Connecting the Dots w/ 695&tikit

ロード(Specialized Tarmac→Look 695J)と折りたたみ(Bike Friday tikit)との日常

久しぶりの銭瓶峠。

ポッカリと仕事が落ち着いたので、午後から休みをもらう。

ちょうどムスメの11ヶ月検診があったので、一緒に行って結果を聞く。

順調に成長していると太鼓判をもらって、一安心&ホッコリ。

帰宅後、2時間の自由時間をもらったので、外回りへ。

明るいお外は久しぶりかな。


せっかくなので、梼原八幡宮から銭瓶峠に登って、大分ICを経由して帰るルートへ。

コンパクトでそれなりに登れるから、気に入っているコース。


銭瓶峠までに行く途中の、大分自動車道をくぐる県道が、線形改良で真っ直ぐになっていた。

Stravaのセグメントになってるのに、距離が変わっちゃうよなと思いながら通過。


久しぶりの銭瓶は、やっぱりキツかった。

ヒョッコリ速くなってないかなと期待したけど、数字は残酷。

1430秒かかって頂上に到着。


そうそう、また今日もEdge1000Jがフリーズした。

どうやらセグメントを表示させる時に起きる模様。

2回続けてフリーズしたので、イラっときてセグメント表示を無効にしたら、正常化した。


きっと何かのバグでしょうから、アップデートで直してくれることを期待。


セグメントを走り抜けた後に、ピロピロ~って音が鳴るのが結構好きだったりするので。

バトンタッチ。

バイクネタではないですが、クルマを買い換えようと思ってます。

納車が2ヶ月ほどかかるということで、車検更新に間に合わず、取りあえず代車を受け取りました。

ロードバイクが積めるクルマということで、ツマの反対を押し切って購入したセレナ。
ホントにバイクを積むのが楽なうえ、3人3台まで対応可能なので、ツーリングやレースに活躍してくれました。

その間にムスメを授かり、セレナの本来の目的であるファミリーカーとしても申し分なく走ってくれました。

それなりに思い出を共にしてきましたが、3回目の車検を前に買い換えることにしました。
車検だけではなく、いろんなタイミングが重なったので思い切って。

早く新しい相棒が来ないかな!
 

夜練で凍える。

ムスメがいつも20時過ぎに寝ます。
ツマも付き添っているので、夜は比較的独りの時間が持てる。
でも、大きな音はたてられない。

そこで試してみたのが、夜の実走。
ムスメが寝たのを確認してから、そそくさと準備をして外へ。

西都原エンデューロ以来の外回りで、心はウキウキ。
ただ、日が悪すぎた。
猛烈に寒い。
大分でも0℃近い気温で、風が容赦なく手先と足先を攻め立てて感覚を奪っていく。
走れば温かくなるかと思い、近場の市美術館に登る坂道を攻めてみるものの、それ以上に寒さが優ってしまう。
それでも登っている最中は大丈夫だが、下りが最悪。

しかも2度目の登りの後、寒さからからなのか、Edge1000が途中でフリーズ。
画面が固まって動かなくなってしまった。

一気にテンションが下がるものの、せっかく来たんだからと、さらに3本登って帰宅。
いい練習にはなったけど、凍えすぎた。
夜練するなら、季節を選ぶ必要がありますな。

フリーズしたEdge1000は、充電しつつ、電源ボタン、スタートボタン&ラップボタンの3つを同時押ししてリセットして復活。
でも、ログはフリーズした時点でストップしてた。泣ける。。
 

 

Morning Run in TOKYO

東京に出張してきた。
今回は上野のホテル。

明らかにマンションをリノベしたホテルで、客はインバウンドばかり。
旺盛なインバウンド需要を実感させられた。

シューズを持参して、久しぶりのラン。
ていうか、出張先でしかランニングしてない気がするけど。

2日あったので、上野公園周辺と、浅草周辺をそれぞれ。

結婚前に根津に住んでいたので、懐かしい。
ランニングしながら、住んでいたマンションの前を通ったら懐かしかった。

人が動き出す前の東京の街は、なんだか全くの別物で、走っていて楽しい。

ユルユルと10kmずつ走って、朝から気分がいいスタートでした。


西都原エンデューロ完走!

エントリーしていて、参加できるかどうかは子供次第だった西都原エンデューロ。
ツマの寛大さにより、無事に参加できました。

レースは正に去年のこの大会以来の1年振り。

当日は、最強寒波が訪れるメチャクチャ寒い日になってしまい、宮崎でも氷点下の朝。
寒すぎて、到着しても車から降りられないくらい。苦笑

久しぶりなので、どう準備したらいいかイマイチ分からず、うだうだしつつ、試走を2週くらい。

目標は先頭集団でゴールすること。

スタートすると、結構なスピード。
1周5分半を切るくらい。
昨年のイメージでは、6分が目安かなと思っていたところ。

なので、付いていくだけで、結構脚を削られる。
どこまでいけるか、ちと不安になる。

集団のなかにいても、決して楽ではなく、ポジション取りのための細かい加減速や、カーブ毎のラインキープに相当脚と気を使う。

特にカーブでのラインキープが自分が意外と出来ていないことが分かった。
普通に走ってるつもりが、結構ラインがズレてしまう。ハンドルに力を込めてラインを補正するような感じ。
今後の課題だな。

悔いるのは補給。
スタート前にも多めに食べたけど、4時間半も走るから補給は必要。
ジェルをバックポケットに入れていたけど、集団で走りながら食べるのは難しいと感じていた。
一方で食べてからエネルギーになるまで時間も必要だし、早めの補給をした方がいいよなぁと、1時間回った辺りのバックストレートでジェルを取り出してみた。
でも、キャップを回して外すのに予想以上に手間取り、気付いたらトレインから取り残されるという自体。

元々、脚も余裕がなかったこともあり、追い付くのが難しくて、徐々に離されてしまう。

残念ながら、そこでレースは終了。

チギれると途端に寒波に襲われる。
これが寒いのなんの。

体力と気力が削られていくのが分かる。

ペースの合う数人と回したりするも、チームの人がピットインしたりで、長続きしない。

結局お独りタイムが長くなってきて、余計にツライ。

3時間超える頃には、ピットインして休みたい自分と、せめて完走しようという自分が常に闘ってる状態。

しかも、補給食もなく腹が無性に減ってきて、ハンガーノック寸前に。
全然ペダルに力が入らない。

ドンドンとペースが落ちていくなか、ゴール地点の時計ばかり気になる。

フラフラしながら、完走だけは果たした。

結果、172人中60位チョット。
37週で140.6kmでした。


寒くて、お腹減って辛かったけど、完走出来たことは収穫。
ここんとこ30分しか乗ってないので。

相変わらず、Corima & Attack/Forceの組み合わせは最高でした。


そして最後にプチトラブルが。
帰りに寄ったコンビニで、間違ってツーランを捨ててしまったのです。


まだ半分以上残っていたのに。。泣
同じのを買うのはシャクだから、Mag-on試してみようかな。
twitter
ギャラリー
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • Rapha Caravan in Miyazaki
  • 宮崎の聖地へ。
  • 宮崎の聖地へ。
  • 雨のち荒平山。
  • 新しい相棒来たる!
  • 新しい相棒来たる!
  • 2週連続のチーム練。
最新コメント
記事検索
止まらない物欲…

使って納得のサイコンの決定版。ちと大きいですが、手放せなくなります。

レビューはこちら!




愛車を“飾れる”バイクフック。数あるバイク収納の中でも、収納した時の見た目は一番スマートではないかと。

レビューはこちら!




クリンチャーでブラックリム。見た目と実用性を高度に両立できます。走行性能は言わずもがな。

エグザリットリムの感想はこちら!




朝から晩までこれ一本。視界も自然な見え方です。一度使ったら手放せなくなりました。

レビューはこちら!




軽くて、コンパクトに持ち運べます。輪行時にシューズを摩耗させたくない方にはピッタリ。

レビューはこちら!




素敵なデザイン、バルブを痛めない設計、圧を入れられる長さが特徴です。

初の実戦投入はこちら!




ハンドル周りスッキリ!質感も素晴らしいです。

レビューはこちら!





クリック=モチベーション!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  • ライブドアブログ