ネット情報では、サドル中央部と先端部を水平にするとなっていた。
なるほど、納得。
これならオケツの沈み込みも、前乗り時の刺さり具合も軽減される。

次の外回りが楽しみだ。

S-Works Romin Evoで走ってみた。

新しく導入したS-Works Romin Evoで、ローラーと外回りで少し走れました。

まず、見た目が好みでテンションか上がります。
赤の具合がよくて、フレームに合ってると自己満足。
これだけでも満足。

あと、サドルが薄いのでシートポストが上がります。
で、見た目の脚長感が増しました。

肝心のウェーブ具合ですが、、イマイチ分かりません。汗
SMPよりもウェーブが緩やかなのは確かなんですが、Toupeと比べれば反っているのに。。
そんな鈍感なワタクシのケツですが、、何となく収まりが良くなった気はします。

逆にウェーブ感が弱い分、クセがなく乗れるということでもありそうです。

サドル重量が軽くなったので、積極的にダンシングで車体を振ろうという気持ちになります。
体感的にはほぼ変わりませんが、メンタルは重要ですね。


一番メリットとして実感したのは、先端の下がり箇所。
ダンシングからシッティングに移行する時に、レーパンの引っ掛かりがなくなりました。
このストレスがなくなってみると、今まで結構引っ掛かりに気を使っていたことが分かって、快適に感じています。

それとこの箇所、ヒルクライム時の前乗りでも効果的。
傾斜がつくと水平に近くなるのか、Toupeよりも座りが良くなります。
そのため、今まで出来なかったようなポジション出来なかった、傾斜のキツい区間をこげました。
それが寄与しているかは分かりませんが、荒平山で自己ベストを更新しました。


ただ、セッティングには注意が必要でした。
最初、サドルの後端部と先端部が水平になるようにセットしたんですが、シックリしませんでした。
サドルの中央部と先端部を水平にするようにしたら、いい感じになりました。


というわけで、買って満足してます。
パットも重量の割に入っているし(スペシャ基準でレベル2)、価格さえ許容出来れば万能なサドルのような気がします。

S-Works Romin Evo 付けてみた。

新しいお尻の仲間をチェック。
結論からすると、軽くて、薄くて、短いサドルです。ハイ。

サイズは155mm。
自分の坐骨120mmから、広めのサイズを選択。

色はレッド。
表面にパイピングみたいな処理がされているし、ブラックの生地も含めて質感よし。

お決まりの重量測定。

軽くてビックリ。
なんと133g。
使っていた、S-Works Toupeが175gなので42gも軽い。


レールからサドルトップまでの高さ、これが低い。
Toupeよりも7mmも低いので、シートポストを高くしてあげる必要があった。
なんかノッペリしてるように見えます。

そして、長さ。
これもToupeよりも10mmほど短い。

サドルを前に出す必要があったけど、すでに後退幅がなかった。
でも、E-Postの前後位置の調整機能のおかけで事なきを得ました。


装着した感じは、いい感じ。
少し赤が明るくて、フレームの赤とトーンが違うけど、狙っていた感じにはなったので自己満足。


あとは走るだけだな!

S-Works Romin Evo 2017 がやってきた。

またサドル沼の縁に立ってしまったワタクシ。

試しにFizikのアプリを入れて、どのサドルが自分に合っているか測定してみました。

柔軟性が低いワタクシは、FizikでいうところのBULLタイプで、アリアンテをオススメされました。
これもウェーブしてるサドルですね。

やはりそうかと、アリアンテでもいいかと思いましたが、どうせなら余計な憂いのない穴空きがいいかなと。

以前から興味のあった、プロロゴの溝タイプ(しかもCPCのやつ)もいいなぁと思ったものの、意外と重量があって踏み込めず。


だったら、今使ってるToupeの兄弟分で、Rominがあるんじゃないかと。
調べてみたら、2017モデルで新しくS-WorksのEvoなるものが出ているみたい。

カラーは2通りで、レッドがブラックとのバランスがいい感じで、アイポイントになりそう。
ちょうど真っ黒なサドルにも飽きていたのよねと。

最寄りのディーラーで聞いてみると、Evoはノーマルよりも先端部のカーブがキツくて、着座時に引っかかりにくくなってるみたい。
ウェーブ形状とか、その他の部分は変わりはない様子。

確かにToupeだとダンシングから戻る時、たまにレーパンが引っかかることがあるので、無意識に気を使っていた。

デザインもEvoの方が好みだし、言うことなさそうだ。

ということで。


やって参りました。
思った以上に、赤の発色が鮮やかで、LOOK695に合うか不安になったけど。

乗るのが楽しみ。

最近の取組み。

相変わらず実走は行けてませんが、コマ切れローラータイムはもらえてます。

最近は、インターバルとFTP向上のトレーニングを、自己流で試行錯誤しながら、交互にやってます。

インターバルは520W×30sec & rest 2:30を9セット。これで30分。
最近、レストタイムを短くするメニューもあると知り、1:30にしてみたら強度が劇的に上がって後悔しました。。

FTPは270W×10minを2セットをやったりしたけど、最近は専ら20minを目一杯まわすことにしてます。
その方が変化も分かるし、FTPに直結する気もするので。

あまりZWIFT自体は活用してない気もしてきてるけど、映像で気がまぎれるのと、Stravaと連携させて、あたかも実走したかのように地図上でログが残るのが気に入ってます。

ロンドンでライドした気分。


twitter
ギャラリー
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • 宮崎の聖地へ。
  • 宮崎の聖地へ。
  • 雨のち荒平山。
  • 新しい相棒来たる!
  • 新しい相棒来たる!
  • 2週連続のチーム練。
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ